Welcome!

妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)

1年以上
今日も暑い。
東京では30度を超えた。
観測を開始した1875(明治8)年以降、最も遅い真夏日となった。なお、これまで最も遅かった東京都心の真夏日は、1915(大正4)年10月9日で、98年ぶりに記録を塗り替えた。
これから地球はますます夏は暑く、冬は寒くなりそうだ。


先日チョッと書いたサザエから郵便物が届きました。



結構重い小包で上には私が書いておいた日本の住所を書いた封筒が貼ってありました。

ア、私の名前や住所が・・・まあいいか〜。


サザエが郵便代が高かったと言っていましたが・・・・


1200バーツの切手が貼られていました。
こんなにかかるの〜。
タイからは普通の封書しか日本へ送ったことがなかったので高くてピックリ。


EMSで送ってくれたようです。


タイ王国ドットコムさんに郵便料金が詳しく載ってしました。

確かにタイから日本へ送る場合は3.5〜4.0?は1205バーツになっていました。
5バーツの差は何だろう。

送られてきた物にについて次回で・・・・。



タイ・ブログランキング

ジモモ バンコク

 是非、両方とも一押しお願いします。
1年以上
今日は家でノンビリとパソコンに向かっています。
パソコンでタイの記事やタイのことを調べて楽しんでいます。


タイのテレビCMのことは他の方のブログでもいろいろ取り扱われているが私もタイのテレビCMが好きです。
何と言ってもタイの生命保険会社の感動CMがいいですね。
少し前のCMですが今見てもグッときます。

よくYouTubeで見るので記事に貼り付けようとしましたが旨くいきません。
ごめんなさい。


しかたないのでご自分でYouTubeを開いて見てください。

CMのBGMでかかっている音楽もいい感じです。




タイ・ブログランキング

ジモモ バンコク

 是非、両方とも一押しお願いします。
1年以上
昨日は珍しくサザエの方から電話がかかってきました。

サザエがアリちゃと一緒にバックを作っているらしい。
そのパックを母親と近所にいる母親の妹と私の妹の分の3個を送ったから一週間ぐらいで着くという内容であった。
バックが出来上がったら送ると母親とよく電話で話しをしていので、その中に私の薬(水虫とインキン)も入れて送ってくれるように言っておいたので薬も一緒に送ったということです。
バックと薬が届いたらまた報告します。


今日の新聞にタクシンの息子の記事が載っていた。
ネットでも確認するとバンコク週報にもタクシンの息子のことが載っていた。


まず・・・・



タクシン元首相の長男、次期総選挙に出馬か
07/10/2013

政権党・タイ貢献党関係筋によれば、国外逃亡中のタクシン元首相が一人息子のパントンテーさん(33)を、自分の後継者とするため同党から下院選に立候補させることを考えている。

元首相は首相在任中の汚職(職権乱用)で禁固2年の有罪が確定した犯罪人だが、タイ貢献党の実質的リーダーであることは周知の事実。

パントンテーさんは最近になってSNSフェイスブックへの書き込みを通じて現政権、父である元首相、その実妹のインラック首相をたびたび擁護するなど政治的な言動が目立っており、政界入りが濃厚となっている。

同筋は、「元首相は今のところパントンテーさんを生まれ故郷でタクシン支持者の多い北部チェンマイから出馬させるか、比例代表で出馬させるか決めかねている」と述べている。

また、元首相は来年9月に定年退官するカムロンウィット首都圏警察長官を、タイ貢献党から下院選に出馬させることも検討中という。



そして翌日の記事では・・・・



政界入りに消極的な発言、タクシン元首相の長男

08/10/2013

国外逃亡中のタクシン元首相の一人息子、パントンテーさんは10月7日、「元首相が息子を政治家にさせようとしている」との報道に対し、フェイスブックに「政治は嫌い。自分で選択できるなら、選挙には出ない」などと書き込み、政界入りに消極的な考えを明らかにした。

パントンテーさんは、「本当の民主主義が実現して父(元首相)が晴れて帰国できるまで、(叔母に当たる)インラック首相をボディーガードとして支えること」を望むと述べた。

また、政権党・タイ貢献党のプムタム幹事長は7日、「現政権は任期がまだ2年ほど残っており、近い将来に総選挙が実施されることはない」として、「パントンテーさんを候補として擁立することは考えていない」と明言した。



という二つの記事がありました。


「火の気のない所には煙はたたない」ではないが、おそらく100%次期総選挙に出馬するでしょうね。

タイを二分するタクシン派と反タクシン派の抗争ですが、しばらくは無くならないでしょうからタクシンとしても今のインラック首相の次を考えていると思います。



タイのタクシン元首相の娘ピントンタさん(左)、ポチャマン元夫人(中央)、息子パントンテー氏=2011年8月、バンコク(AFP=時事)




