Welcome!

妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)

20日前
「タイランドNOW」さんの記事に載っていて分かったのですが・・・・・。

今、上野の東京国立博物館で「日タイ修好130周年記念 特別展「タイ〜仏の国の輝き〜」」が開催されています。
家と職場の往復ばかりで最近は単調な生活が続いています。
家の用事がいろいろあるのでそれなりに忙しいですが・・・・・。

たまには休みでも取って一人旅でもしたいと思っていましたがなかなか実行にいたりません。
ということで、今回は是非「日タイ修好130周年記念 特別展「タイ〜仏の国の輝き〜」」に行ってみたいと思います。

東京国立博物館のホームページによると・・・
今年(2017年)は日タイ修好130周年にあたります。この節目の年に修好記念事業として展覧会を開催します。
タイでは、仏教は人々の暮らしに寄り添う大きな存在であり、長い歴史のなかで多様な仏教文化が花開きました。本展では仏教国タイについて、タイ族前史の古代国家、タイ黎明期のスコータイ朝、国際交易国家アユタヤー朝、現王朝のラタナコーシン朝における仏教美術の名品を通じて、同国の歴史と文化をご覧いただきます。また、日本とタイの交流史についても合わせて紹介します。

という内容の特別展だそうです。


ナーガ上の仏陀坐像
特別展では展示されているようです。


今回は是非、計画倒れに終わらないようにスケジュールに入れておくようにしないといけません。
今一応スケジュールに入れました。(笑)
来月は父親の新盆もあり何かと忙しい。
母親にもいろいろ頼まれている用事もあります。

暑さにめげずに来月も頑張らねば・・・・。




タイ・ブログランキング

ジモモ バンコク

 是非、両方とも一押しお願いします。
23日前
タイの品物はチープとイメージがどうしてもありますが、そうではない品物もいろいろあります。


「グローバルニュースアジア」の記事に・・・

「ドクター・ショール」 タイでは、男性用サンダルブランドとして不動の人気!



 2017年7月25日、1904年にアメリカ人のウィリアム・ショール医師が創業した「ドクター・ショール(Dr.Scholl)」は、日本では、角質ケアなど女性向けのフットケア商品で知られているブランドであるが、タイでは同社製の男性向けサンダルが長年売られている。

 アマゾンや楽天で探すと輸入品のドクター・ショールのサンダルを見つけることができるが、男性向けだと2万円近くもする高級サンダルとなっている。

 タイでは正規のサンダルが、990バーツ(約3300円)くらいから買うことができ、スーパーマーケットで売られているような男性向けの普通のサンダルは100バーツ(約332円)なので、10倍ほどの価格差となる。しかし、その品質のよさと、数年は使用できる高い耐久性から、タイ人男性や旅慣れた旅行者には根強い人気があり、しっかり高級サンダルの定番に。

 日本では安く手に入れることが困難なブランドなので、タイへ行ったときには、ぜひ買い求めたいお勧め品だ。 



確かにタイではドクター・ショールのサンダルがよく売っている。
買ったことはありませんでしたが、よく見かけました。

ドクター・ショールというブランドは知らなかったので、てっきりタイの安価なブランドだと思っていました。
高級サンダルとは知りませんでした。

写真のサンダルも履きやすそうですよね。


記事にも書いてありましたが、タイに行った時には是非買い求めたい品物ですね。
母親とタイへ行く時には是非自分へのお土産に買い求めたいと思います。
2足買おうかな。


タイのブランドと言えば、スイカのブランドのTシャツを持っていますがとてもいいですよ。
もう4、5年経ちますが、着崩れしません。


このマークですよ。
見たことがある人も多いと思います。


タイに行ったらタイのブランド商品を買うのも楽しいですよ。




タイ・ブログランキング

ジモモ バンコク

 是非、両方とも一押しお願いします。
26日前
秋に母親とタイへ行きますがチケットはすでに購入してあります。
久しぶりにタイ航空を利用しますが、今タイ航空がタイムセールを行っていて随分安い料金で購入できるようです。
チケットの購入を早まったかなと思っていますが、まあ仕方ありませんね。
仕事の都合もあるので日程も限られ早めに購入しないといけませんから・・・・。
でもチョッと悔しいです。(笑)

今の生活では、毎日の食事は母親が作ってくれます
毎日作るのも大変だとは思いますが、料理を作るのはボケ防止にもいいらしいですよ。
何を作るか考えたり、作る段取りを考えたり、手先も使いますからいいんでしょうね。

母親の作ってくれる料理も美味しいのですが、時々無性に食べたくなる物があります。
別に高級品ではなく、どちらかというと若い時に食べた物が多いかな。
例えば牛丼、ハンバーガー、カツ丼、太麺のみそラーメン、食パンにバターとマヨネーズをタップリ塗りロースハムだけ挟んだサンドイッチ、などなどいろいろです。

母親は出掛けた時に、美味しい手作りのパンを買ってきたりします。
値段も結構いい値段です。
確かに不味くはありませんが、私の口にはいまいち合いませんね。
バターとマヨネーズをタップリ塗りロースハムだけ挟んだサンドイッチの方が好きです。

