Welcome!

タニヤ夜の女の子バンコク中継&タラちゃんアムステルダムお遊びオランダ情報

1年以上

バンコク滞在残り少なくなってまいりました。

ていうかあと2日です。

昨年11月に日本を出発し早5ヶ月。

たらちゃんのロングバケーションももうすぐ終わりを迎えてしまいます。

ちょっとずつ、

今回の旅を振り返ってみようかと。

まず今回の旅のきっかけですが、

まぁもともとはただオランダに戻ることを目的としていたんですけど

4、5年くらい前からロシアに行ってみたいと思っていたんですね。

で、飛行機じゃなくてシベリア鉄道使って陸路でオランダを目指したらすごく楽しいんじゃないかと。

ロシアからフィンランドとか回って、

ヨーロッパも陸路でちょっとずつ攻めて行ったら…

って考え出したらワクワクしてきちゃったんですね。

今までは拠点になる国を一カ国に絞って旅をしていたので、

わたしにとって今回の旅はかなりアドベンチャーな旅でした。

日本にいた時は箱根の旅館で仲居さんをしていたんですが、

幸運な事に、その旅館は海外からのお客様がかなり多く訪れる宿でしたので、

そんなお客様たちから色んな情報を頂き、

更には「クリスマスにはドイツのウチへおいで。」とお誘いまで頂きました。

さて

旅のルート、予定はこんな感じでした。

仙台から関空、海外に出る前に神戸の友達と何故か伊勢志摩旅行。

⬇︎

関空から仁川 ソウルで二泊 神戸で知り合った韓国人の友人と遊ぶ

⬇︎

ソウルから海沿いの街東海(トンへ)へ フェリーに乗る

⬇︎

ロシア ウラジオストクからシベリア鉄道に乗る

⬇︎

ウラジオストク➡︎モスクワ 7日間の電車旅

⬇︎

モスクワで一泊 シベリア鉄道あげいん。

⬇︎

サンクトペテルブルク3泊

⬇︎

フィンランド➡︎エストニア➡︎ラトビア➡︎リトアニア➡︎ポーランド➡︎チェコ➡︎スイス➡︎フランス➡︎ドイツ

⬇︎

最終目的地オランダ!!

次の記事より旅の思い出を綴っていこうと思います。

1年以上

バンコク滞在残り少なくなってまいりました。

ていうかあと2日です。

昨年11月に日本を出発し早5ヶ月。

たらちゃんのロングバケーションももうすぐ終わりを迎えてしまいます。

ちょっとずつ、

今回の旅を振り返ってみようかと。

まず今回の旅のきっかけですが、

まぁもともとはただオランダに戻ることを目的としていたんですけど

4、5年くらい前からロシアに行ってみたいと思っていたんですね。

で、飛行機じゃなくてシベリア鉄道使って陸路でオランダを目指したらすごく楽しいんじゃないかと。

ロシアからフィンランドとか回って、

ヨーロッパも陸路でちょっとずつ攻めて行ったら…

って考え出したらワクワクしてきちゃったんですね。

今までは拠点になる国を一カ国に絞って旅をしていたので、

わたしにとって今回の旅はかなりアドベンチャーな旅でした。

日本にいた時は箱根の旅館で仲居さんをしていたんですが、

幸運な事に、その旅館は海外からのお客様がかなり多く訪れる宿でしたので、

そんなお客様たちから色んな情報を頂き、

更には「クリスマスにはドイツのウチへおいで。」とお誘いまで頂きました。

さて

旅のルート、予定はこんな感じでした。

仙台から関空、海外に出る前に神戸の友達と何故か伊勢志摩旅行。

⬇︎

関空から仁川 ソウルで二泊 神戸で知り合った韓国人の友人と遊ぶ

⬇︎

ソウルから海沿いの街東海(トンへ)へ フェリーに乗る

⬇︎

ロシア ウラジオストクからシベリア鉄道に乗る

⬇︎

ウラジオストク➡︎モスクワ 7日間の電車旅

⬇︎

モスクワで一泊 シベリア鉄道あげいん。

⬇︎

サンクトペテルブルク3泊

⬇︎

フィンランド➡︎エストニア➡︎ラトビア➡︎リトアニア➡︎ポーランド➡︎チェコ➡︎スイス➡︎フランス➡︎ドイツ

⬇︎

最終目的地オランダ!!

