Welcome!

タイで自在にロングステイ・長期滞在

1年以上
サワディーカップ!

タイのVAT(Value-Added Tax)はご存知ですか?

いわゆるタイの消費税(付加価値税)です。タイの消費税は7%ですが、タイで2000バーツ以上購入した消費税を空港で還付することができるんです。

タイでの旅行者は、タイ国内の同日同一店で購入した合計2,000バーツ以上の買物につき、7%の税金VAT(Value-Added Tax)分を帰国の時に空港で払戻してもらうことができます。

1330014631.gif
“VAT REFUND FOR TOURISTS” のロゴが表示されたお店で購入します。

同日同一店舗で購入した合計2,000バーツ以上のお買い物につき、VATの払戻し請求ができます。

お店で2,000バーツ以上購入したお店で購入日に、パスポートを提示し「VAT払い戻し申請書(P.P.10)」に必要事項を記入し、
「VAT払い戻し申請書(P.P.10)」と「税金請求書(TAX Invoice)」を受け取ります。

ここで注意ですが、空港で申請書類、パスポート、申請する購入品は スーツケースに入れずに必ず手荷物で持参ください。
購入品等を搭乗手続きするときスーツケースに入れてしまうと、後の祭りですからね。

また空港での払い戻しの手続きには時間を要する場合がありますのでいつもより余裕をもって空港に到着してください。
チェックイン前に


VAT還付1
「VAT REFUND FOR TOURISTS」マークのついているところに税関(Custom Inspection for VAT REFUND)があります。

VAT還付4
税関(Custom Inspection for VAT REFUND)のカウンターで、お店で受け取った書類(「VAT払戻し申請書(P.P.10)」と「税金請求書(TAX Invoice)」)と購入品、パスポートを提示します。
そして税関の職員にスタンプを押してもらいます。

VAT還付3
スタンプを押してもらったら搭乗手続きをするためチェックインカウンターへ行き、出国審査をすませます。そして写真の④へ向かいます。

vat払戻しカウンター
VAT払戻しのカウンター(VAT Refund Office Revenue Dept.)

再度お店で受け取った書類(「VAT払戻し申請書(P.P.10)」と「税金請求書(TAX Invoice)」)とパスポートを提示します。

高価な購入品はここでもう一度提示を求められる場合がありますので、空港職員の指示に従ってください。
確認が終わりましたら、同じカウンターで申請者にVATが払戻されます。

30,000バーツを超えない場合
タイバーツの現金
銀行小切手
クレジットカード口座への振込
30,000バーツを超える場合
銀行小切手
クレジットカード口座への振込


払い戻しにかかる手数料
タイバーツの現金:手数料100バーツ
銀行小切手:手数料100バーツ+銀行の小切手発行手数料及び郵便料金
クレジットカード口座への振込:手数料100バーツ+クレジットカード会社の振込手数料及び郵便料金
手続き時間:(8:30am~4:30pm)

1年以上
サワディーカップ!


暇なので、パープルラインに乗ってみました。
営業距離20.9キロ 16駅で構成されている新しい鉄道です。

丸紅、JR東日本、東芝の三社からなる日本企業連合が勝ち取った鉄道(ライン)なのでご存知の方も多いかと思いますが、このラインはちょっとローカルなとこにあるので乗る機会はあまりないかと思います。

バンコクでは、地下鉄=MRT、高架線=BTSという呼び方をしていたのですが、パープルラインはMRTが運営する初の高架鉄道になります。

パープルラインは地下鉄ブルーラインの終点バンスーから1km西側にあるタオプーン駅とノンタブリー県のクロンバンパイ駅までの20.9kmを結ぶことで、人口の増加が続くノンタブリー県とバンコク中心部への移動をスムーズにし、交通渋滞の解消を目指すとのこと。
パープルラインの詳しいページはこちら

パープルライン
パープルラインは、1日に20万人もの人々の利用が想定されているらしいです。 やはり日本製の車両はどことなく違いますね~

パープルライン1
タオプーン駅とノンタブリー県のクロンバンパイ駅まで乗ってみました。

パープルライン2
車内の様子 まだ乗降客はほとんどいません

パープルライン3
景色 バンコクもどんどん都市化が進んでいますね

パープルライン4
向こうに見える川はチャオプラヤ川 どことなくのどかな風景です

パープルライン5
バンコクの周辺にはニュータウンのような戸建てがあちこちにできていますね

パープルライン6
ノンタブリー県です。このあたりになると賃料も安いんだろうな~ さすがにこのあたりに住むにはローカルすぎますね~

パープルライン7
伸びしろのあるエリアですね。今後が楽しみなエリアです。

パープルライン8
バーンプル郊外 

パープルライン9
セントラルプラザウエストゲート この周辺は住宅街が広がっている地域です。典型的なバンコクの郊外って感じです。パープルライン10
終点クローンバーンパイ駅 です。この建物は車両基地

パープルライン11
クローンバーンパイ駅に到着

パープルライン12
クローンバーンパイ駅構内の様子

タオプーン駅~クローンバーンパイ駅間 は42バーツでした。
1年以上
サワディーカップ!