パンの例でしたが、母親が出掛けた時に買ってくる少し高い食べ物はあまり私の口には合いませんね。(笑)
勿論、私にも食べさせたくて買ってきてくれるので美味しくないとは言いませんが・・・・。(笑)
まあ、年齢も性別も違うので好みが違うのは仕方ありません。

母親は牛肉、私は豚肉が好きです。
カレーは母親は水っぽい薄いのが好きですが、私はドロドロのカレーが好きです。
母親は果物が好き、私は野菜が好き。
他にもいろいろありますよ。(笑)

それでも毎日、食事を作ってくれる母親には感謝しています。
でもたまには無性に食べたくなる物を食べていま~す。



タイ・ブログランキング

ジモモ バンコク

 是非、両方とも一押しお願いします。
29日前
関東地方も梅雨が明けました。
今年は、いや今年もかな、平年より暑い夏になるようですよ。
いつもコメントをしてくれる、みそのさんによるとタイの方が暑くないということです。
みそのさんの滞在地はパヤオです。

最近はタイへ行ってもホテルに泊まることが少なくなりました。
前回は日本へ来るサザエとバー君をバンコクへ迎えに行ったので、常宿のクルンカセム スリクルン ホテル に久しぶりに泊まりました。


agodaより

考えてみたらドンムアン空港に近いホテルでよかったのですが、バンコクに不慣れなサザエにホテルの場所を説明するのも大変なので・・・・。


ホテルを予約する時は専らagodaを利用しています。
前回のクルンカセム スリクルン ホテル はサザエが電話で直接予約をしましたが・・・・。


秋に母親と行くタイですが、日程の関係で1泊だけバンコクに泊まることになり、ドンムアン空港のすぐ近くのホテルを予約しました。
いつものようにagodaを利用しました。


agodaより

アマリ ドンムアン エアポート バンコクホテルです。
ドンムアン空港から直接いける便利なホテルです。
母親のことを考えると便利さが一番になります。



日本国内のホテルを予約する時はBooking.comを利用したりします。

テレビのCMでよく見るのが料金比較サイトのトリバゴ。
本当によくテレビでCMをしていますよね。
トリバゴのCMに出ているチョッと綺麗な女性が気になりますよね。

Natalie Emmons(ナタリーエモンズ) さん
出身-カリフォルニア州
生年月日-1986年2月24日生まれ(31歳)
職業-女優、シンガー、写真家、脚本家

ナタリーエモンズさんのことが木になる人は名前をクリックしてみてください。




タイ・ブログランキング

ジモモ バンコク

 是非、両方とも一押しお願いします。
33日前
今日、パスポート更新用の写真を撮ってきました。
いつも行くスーパーの前に写真を撮るボックスがあります。
今日も朝からカンカン照りで気温は33度か34度になっている思います。
ボックスの中はまさに蒸し風呂のようでした。(笑)

出来上がった顔写真を見て、つくづく老けたな~と感じてしまいました。

顔を鏡でシッカリと見るのは髭を剃る時くらいです。
その時は特に感じませんでしたが、写真で見ると本当に老けていました。(笑)

来週にでも仕事の帰りにパスポートセンターによって更新の申請をするつもりです。
パスポートの有効期限が切れる前に申請をしないと、戸籍謄本を添付しなければならないので少し早めに申請をしないといけません。

もちろん10年用を申請します。
費用は16000円かかります。
あと何回更新するのかな~とふと考えてしまいました。


今あるパスポートはバンコクで更新しました。
その時は、シラチャのW氏初めて会いました。
W氏との付き合いも10年になります。


各地で夏の甲子園の予選が行われています。
沖縄ではもう代表校が決まりました。
神奈川はまだ2回戦が始まったばかりです。

夏の甲子園と言えば、一番思い出に残っているのが昭和44年、青森の三沢高校と松山商業の決勝戦です。
三沢高校の太田幸司投手は元祖「甲子園のアイドル!」ですね。

昔ほどテレビに釘付けとはなりませんが、高校野球はいいですね。





タイ・ブログランキング

ジモモ バンコク

 是非、両方とも一押しお願いします。

妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)

作者:waenphet

妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)

サザエを追って日本からバンコクの北500キロの所にあるルーイヘ来て、妻の仕事を手伝うマスオがブログでストレスを発散を。

7日 1945 総合 14865 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



waenphetさん新着記事



過去記事

waenphetさんへの新着コメント




バンコクブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)
2位 ある日本人向け不動産屋のブログ タイ バンコクより
3位 日本の家庭料理のお店「31」
4位 Weekender@Bangkok
5位 タイ語でお邪魔しタイランド
6位 タイ仕入れ 【SAKU TRADING】  バンコクチェンマイ仕入れ完全サポート
7位 タイ・チェンマイ仕入れサポート 【SAKU-TRADING Co.,Ltd.】
8位 Cotanのバンコクお弁当宅配日記 Fromバンコク日本語予約センター"Haruka"


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バンコクでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録