Welcome!

妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)

リストに戻る

54日前
今日は朝から亡くなった父親の銀行口座の解約手続きを行いましたが・・・・・。


父親は年金を受取るための銀行口座がありましたが、亡くなったので解約をしなければなりません。
予めある銀行のホームページを見て必要な書類は用意しておきましたが、私と母親の印鑑証明書が必要なので近くの町づくりセンターに行きました。
マイナンバーの個人カードで発行してくれると思っていたので個人カードを持って行きました。
すると、個人カードでは市役所や町づくりセンターでは発行でないと言われてしまいました。
従来のように市役所や町づくりセンターで発行してもらうには印鑑証明のカードや〇〇市カードが必要です。
マイナンバーの個人カードはコンビで発行することはできますが・・・。
印鑑証明のカードを持ってまた町づくりセンターに行くのも嫌なので、近くのコンビニでマイナンバーの個人カードを使って印鑑証明書を発行しました。
マイナンバーの個人カード、便利なようで不便です。
これではマイナンバーの個人カードを作らない人が多いのも分かりますね。


必要な書類が揃ったので銀行へ・・・。
窓口で対応してくれた行員は相続に伴う口座の解約についてよく分からないようで、後ろの方へ行ってベテランの行員にいろいろ聞いていました。
結論から言うと、書類が1つ足りませんでした。
それは改製原戸籍謄本です。
戸籍謄本が必要なのは分かっていたので用意していったのですが、亡くなった父親の出生から死亡までのことが記載されている改製原戸籍謄本も必要だということです。
私が用意して行ったのは除籍謄本でした。

仕方ないのでもう一度、午前中に行った町づくりセンターに発行してらいに行くことになりました。トホホホ・・・・。
発行してもらってまたガッカリ。
父親(私もですが)は生まれたのは今の場所ではありません。
父親は樺太です。
とりあえず発行してもらった改製原戸籍謄本は青森から今の神奈川県に移ったことまでしか記載されていません。

職員の話では、青森の分は青森で謄本を発行してもらわないといけないということです。
郵送で謄本の申請ができるということなので申請用紙をもらって家に帰りまた銀行へ。
銀行ではやはり出生からの分が必要ということなので、申請用紙に必要事項と必要な書類を入れて青森の〇〇町役場に郵送するために先ほど郵便局へ出しに行ってきました。

ということで、今日は父親の銀行口座の解約は出来ませんでした。


チョッと心配なのが、父親は青森で何回か引越しをしているので、青森内で本籍地を変えていないかな。
もし、変えているとまたその分を発行してもらわなければなりません。
それと樺太は今はロシアのサハリンですよね。

まあ、出来るだけやってみてまた銀行に相談しようかなと思います。
とりあえずは、青森の〇〇町役場から送ってくるのを待つことにします。


大変ですが、亡くなった父親の歴史を見ているようで面白いです。




タイ・ブログランキング

ジモモ バンコク

 是非、両方とも一押しお願いします。

コメント

妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)

作者:waenphet

妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)

サザエを追って日本からバンコクの北500キロの所にあるルーイヘ来て、妻の仕事を手伝うマスオがブログでストレスを発散を。

7日 1530 総合 15020 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



waenphetさん新着記事



過去記事

waenphetさんへの新着コメント




バンコクブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)
2位 Weekender@Bangkok
3位 タイ語でお邪魔しタイランド
4位 タイランドからの便り
5位 バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ
6位 サイアム系で行こう! タイの音楽・映画・夜遊び情報
7位 《微笑みの国タイランド》【バンコク★SPA(スパ)の花道】
8位 【タイ・バンコク近郊 こだわり情報+α】


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バンコクでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録