Welcome!

妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)

256日前
大した収入ではないが今年は確定申告に行きます。

去年は医療控除も無かったので確定申告に行きませんでしたが、今年は①年金基金からの年金②医療控除があるので確定申告に行きます。

年金基金は大した額ではありませんが、シッカリと所得税が引かれています。

医療控除は父親の入院費の総額の半分程度は医療控除として申告できるようです。
病院への支払時の領収書は、2枚に分かれていてその1枚の方は医療控除として認められると病院から教えてもらいました。

ということで、会社からの給与、年金基金そして医療控除を申告書を作成して税務署に行きます。

一昨年は関係資料だけを持って行き税務署で申告書を作成しましたが、今年は事前に作成し資料を持って税務署に申告します。
税務署に行くと、申告書を事前に作成して提出する人と申告書から作成する人の列が別です。
提出だけする人は、チェックだけしてもらい提出するだけなので列が長くても早く終わります。
作成からする人は教えてもらいながらなのでとても時間がかかります。
一昨年、私も3時間ぐらいはかかったと思います。

確定申告書の作成は国税庁のホームページで簡単に作れます。
実はもう作成しました。
あとは都合のよい日に税務署に行くだけです。

少し不安のなのがサザエの配偶者控除です。
問題はないと思うのですが、ササエにはマイナンバーが無いのでそれに変る資料を提出しなければなりません。
会社で年末調整をしてもらう時にも会社に提出したものと同じものを用意しました。
戸籍謄本と仕送りをしていることがわかる資料です。
会社での年末調整のときはコピーを提出しましたが、税務署には本物を提出するつもりです。
念のため控えにコピーは残しておきます。


これで所得税は全額戻ってくる予定です。(笑)

タイに住んでいる人で確定申告をする必要がある人はe-Taxでやっている人とこの時期に日本へ来て申告している人がいるんでしょうね。
でも、役所へ海外転出届けを出しているいると必要ないのか・・・・。
またタイへ住むようになったら考えなければなりませんね。




タイ・ブログランキング

ジモモ バンコク

 是非、両方とも一押しお願いします。
260日前
今の職場はかなり平均年齢が高く、身内に不幸がおきたり、自分の体調が悪くなったりする人もいるので、同僚同士でフォローしあっています。
その同僚がくも膜下出血で救急車で病院に運ばれた。

昨日仕事に行くと、いるはずの同僚がいない。
代わりに他の同僚が仕事をしていた。
朝礼でいなかった同僚がくも膜下出血で入院したことを知らされました。

詳しくは分かりませんが、犬を連れて散歩をしている時に、くも膜下出血に襲われその場にうずくまり、その場を通りかけた人が救急車を呼んでくれて病院に運ばれたということです。
命に別状は無いようですが、最低でも3週間は入院するそうです。

くも膜下出血になると治っても後遺症が残ることが多く、職場に復帰できるかどうか難しいと思います。

その同僚は私と同じ歳で、今よくニュースになっている電気会社の東〇に勤めていたそうです。
まだ勤め始めて1年ぐらいですが、仕事の覚えもよく、明るい性格で同僚にも好かれていました。
子供はすでに働いていて独立して、今は奥さんと2人暮らしだったようです。

私と歳が同じということもあり、とても残念でショックでした。

いつも健康が一番と言っていますが、急にこのようなことに襲われると防ぎようがありません。
入院した同僚は特に身体に悪い所はなかったようです。
強いて言えば、血圧が少し高かったということです。

自分のことを考えてみると・・・・
・血圧が高い
・肥満体質
・不整脈
・運動不足

など、注意をしなければいけないことがいろいろあります。

気をつけていることと言えば、バランスのとれた食事、十分な睡眠ぐらいですかね。
体重を少し減らそうかな。
そのためには食事と運動か・・・。

同僚の入院でまた健康ということを考えさせられました。




タイ・ブログランキング

ジモモ バンコク

 是非、両方とも一押しお願いします。

262日前
今日は暦の上では立春ですが、暖かい春は未だ2ヵ月先ですね。
先日までシラチャのW氏が日本に来ていましたが、やはり寒い時期の日本は苦手だと言ってました。(笑)

昨日は節分でしたね。
我家でも豆まきをしました。


豆まきに使ったマスです。
このマスに袋入りの豆が入って売っています。

後で掃除が簡単なようにあまり派手には巻きませんでした。
「鬼は外」「福は内」とシカッリ声を出して巻きましたよ。


昨日、母親はピロリ菌の治療と肝炎の検査のために妹と病院へ行きましたが、その帰りに節分の豆と〇〇〇を買ってきました。

そうです。
昨日のもう1つのイベント、恵方巻です。
年越しそばではありませんが、細い方が食べやすいので細めのものを買ってきました。
今年は「北北西」を向いて食べると幸運が訪れるといわれています。
そういえば、タイでもコンビニで恵方巻が売られているようですね。

父親が入院しているので、母親と2人暮らしになっていますが、日本の伝統的な催し物は出来るだけするようにしています。
特に風呂が好きなので、菖蒲湯やユズ湯は楽しみです。


母親の病院行きですが、特に悪い所は無いのですが、妹に勧められてピロリ菌や肝炎の検査を行っています。
病院嫌いの母親ですが、この機会にいろいろ調べてもうようです。




タイ・ブログランキング

ジモモ バンコク

 是非、両方とも一押しお願いします。

265日前
今年も1ヶ月が過ぎ今日から2月です。
服を何枚も着るのでこの季節は肩が凝ります。
早く桜が咲くような暖かい季節にならないか思いますか、後2ヶ月は待たなければなりませんね。(笑)