次の記事より旅の思い出を綴っていこうと思います。

1年以上

目が覚めてさっそくウォーターファイトへ向かうことに!

しかしソンクラン当日なのにまだ水鉄砲を買っていないわたし。

種類があり過ぎてどれにすればいいかわからなくて…

そんな私とは違ってロシア人はアロハシャツに水鉄砲、完全なソンクランスタイルでした。

街へ出たらわたしの水鉄砲を選んでくれるとのことです。

外へ出るとさっそく何人かから水をかけられる。

楽しい…!!!!!

ロシア人は手慣れた感じに次々に道ゆく人々を水鉄砲で打ちまくっています。

バスでカオサンへ向かう途中も車内から外の人達を攻撃するロシア人。

相当楽しそう。。。わたしも早く水鉄砲欲しい(´Д` )

カオサン付近でバスを降り、徒歩でカオサンを目指しました。

しかし突然途中で座り込むロシア人。

「どうしたの?」

「…………寒い。」

えぇぇぇ

( ;´Д`)

しばらく無言で座り込むロシア人。

あなたの母国の方がよっぽど寒いでしょうよ…!!!!

実はこの方ベジタリアンで、しかも最近体調が悪く急激に8kg体重が落ちたそう。

たしかに見た目がかなりスキニー。

見た感じ脂肪がほとんど無いし、

体温調整できなさそうな見た目です。。。

なんとか復活し、私の水鉄砲を手に入れるべく途中で何度か品定めするも

「これはダメ。」

「これもダメ。」

「これは良さそうに見えるけど、20分後には壊れるだろう。」

なかなか彼のお眼鏡に適う水鉄砲が無いご様子。。。

なんか

ぶっちゃけなんでもいいんだけど…

途中で彼の水鉄砲を貸してもらうことになり、

実際に打ち始めると…

(((o(*゚▽゚*)o)))

超たのしいぃぃぃ〜〜〜!!!♥︎♥︎♥︎

あまりの楽しさに夢中になっていると

あれ??

ロシア人は??

は、はぐれた…(゚д゚lll)

携帯に電話しても繋がらず

どどどどうしよう

彼の水鉄砲持ったままだし

今頃水鉄砲が無くて困っているに違いない…

水鉄砲を抱えたまま某然とするわたし。

とりあえずカオサンへ向かい

緑のアロハシャツを探すも人が多すぎて…

カオサンを一周して

この中からロシア人を探し出すのは不可能と判断。

そういえば19時頃になったら一回家に帰りたいって言ってたよなぁ…

19時過ぎに家を訪ねたら戻って来てるかもしれない。

ということで家に戻るも

エントランスでカードキーが必要で中に入れず。

セキュリティの男の子英語喋れないし

身振り手振りでなんとかロシア人の事を伝え、

電話をかけてもらう。

やっぱり通じない。

セキュリティの子が部屋の鍵を開けてくれて中を確認しても彼は帰って来ていない様子。

まじかよーーーーーーーーー

仕方ないので近辺の飲み屋で時間を潰し、

23時頃またアパートへ戻ってみる。

今度はセキュリティの子以外に大家さんらしき人もいます。

そして彼も英語は喋れないご様子です。

すると

「Do you want to sleep?」

英語喋った。

うん。もう寝たい。わたし限界です。

すると彼らは部屋の鍵を開けてくれたのでした。

いいの?

相当疲れていたのでとにかく一刻も早く寝たかったので

あまり深く考えずに、大家さんのご厚意に甘え家主不在の部屋へ上げてもらう。

例のシャワーを浴び即寝。

しかし

まだ空も明るくなる前、

早朝3時頃

いつの間にか帰って来ていたロシア人に起こされる。

どうやら鍵もないのに部屋に戻っていた私に相当驚かされたらしく困惑気味。

寝ぼけた状態でプチバトル勃発。

「どうやって部屋に入ったんだ!」

「大家さんが鍵を開けてくれたんだよ。」

「なんで?何時頃に?彼は普段は夜9時には寝てるんだよ。起こしたのか?問題を起こされたら困るんだよ。俺は彼と上手くいっていないんだ。何かあったらここを追い出されるかもしれないんだぞ!」