本日はMRTバンス―駅からパープルラインのタオプーン駅までの行き方です。

タオプーン駅はまだご存じない方も多いかと思います。
タオプーン駅は2016年8月6日に開業したパープルラインの始発駅です。

パープルラインは日本の企業連合がタイから受注して建設した待望の路線です。

パープルライン路線
↑ちなみにバンコク路線図と検索すればアプリとしてスマホにダウンロードできます。

パープルラインは16駅 全長20.9キロ MRTブルーラインバンス―駅から接続される予定ですが、現在はバンス―駅・タオプーン駅間はまだ接続されておらず、延伸開業まで暫定的に無料のシャトルバスが運行されています。

パープルラインの運行はMRTバンコクメトロが運営しているのですが、BTSのように高架を走る鉄道です。
バンス―シャトルバス
無料シャトルバスの案内です。バンス―駅に掲載中

バンス―標識
バンス―駅には分かりやすく案内図がありますので迷うことはないと思います。

タオプーンへ
こんな感じの案内がいたるところにあります。最近のバンコクはこのように親切になりましたね。

タオプーンシャトルおりば
無料シャトルバスで5分ほどでタオプーン駅に到着します。

パープルライン
パープルライン 日本製の車両です。


1年以上




サワディーカップ!

最近は東京にもバンコクにもあちこちに出店しているフーターズですが、パタヤにもあるんですよね。
パタヤのフーターズはビーチロード沿いにあり海風が店内に吹き込む開放的なお店です。

さてフーターズとは?
Hooters1.jpg

HOOTERSは、1983年10月に米国フロリダで誕生した、カジュアルアメリカンダイニング&スポーツバーで チアリーダーをイメージしたのだとか。

また元気なスタッフ「HOOTERS GIRL」のセクシー&ホスピタリティあふれるおもてなしが話題を呼び、現在では、米国を中心に、28か国で430店舗以上展開しているのだとか。
Hotters2.jpg
スポーツバー的な雰囲気を楽しめます。

Hottes4.jpg
チアリーダーをイメージしたスタッフ 元気いっぱいですよ

Hottes5.jpg
結構広々として楽しいひと時を過ごすことができます。

1杯平均200バーツ前後と決して安くはありませんが、ドリンク代だけで過ごすことができるので、ちょっと一息入れたいときおすすめです。

1年以上




サワディーカップ!

今年もやってきました!恒例の第18回 タイ・フェスティバル2017です。

パタヤビーチのパラソル下
パタヤビーチ パラソル下でのんびりとするのが最高です!


タイ王国大使館は、2017年5月13 - 14日、東京都渋谷区の代々木公園にて「第18回タイ・フェスティバル2017」を開催致します。
毎年代々木公園で開催されていますが、みなさんは行ったことがありますか?

日本にいながらタイを体験することができるのでチャンスがあれば行くことをお勧めします。


タイフェスティバルでは、本場タイ料理が味わえるタイ料理屋台と、タイのスターたちが無料でコンサートが行われるので、日本人だけでなく在日タイ人達でにぎわっています。

今年もどんなスターたちが「タイ・フェスティバル」のステージに登場するのでしょうか?

「第15回タイフェスティバル2017 大阪」が大阪城公園太陽の広場で5月20日・21日に開催、「第5回タイフェスティバルin仙台2017」は6月17日・18日に開催する予定です。

なお、名古屋、静岡でもタイフェスティバルは開催されます。



タイで自在にロングステイ・長期滞在

作者:自在人

タイで自在にロングステイ・長期滞在

タイの物価は日本の物価の1/3程度なので非常に暮らしやすい。物価だけでなく食べ物もおいしい。そんなタイでロングステイをしてみませんか?タイのロングステイ・長期滞在の楽しさを伝えるブログです。

7日 47 総合 996 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



自在人さん新着記事



過去記事

自在人さんへの新着コメント




バンコクブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 Weekender@Bangkok
2位 妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)
3位 ある日本人向け不動産屋のブログ タイ バンコクより
4位 クワムラック イサーンから愛をこめて
5位 タイで自在にロングステイ・長期滞在
6位 サーヤのバンコクだらだら日記
7位 タニヤ夜の女の子バンコク中継&タラちゃんアムステルダムお遊びオランダ情報
8位 タイあげ↑ニュース


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バンコクでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録