Welcome!

タイ語でお邪魔しタイランド

1年以上
タイでパスポートを紛失または盗難に会ったら、合計3箇所での手続きが必要です。

1.警察

真っ先にやることは所轄の警察署に行って、紛失(盗難)証明書を作ってもらうこと。

警察の受付での言い方:
英語: I had my passport lost(stolen).

タイ語:(紛失)ผมทำ passport หายครับ
(盗難)ผมถูกขโมย passport ครับ

英語のできる職員に引き継いでくれて、英語でいろいろ聞かれて、証明書を作ってくれます。

これがそれ。


書類の題名は

警察局(กรมตำรวจ)
届出受理日誌兼証明書

となっています。

これが当座はパスポートの代わりになります。


2.日本大使館

次にこれを持って日本大使館に行きます。

戸籍抄本があれば新しいパスポート、なければ帰国のための渡航書を発行してもらいます。(渡航書でも、日本国籍を立証するための公文書が必要)

こういうときのために、戸籍抄本は必ず持って渡航することです。

パスポートの再発行または渡航書の発行に要する日数は、お願いの仕方によっては短縮してもらえるかもしれません。


3.タイ入国管理局

何日か待ってようやくできたら、最後にタイ入国管理局に行って、新規旅券(又は帰国のための渡航書)にタイ入国記録を記載して貰います。(入国記録がないと、出国できないので)

以上で一連の手続きはすべて終わりです。

行く所は全部で3箇所なので、大変な手間がかかります。くれぐれもパスポートは大切に。

勉強になったらクリックお願いします。
にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
1年以上
いろんなタイ人と付き合っていると、金を貸すことが多くなります。

今まで8人に貸しましたが、きちんと返してくれたのはたった2人でした。

今になってようやくわかったのは、どうもタイ人にとって、金の貸し借りは建前で、実質はお布施のようです。

金の余っている人が、ない人に施しをする。「施し」というと語弊があるので、「借りる」という形にする。

プラクルアン(お守り)の売買も似たようなものです。

神聖な物なので売買してはいけないという建前なので、(有料で)「貸す」ให้เช่า、「借りる」เช่าという言い方をします。

借金も、「借りる」ขอยืม とは言いますが、実質は「貰う」ขอ ということ。日本人の感覚では、借金は、した瞬間から返す義務が発生しますが、タイ人にとっては、貰ったのだから、そういうものはありません。

いつまでも返してくれないからと催促すると、逆に、貰った金をどうして返さないといけないのかと、不審に思われます。親の不幸があったとか、洪水で仕事がなくなったとか、色々言い訳して、返してくれません。証文があっても、倫理的な効力はありません。

とはいえ、タイ人に金を貸して一番の損失は、金が返ってこないことよりも、折角親しくなったのに借金のために疎遠になってしまったことです。向こうも貰ったということで、少しは引け目があるようなので。

金のせいで、金では買えないものをなくしてしまった気分です。

ここで教訓:

◯タイ人には絶対に金を貸さない。どんなに親しくても、どんなに勤勉な相手でも、借金の感覚は日本人と全然違うので。

◯あげるつもりで少額を提供するのはいいが、お金が介在することで関係が微妙に変化する。その変化を受け入れる覚悟がなければ、やめる。


勉強になったらクリックお願いします。
にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
1年以上
サトーンの東京三菱銀行に行く途中の歩道に、犬小屋を大きくしたような、こんな建物が鎮座しています。



仮設ではなく、何年もあります。

公の建物のようですが、歩道の幅の殆どを使って建てられているので、人はどこを歩けばいいの?と聞きたいくらいに邪魔です。

左側はエアコンの室外機やパイプがあってこわいし、右側は車道に落ちそうだし、いつもどっちを行けばいいのか悩ませてくれる建物です。

どうしても建てるなら細長く作って、歩く道を確保すればいいのに、そんなこまかいことまで考えないのがタイ式のやり方のようです。


面白かったらクリックお願いします。
にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
1年以上
タイの屋台は一見さんには大体無愛想ですが、しょっちゅう買いに行くと顔を覚えてくれて、行くたびに顔がほころんで来ます。

この串焼き屋台も、安いのでほとんど毎日買いに行ってたらおやじと仲良くなりました。

アソークにある大型商業施設ターミナル21の前で毎晩やっています。

全品10バーツで、もち米は5バーツ、沢山買うと生野菜がサービスでたっぷりついてきます。(生野菜はもう一度洗ってから食べた方がいいです)