「帰ってきたの23時頃だけど起こしてないよ。彼はエントランスでセキュリティの子と話していたんだもん。」

「はぐれた時にどこに居たんだ?俺はあのはぐれた辺りで待っていたんだぞ。」

「私だってそこであなたの事探したし、っていうかはぐれたら電話しろって言ったのあんたでしょーよ!!10回以上かけたのに全然繋がらなかった。私の携帯に問題があるのかと思ったからセキュリティの人もあなたの電話にかけたけどやっぱり繋がらなかった。」

「セキュリティの奴が何故俺の携帯に電話をかけられるんだ?彼は俺の番号は知らないのに!それに彼らは全く英語が話せないんだぞ!君は嘘をついている!!」

「嘘じゃないっての!セキュリティの子はたしかに英語話せないけど、身振り手振りでなんとか事情を話したの!通じたかはわからないけど、電話が繋がらないってことは通じた。だから彼が自分の携帯を使ってあなたの番号にかけてくれたんだよ。番号は私が教えたんだよ。」

なんやらかんやら

うんちゃらかんちゃら

そして言い争いから和解

がしかしもう結構キツイす、寝たいです私。

結局ソンクランだってのにその日はその後日中ずっと寝て過ごした私。

カウチサーフィン

タダで寝泊まりできるっていうメリットはもちろんありますが

泊める方も泊まる方も色々気を遣わなければいけないのは勿論だし

必ずしも気が合うとは限りません。

今回泊めてくれたロシア人の彼はとても良い人なのは間違いないですが

信念が強過ぎて他人とぶつかることもしばしば。

カオサンへ向かう途中も観光客のドイツ人と喧嘩しておりました。

平和主義なわたしには刺激(?)が強かったので、

当初の予定ではソンクラン中ずっと泊めてもらう予定でしたが

2泊で去ることにしました。

すごくネガティブなように見えるかもしれないですが

今回カウチサーフィンやって良かったとは思ってます( ^ω^ )

バンコクで何故かロシア人と知り合い、言い争い、仲直りし…

終わり良ければすべて良し( ̄▽ ̄)

日本語ですら言いたいことの半分も伝えられない弱気な私ですが、

あんなゴリゴリに自分を主張するロシア人と英語で言い争うなんて、少しは成長しているという事でしょう…

ただちょっと四六時中一緒にいるのはキツイので二日が限界っす 笑。

そんなソンクラン中の出来事ですた。

1年以上

目が覚めてさっそくウォーターファイトへ向かうことに!

しかしソンクラン当日なのにまだ水鉄砲を買っていないわたし。

種類があり過ぎてどれにすればいいかわからなくて…

そんな私とは違ってロシア人はアロハシャツに水鉄砲、完全なソンクランスタイルでした。

街へ出たらわたしの水鉄砲を選んでくれるとのことです。

外へ出るとさっそく何人かから水をかけられる。

楽しい…!!!!!

ロシア人は手慣れた感じに次々に道ゆく人々を水鉄砲で打ちまくっています。

バスでカオサンへ向かう途中も車内から外の人達を攻撃するロシア人。

相当楽しそう。。。わたしも早く水鉄砲欲しい(´Д` )

カオサン付近でバスを降り、徒歩でカオサンを目指しました。

しかし突然途中で座り込むロシア人。

「どうしたの?」

「…………寒い。」

えぇぇぇ

( ;´Д`)

しばらく無言で座り込むロシア人。

あなたの母国の方がよっぽど寒いでしょうよ…!!!!

実はこの方ベジタリアンで、しかも最近体調が悪く急激に8kg体重が落ちたそう。

たしかに見た目がかなりスキニー。

見た感じ脂肪がほとんど無いし、

体温調整できなさそうな見た目です。。。

なんとか復活し、私の水鉄砲を手に入れるべく途中で何度か品定めするも

「これはダメ。」

「これもダメ。」

「これは良さそうに見えるけど、20分後には壊れるだろう。」

なかなか彼のお眼鏡に適う水鉄砲が無いご様子。。。

なんか

ぶっちゃけなんでもいいんだけど…

途中で彼の水鉄砲を貸してもらうことになり、

実際に打ち始めると…

(((o(*゚▽゚*)o)))

超たのしいぃぃぃ〜〜〜!!!♥︎♥︎♥︎

あまりの楽しさに夢中になっていると

あれ??

