Welcome!

タイ語でお邪魔しタイランド

1年以上


日本にいながら、タイのテレビ放送をインターネットで無料視聴する方法を時々お知らせしています。

タイにお住まいならお呼びでないでしょうが、日本在住の人にはありがたいサービスなので、紹介しています。

今回新しいサイトを見つけました。広告が多くてうざいですが、映像は鮮明です。

http://www.adintrend.com/hd/

チャンネルは2,3,5,8,9,11と流行歌のSABAIDEE TV สบายดีทีวี等が見れます(TV画面の上に文字の選択肢があります)。ラオス語放送はないようなので、ラオ語はこちらの記事からダー。
1年以上
ブロ友のバットニャオさんという人がいます。チャイヤプームで主婦をやりながらお店を切り盛りしているので、ひそかに尊敬しているのですが、彼女のブログに面白い写真が出ていたので、承諾を得てお借りしました。



お店のツケを4000バーツ踏み倒した奴だそうです。電話番号も教えなかったので連絡の取りようがなく、仕方なくお店に手配書を張り出したのがこれです。最初写真から女だと思いましたが、นาย(ナーイ)とあるので男です。

1行目のประกาศหา(プラカート ハー)は「探し人」という意味です。その後はนายから始まる男の名前で、中に เงิน(ンガン=おかね)がありますが、「金返せ」という意味はまったくなくて、偶然名前の一部です。(IDカードの中にも見えます)

下段に書いてあるのは、「どなたでも、もし見かけたらご連絡お願いします」です。もしチャイヤプームあたりで見かけたら、教えてあげてください。

元記事はこれです。
http://muangchai.namjai.cc/e149732.html
1年以上

タイのミニバス(ロットゥー、ロットトゥー、大型ワゴン、รถตู้)は大型バスが行かないところにも行くし、競合路線では大型バスより安いし、ホテルまで迎えに来てくれて便利なので、タイ人にも外国人観光客にも人気があります。

難点は中が狭いこと。観光シーズンともなると満員でギッシリとなります。荷物は1列目の座席に天井まで積み上げます。乗客は2列目以降に座りますが、隣に肥満体のファラン(西洋人)が座ったりすると、悲惨です。身じろぎできません。

それでも安いからまあいいかと思って今までずっと乗っていましたが、今回はこりごりでした。

満員で、座る場所がなくなり、ここに座れと言われたところが、最前列の、運転席のすぐ横、3人掛けの真ん中でした。


なぜかここだけ安全ベルトがありません。本来座るところではないから安全ベルトがないのか、あったけど何らかの理由でなくなったのか、わかりません。ここはタイなので、何でもありなので。

最前列で安全ベルトがないなんて、狂ったように車がぶっ飛んでいくタイでは、何かあったらフロントガラスを突き破って、ウルトラマンになって空を飛ぶしかないでしょう。

これが出発地だったら、「こんな席はやめるから金返せ」と言えたのですが、途中で車を乗り換える場所だったので、降りても返金してくれないだろうし、第一どこにいるかもわからないのに代わりの車を探すこともできないので、仕方なく乗りました。



最前列なので見通しはいいですが、到着までの2,3時間、死んだ気で乗ってました。

というわけで、もうロットゥーはこりごりだあ!
1年以上
カンカン照りのタイをあちこち歩き回ると、汗がドーっと出て、そのあとは喉がカラカラに渇いてきます。

そんなときに、すぐ見つかる飲み物屋台はありがたいです。南国タイのオアシスのようなものです。生ジュースからコーヒーから色々あって、どれでも20バーツ前後で飲めるので、タイ庶民の拠り所となっています。タイ人のお邪魔にならないよう、利用させてもらいましょう。



この店は上に英語のメニュー、下にタイ語のメニューを出しています。この店は最低20バーツだったので少し高いかなと思います。安いところはコーヒー12バーツからあるので(2014年)。ただし安いところは英語は通じません。

コーヒーはアイスとホットとありますが、何も言わないと氷たっぷりのアイスコーヒーになるので、ホットコーヒーが飲みたいときは「カーフェーローン」กาแฟร้อนと注文します。

せっかくタイに来たのだから、タイ土着のコーヒー、カーフェーボーラーンกาแฟโบราณを飲んでみるのもいいです。
カーフェーボーラーンの詳しいことは、以前にお知らせした「世界中の旅の話題を集めたブログ」に記事を書きましたので、ご覧ください。

http://fishand.tips/column/c_thailand/kafae-boran/
1年以上
日本にいながら、タイとラオスのテレビ放送を無料でインターネットで視聴することができます。

ラジオもそうですが、タイのテレビのネット放送サイトを探すときに気をつけないといけないのは、検索で「thai internet TV」とやるとワンサカ出てきますが、殆ど使えません。

アフィリエイト(広告貼り付け)目的で、いかにもTVが見られるようにクリックを誘導して、押したら単なる宣伝広告だったり、さらにはヘンなポップアップ広告が出てきて、

「あなたのPCはスパイウェアに感染してます!」

とか

「あなたのPCの動作が遅いです」

とかデタラメ言って、おどかしてくれたり。

さらに悪質なのは、放送を見るために必要だからと言って、何かのソフトウェアをダウンロードさせようとするサイト。こんなのをダウンロードして実行した日には、ウイルスに感染すること間違いなしです。絶対にダウンロードしてはいけません。


今一番快適で、良心的なサイトはこれ。

http://malimar.tv/watch-list.php

大きい画面で、タイの3,5,7,8チャンネルの他、ラオス語のTVも見れます。


ただし無料で視聴できるのは1ヶ月だけで、それ以後はサイトのアドレスが変わり、見られなくなります。

今後は1ヶ月毎にお知らせしようと思います。忘れているときは、コメントで「タイのTV見られません」と連絡してください。すぐお知らせします。

タイ語でお邪魔しタイランド

作者:Prakit

タイ語でお邪魔しタイランド

タイ人の迷惑かえりみず、ヘタなタイ語でお邪魔して回る日々のあれこれ。 タイドラマの他、タイ語・イサーン語の勉強、タイでの面白体験、タイ音楽、タイ人観察、タイのホテルなど、タイ全般です。

7日 616 総合 1031 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Prakitさん新着記事



過去記事

Prakitさんへの新着コメント




バンコクブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 ちくりん夫婦の”タマダー生活”
2位 Weekender@Bangkok
3位 日本の家庭料理のお店「31」
4位 妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)
5位 Cotanのバンコクお弁当宅配日記 Fromバンコク日本語予約センター"Haruka"
6位 【SAKU-Trading 】営業3課
7位 クワムラック イサーンから愛をこめて
8位 タイ・チェンマイ仕入れサポート 【SAKU-TRADING Co.,Ltd.】


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バンコクでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録