串を2本、もち米1袋買えば25バーツ。野菜もついて、健康的な食事が1食、かなり安くあがります。


串焼きは黙って好きなのをつまんで、おやじの方に差し出せば炭火で焼いてくれます。

もち米は1袋なら

「カオニヤオ ヌンクロン」ข้าวเหนียว หนึ่งกล่อง

と言います。

串焼きは焼いたあと、甘辛いタレにどっぷりつけるので、タレがいらないときは

「ナムチム マイアオ」น้ำจิ้มไม่เอา

と言います。

お金を渡すと大きな声で

「コープクン クラップ!」

と言ってくれます。


串焼きは観光客の多い場所では20バーツで売っている店もあるし、生野菜は普通ついてこないので、ここはかなり良心的な店です。

昼間はロビンソンの裏の路地でやっていて、ロビンソンの店員がよく買いにきます。横で立ち食いして、野菜はタダだから勝手に取って食べています。

暇そうなときにいろいろ話を聞きました。

この仕事を16年やっていて、薄利多売の正直者だと自慢します。スリンに妻子を置いて出稼ぎに来ているそうです。

一人でやっていて、朝は仕込みで忙しくて食事の時間もないので、夕方店を開いてから、客のいないときに食事をしています。それもご飯に唐辛子ペーストをかけただけの簡単なものでした。

「妻子に仕送りしないといけないからね」

夜中1時に店じまいして、自転車屋台をこいで帰る途中に明日の仕入れをしていくと帰宅は3,4時。

場所代は1ヶ月400バーツで、バンコク都に払っていると言っていました。ショバを仕切る親玉のようなのはいないようです。

顔はこわいですが、口ぐせが
「スウスウ」สู้ๆ(頑張るぞ)
貧乏暇なしで頑張っているおやじです。



面白かったらクリックお願いします。
にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
1年以上
タイに送金する方法は銀行送金が一番確実ですが、遅いです。

一度ゆうちょ銀行から相手のタイの銀行口座宛に送ったとき、着金まで1週間以上かかりました。手数料は、送金額10万円台で2500円でした。

インターネットの時代なのに、旧態依然として日数がかかるのは、銀行の怠慢ではないでしょうか。

銀行の怠慢といえば、いまだに15時閉店というのも旧態依然ですね。
帳簿合わせのためといいますが、昔の算盤の時代ならともかく、今はコンピューターがあるんだから時間は短縮できる筈。顧客サービスは昔から一歩も進んでいないということです。


それはともかく、もっと速い送金方法はないかと探していたら、インターネットを使った新しい送金会社ができていました。

SBIレミットという会社で、即日相手に届くというので、早速登録して、やってみました。

あらかじめSBIレミットに口座を作っておく必要がありますが、送金自体はインターネットを通すので数時間(数日間でなく)で届きました。

為替も含めた手数料は、送金額10万円以下で2000円程度でした。銀行送金と大差ありません。

ただし相手の銀行口座に届くのではなく、SBIレミットの代理店(主に銀行)に届くので、受取人が取りに行く必要があります。身分証を見せて、送金番号と金額を言えば、現金で渡してくれます。

登録はこちら↓



ためになったらクリックお願いします。
にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村

タイ語でお邪魔しタイランド

作者:Prakit

タイ語でお邪魔しタイランド

タイ人の迷惑かえりみず、ヘタなタイ語でお邪魔して回る日々のあれこれ。 タイドラマの他、タイ語・イサーン語の勉強、タイでの面白体験、タイ音楽、タイ人観察、タイのホテルなど、タイ全般です。

7日 49 総合 1042 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Prakitさん新着記事



過去記事

Prakitさんへの新着コメント




バンコクブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 日本の家庭料理のお店「31」
2位 妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)
3位 Cotanのバンコクお弁当宅配日記 Fromバンコク日本語予約センター"Haruka"
4位 【SAKU-Trading 】営業3課
5位 タイ仕入れ 【SAKU TRADING】  バンコクチェンマイ仕入れ完全サポート
6位 タイ仕入 サポート バンコクより 最新市場情報をお届けします。
7位 タイ・チェンマイ仕入れサポート 【SAKU-TRADING Co.,Ltd.】
8位 バンコク送迎日本語予約センター”HARUKA”


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バンコクでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録