ロシア人は??

は、はぐれた…(゚д゚lll)

携帯に電話しても繋がらず

どどどどうしよう

彼の水鉄砲持ったままだし

今頃水鉄砲が無くて困っているに違いない…

水鉄砲を抱えたまま某然とするわたし。

とりあえずカオサンへ向かい

緑のアロハシャツを探すも人が多すぎて…

カオサンを一周して

この中からロシア人を探し出すのは不可能と判断。

そういえば19時頃になったら一回家に帰りたいって言ってたよなぁ…

19時過ぎに家を訪ねたら戻って来てるかもしれない。

ということで家に戻るも

エントランスでカードキーが必要で中に入れず。

セキュリティの男の子英語喋れないし

身振り手振りでなんとかロシア人の事を伝え、

電話をかけてもらう。

やっぱり通じない。

セキュリティの子が部屋の鍵を開けてくれて中を確認しても彼は帰って来ていない様子。

まじかよーーーーーーーーー

仕方ないので近辺の飲み屋で時間を潰し、

23時頃またアパートへ戻ってみる。

今度はセキュリティの子以外に大家さんらしき人もいます。

そして彼も英語は喋れないご様子です。

すると

「Do you want to sleep?」

英語喋った。

うん。もう寝たい。わたし限界です。

すると彼らは部屋の鍵を開けてくれたのでした。

いいの?

相当疲れていたのでとにかく一刻も早く寝たかったので

あまり深く考えずに、大家さんのご厚意に甘え家主不在の部屋へ上げてもらう。

例のシャワーを浴び即寝。

しかし

まだ空も明るくなる前、

早朝3時頃

いつの間にか帰って来ていたロシア人に起こされる。

どうやら鍵もないのに部屋に戻っていた私に相当驚かされたらしく困惑気味。

寝ぼけた状態でプチバトル勃発。

「どうやって部屋に入ったんだ!」

「大家さんが鍵を開けてくれたんだよ。」

「なんで?何時頃に?彼は普段は夜9時には寝てるんだよ。起こしたのか?問題を起こされたら困るんだよ。俺は彼と上手くいっていないんだ。何かあったらここを追い出されるかもしれないんだぞ!」

「帰ってきたの23時頃だけど起こしてないよ。彼はエントランスでセキュリティの子と話していたんだもん。」

「はぐれた時にどこに居たんだ?俺はあのはぐれた辺りで待っていたんだぞ。」

「私だってそこであなたの事探したし、っていうかはぐれたら電話しろって言ったのあんたでしょーよ!!10回以上かけたのに全然繋がらなかった。私の携帯に問題があるのかと思ったからセキュリティの人もあなたの電話にかけたけどやっぱり繋がらなかった。」

「セキュリティの奴が何故俺の携帯に電話をかけられるんだ?彼は俺の番号は知らないのに!それに彼らは全く英語が話せないんだぞ!君は嘘をついている!!」

「嘘じゃないっての!セキュリティの子はたしかに英語話せないけど、身振り手振りでなんとか事情を話したの!通じたかはわからないけど、電話が繋がらないってことは通じた。だから彼が自分の携帯を使ってあなたの番号にかけてくれたんだよ。番号は私が教えたんだよ。」

なんやらかんやら

うんちゃらかんちゃら

そして言い争いから和解

がしかしもう結構キツイす、寝たいです私。

結局ソンクランだってのにその日はその後日中ずっと寝て過ごした私。

カウチサーフィン

タダで寝泊まりできるっていうメリットはもちろんありますが

泊める方も泊まる方も色々気を遣わなければいけないのは勿論だし

必ずしも気が合うとは限りません。

今回泊めてくれたロシア人の彼はとても良い人なのは間違いないですが

信念が強過ぎて他人とぶつかることもしばしば。

カオサンへ向かう途中も観光客のドイツ人と喧嘩しておりました。

平和主義なわたしには刺激(?)が強かったので、

当初の予定ではソンクラン中ずっと泊めてもらう予定でしたが

2泊で去ることにしました。

すごくネガティブなように見えるかもしれないですが

今回カウチサーフィンやって良かったとは思ってます( ^ω^ )