先日サザエに電話をしたら、サザエは車の中でした。
お兄さんのお坊さんが、何か表彰されるということでバンコクまで行ったそうです。
たまにこういうことがあるんですよね。
そんな時はマイクロバスをチャーターしてお寺の檀家衆を連れて大挙して行きます。
サザエもそれに付き合ったようで、表彰も終わりノンヒンまで帰るバスの中でした。
電話をしたのはタイ時間でPM7:00頃で、未だサラブリだと言っていたのでノンヒンに着くのは深夜でしょうね。


と言えば、お馴染みのnewsclipさんにサクラの記事がありました。

「タイのサクラ」が見頃 北部プーロムロー

 タイ北部ルーイ県のプーロムロー地区で、ヒマラヤザクラの花が見頃を迎えている。
 ヒマラヤザクラは近年、日本旅行で桜の美しさを知ったタイ人から、「タイのサクラ」と呼ばれ、人気が高い。
 プーロムロー地区はルーイ県、ピッサヌローク県、ペチャブン県の3県にまたがるプーヒンロンクラー国立公園に位置し、ヒマラヤザクラの名所として知られる。タイ国道局は花見客の増加を見込み、プーロムロー地区周辺で、標識の整備、道路の清掃などを進めている。


プーヒンロンクラー国立公園も未だ行ったことがりません。
時期的には桜の見頃は今なんですね。

ヒマラヤザクラはタイ語でナンパヤースワクロン【 นางพญาเสือโคร่ง 】、「女王虎」という意味があるらしいです。

ウィキペディアによると・・・
 ヒマラヤザクラ(ヒマラヤ桜 学名:Prunus cerasoides)はバラ科サクラ属の樹木。桜の野生種の一つ。英語圏ではWild Himalayan Cherryとも呼ばれる。東アジアに見られる落葉性の樹木である。ヒマラヤが起源と考えられており、インドのヒマーチャル・プラデーシュから中国南西部、ビルマなどに見られる。海抜1200mから2400mの高山の森に生える。また、サクラ自体もヒマラヤ近辺が原産と考えられている。
 日本にはネパール王室のビレンドラ元国王から贈られたものが熱海市の静岡県立熱海高等学校の法面に植樹されている。これは1967年、東京大学に留学していたビレンドラ皇太子に日本の熱海の植物友の会が桜と梅の種を献上し、その返礼として贈られたものである。このほか小石川植物園、品川区立弁天通公園(荏原町)、戸越公園、大阪府吹田市南高浜町の川園緑道などにも存在する。
そのほか二酸化炭素や窒素酸化物の吸収率が高い(二酸化炭素はソメイヨシノの約5倍)とされ、地球温暖化対策の材料の一つとして注目されている[1]。
ただし、高山に慣れた特性から、日本の高温多湿の気候風土にはなじみにくく、世話が必要になる。


サクラの写真も載せようと思いましたが、画像フォルダが調子悪くて載せられません。
チョッとやり方が変ったようで・・・・・。
ヒマラヤザクラに興味のある方はご自分で調べてみてください。

タイに住むようになったら是非この時期に見たいですね。



タイ・ブログランキング

ジモモ バンコク

 是非、両方とも一押しお願いします。

269日前
全く個人的なことですけれど仕事と給料の話です。


日本に戻ってきて働いてますが、今の仕事について2年半経ちます。
給料はけして多いとはいえませんが、休みも結構あるのでまあ満足しています。
贅沢はできませんが、母親と協力して父親の入院費やサザエへの仕送りも何とかできています。
大した額ではありませんが、来年からは年金も一部受給できるので貯金もできるかなと思っています。

今の職場の人が、2人辞めることになりました。
会社から班長をやってくれないと頼まれました。
班長といっても、たった5人の班ですが責任を負わされます。

この歳になると、ハッキリ言って責任のある仕事はあまりしたくないのが本音です。
淡々と仕事をこなし、給料をもらえれば良いと思って働いています。
班長になると日誌や日報を書いたり、下番する時には上司に報告をしなければならないので、帰る時間も少し遅くなってしまいます。

ただ、給料は僅かですが増えます。
月額1万円増えるようです。
1万円で責任を負わされるのはと思いますが、仕方ないので受けるつもりでいます。

班員も入れ替えが予定されていて、私の班員は皆んな年上の人になりそうです
それほど癖のある人もいないので良いメンバーになりそうです。

日本にいると日本的な働き方になってきているな~と感じています。
元気に生活できていることに感謝です。

サザエに1週間電話をしていないので、今晩でも声を聞こうかな。




タイ・ブログランキング

ジモモ バンコク

 是非、両方とも一押しお願いします。

妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)

作者:waenphet

妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)

サザエを追って日本からバンコクの北500キロの所にあるルーイヘ来て、妻の仕事を手伝うマスオがブログでストレスを発散を。

7日 1944 総合 15034 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



waenphetさん新着記事



過去記事

waenphetさんへの新着コメント




バンコクブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)
2位 Weekender@Bangkok
3位 タイ語でお邪魔しタイランド
4位 サーヤのバンコクだらだら日記
5位 タイランドからの便り
6位 日本の家庭料理のお店「31」
7位 【タイ・バンコク近郊 こだわり情報+α】
8位 exotica blog


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バンコクでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録