タイ・ブログランキング

ジモモ バンコク

 是非、両方とも一押しお願いします。

1年以上
タイでは今年も各地で洪水の被害が出ている。
台風21号の影響もあり・・・・

タイ内務省によると、1日朝の時点で洪水が発生しているのはタイの77都県中、東北部スリン県、シーサケート県、ウボンラチャタニ県、東部プラジンブリ県、中部アユタヤ県など25県225郡で、約82万世帯、280万人が被災した。(Yahooニュースから)


プラジンブリ県の洪水(2日)


サザエとの電話ではルーイでもかなりの雨が降る時があるようです。


心配なのが2年前のような大洪水ですが、専門家は大洪水の可能性を否定しているようです。


newsclipさんの記事によると・・・

「降雨量、例年並み」 タイの専門家、大洪水の可能性否定


【タイ】2011年のタイ中部大洪水の際に具体的で的確な洪水予測で人気を集めたランシット大学のセーリー准教授に、タイ字紙タイラットがインタビューした。

 今年の洪水が2011年並みに悪化するかという質問に、セーリー准教授は「これまでのところ降雨量は例年並み」だとして、2011年のような洪水が起こる可能性は極めて低いと述べた。バンコクで大規模な洪水が起きる可能性も「ないと確信している」と明確に否定した。

 タイでは2011年9―12月、バンコクなど中部でピーク時の水量が満水時の琵琶湖の3分の2に相当する160億立方メートルという大洪水が発生し、ホンダ、ソニーなど日系企業400社以上を含む約700社の工場が浸水するなど大きな被害が出た。タイ政府によると、2011年6―10月の降雨量はタイ北部で例年の39%増、中部で22%増に達し、北部の大規模ダムであるプミポンダムとシリキットダムが乾期に備えてぎりぎりまで水を貯めた後、満水となって一気に放水し、下流で大洪水を引き起こした。

 プミポンダムとシリキットダムの2日時点の貯水率は、タイ農業協同組合省かんがい局によると、それぞれ45%(貯水量60・7億立方メートル)、59%(同56・2億立方メートル)。貯水率が一時100%を超えていた中部ロッブリ県のパーサクチョンシットダムは放水の結果、2日時点で貯水率が93%(貯水量8・9億立方メートル)に低下した。


2年前の大洪水では日本の影響もいろいろありましたね。
パソコンの部品やコンタクトレンズが品薄なったりもしました。


少し話は逸れますが、タイは自国の治水事業を韓国に要請しています。
どんな記事を見ても韓国の治水工事能力を疑問している記事ばかりですね。
日本はタイの条件が厳しく応札をしませんでした。
どうみても採算の取れない事業のようですが、韓国は見栄で落札したという意見もあります。
それにかなりの裏金が動いているんでしょうね。
タイはワイロのタイ(大)国ですからね。
タイの為にもそれにタイに多くの企業がある日本の為にも立派な治水事業を期待したいが無理でしょうね。





タイ・ブログランキング

ジモモ バンコク

 是非、両方とも一押しお願いします。



1年以上
今日の午前中は働いている会社の健康診断に行ってきました。
健康診断は久しぶりです。
身長、体重、視力、聴力、血圧の検査の後に胸のレントゲン、心電図、尿、血液の検査を行いました。


血圧は下が88、上が140でチョッと高めでしたが、先生の話ではそれほど気にするほどではないと言われてホッ・・。
レントゲンでも特に問題はありませんでしたが、心電図でやはり異常がありました。
10年以上前から私は心房細動と健康診断の度に診断されています。

心房細動は不整脈の一種です。
以前の会社で働いている頃は薬を服用していましたが、タイに住むようになり薬の服用を止めてしまいました。

心房細動そのものがただちに命を脅かすことはありませんが、心房内に血栓ができて脳梗塞の原因になったりすることがあります。
長島元巨人軍の監督やサッカーの元監督のイビチャ・オシムが心房細動が原因で脳梗塞になりました。


先生からは一度大きな病院へ行ってもう一度検査をしてもらい、投薬などの治療をしたほうがいいと言われてしまいました。
歳もとってきたのでそのうち大きな病院へ行き治療をしようと思います。
実は父親も心房細動で、嫌な所が親に似るものです。

薬は血栓ができるのを予防する抗凝固薬ですが、日常生活でも暴飲暴食を避け、十分な睡眠をとり、ストレスを溜めないようにすることが大事なようです。

尿と血液の検査の結果は後日郵送されてくるので楽しみに待ちたいと思います。




タイ・ブログランキング

ジモモ バンコク

 是非、両方とも一押しお願いします。

妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)

作者:waenphet

妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)

サザエを追って日本からバンコクの北500キロの所にあるルーイヘ来て、妻の仕事を手伝うマスオがブログでストレスを発散を。

7日 1944 総合 15034 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



waenphetさん新着記事



過去記事

waenphetさんへの新着コメント




バンコクブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)
2位 Weekender@Bangkok
3位 タイ語でお邪魔しタイランド
4位 サーヤのバンコクだらだら日記
5位 タイランドからの便り
6位 日本の家庭料理のお店「31」
7位 【タイ・バンコク近郊 こだわり情報+α】
8位 exotica blog


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バンコクでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録