バンコクで何故かロシア人と知り合い、言い争い、仲直りし…

終わり良ければすべて良し( ̄▽ ̄)

日本語ですら言いたいことの半分も伝えられない弱気な私ですが、

あんなゴリゴリに自分を主張するロシア人と英語で言い争うなんて、少しは成長しているという事でしょう…

ただちょっと四六時中一緒にいるのはキツイので二日が限界っす 笑。

そんなソンクラン中の出来事ですた。

1年以上

ブログ更新、サボりにサボりまくっておりました。

ネガティブに聞こえてしまうかもしれませんがなんだか5月病状態でした。

なんもやる気しねっ…

というのもソンクランでお店が休みだったので

なんだか張り合いが無かったというか。。。

突然手にした自由(?)を前に、時間があると逆に何して良いかわからないっていう。。。

すでに話題にしたかもしれませんが実は私お店で寝泊まりさせて頂いておりまして、

ソンクラン中はお店閉めるっていうんで当然その間は泊まる場所を別に探さなきゃいけないだろうと。

けどなんか宿探しもめんどくさいし、ついにソンクラン休みに入る前日にようやく宿泊先を決めるという。

んで、

ソンクラン期間の寝床として決まったのが

スクンビットに住んでいる会ったこともない、何人なのかも分からない人の家。

世界を旅している間によく利用したのが「Couch Surfing(カウチサーフィン)」というソーシャルネットワークサービス。

このSNSはですね、

ウェブサイト上でしか知らない全くの他人の家に宿泊させてもらうという、

貧乏旅行者にはありがたーいコミュニティサイトなんです。

単にお金が無いからって理由だけじゃなく、異文化交流とかも目的としている。

と思う。

実際一人旅だとゲストハウスで知り合う以外なかなかシャイな私は友達を作れなかったりするんですが、

カウチサーフィンを使えば寝床だけでなく、もれなく話し相手まで付いてくるという利点が。

更にホスピタリティ精神溢れるホストだったりすると、夕食を振舞ってくれたりと至れり尽くせり。

そんなわけでヨーロッパを徘徊していた時はこのカウチサーフィンをよく利用していたのです。

んで、

宿を探していたわけじゃないけどたまたまカウチサーフィン上で知り合った謎の国籍の人物とソンクランのウォーターファイトに一緒に行く約束をしており、

なんとなくの流れでその人んちに泊めてもらう事になったのです。

12日、ソンクラン前日。

その日はタイの大晦日って事で朝方まで起きていたんですが、

その日の昼から会う約束をしていた友人からドタキャンを食らい、

カウチサーフィンのホストがすぐにでも家に来ていいよって事で荷物をまとめていざ彼の家へ。

約束の場所で待っているとやって来たのはタイ人ではなく欧米人ですた。

しかも犬連れてる。

彼は何故かバンコクに住むことになってしまったロシア人でした。

さっそく彼の家へ向かうと…

なんと彼、屋上に住んでいた…!!!

一応寝室、リビング、トイレなどはあるもののシャワーは無いという。

なので外のデカイバケツに貯めてある水を桶ですくって身体にかけるという

かーなりオールドファッションなスタイルのシャワー。

4、5階建てのアパートの屋上だから外だけど裸になっても誰からも見えないよ。

っていうけど、

未だかつて無かった開放感に恥ずかしさ半端ないです。

ちなみに「ホットシャワー浴びたければ14時頃に浴びてね。」と…なるほどね…

とりあえず仮眠を取ってからカオサンのウォーターファイトへ向かうことになりました。

後半へ続く。

タニヤ夜の女の子バンコク中継&タラちゃんアムステルダムお遊びオランダ情報

作者:タラ姫

タイとオランダを往復する日本女性タラちゃんの生活情報ブログ

7日 11 総合 275 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



タラ姫さん新着記事



過去記事

タラ姫さんへの新着コメント




バンコクブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 ある日本人向け不動産屋のブログ タイ バンコクより
2位 妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)
3位 Weekender@Bangkok
4位 TLOのブログ
5位 タイ語でお邪魔しタイランド
6位 タイランドからの便り
7位 タイで自在にロングステイ・長期滞在
8位 なちゅーるマクロビオティックライフ(Nature Style)


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バンコクでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録