Welcome!

タイの不動産、観光、起業、生活情報ブログ

1年以上

タイ移住計画~生活費、仕事、費用、ビザ、条件、老後、物価~

 

タイに移住するにあたり、タイ移住情報を集める事はとても大切です。
老後の年金生活にタイを考える方も増えています。当ブログでは生活費や仕事、各費用、ビザ、移住の条件などなど記載致します。

 

もくじ~海外で一人で生活する為の情報~


1.タイの物価、バーツ、生活水準
2.タイに移住に必要な各費用、生活費
3.タイ移住計画。ロングステイ(長期滞在)計画
4.タイ移住の為のビザ各種
5.タイ移住のための条件とは
6.その他タイ移住情報、生活情報
7.海外移住先としてのタイ
8.タイ移住日記
9.年金生活。老後の生活を意識したタイ移住
10、タイで生活する上でのトラブル事例
11.タイでの生活ブログ、タイの生活ブログ一覧

オリジナル記事

タイ移住計画~生活費、仕事、費用、ビザ、条件、老後、物価~na-yoo.com


1.タイの物価、バーツ、生活水準。日本との物価比較


日本からタイ移住を考える人にとって、まずタイの物価を話す上で、バーツと円の為替の影響や、どのような生活水準を送りたいのかで
まったく話す内容が変わってしまうので、ケースバイケースで事例を挙げていきたいと思う。

まずは簡潔に。

タイ大学新卒の給料:5万5千円(15000バーツ)から
日本大学新卒の給料:20万円から

タイローカルの食費:144円(40バーツ)から(バンコクの場合)
日本ローカルの食費:500円から


タイの不動産:1万8千円(5000バーツ)から・・・1K(スタジオタイプ)
日本の不動産:5万円から・・・・1Kタイプ

為替レート1バーツ3.6円で計算。


2.タイに移住に必要な各費用、生活費


家賃や電気代、水道代等の光熱費。通信費用。食費。交通費。風俗、夜遊び等を記載したいと思う。

不動産(家賃、住まい、住居)について。
まずバンコクやパタヤ、シラチャにおいて、家賃はどこも都心部は日本より高いケースもでてきている。
バンコクの日本人エリア(アソーク、エカマイ間やシーロム周辺)で駅10分以内だとスタジオタイプは2万バーツからである。ただし日本の不動産との違いは、共用設備にプールやジム・フィットネスがついている。
ジムフィットネスがついていない物件の場合、1万バーツからでも物件は見つけられる。

日本人エリアから少し外れる(オンヌット以降や、MRT沿い)であれば、家賃は1万バーツからでフィットネス・ジムつき。
フィットネスやジムがなければ、5千バーツからでも見つけられるが、3万バーツ以下の物件については取り扱わない業者も多い。
ただし、3万バーツ以下でも日本と同様に、不動産業者に仲介手数料を支払えば、物件を探してくれるケースもあるので、
コンタクトをとってみよう。(格安不動産、コンドミニアムの問合せ先:fel07049@gmail.com)

電気代、電気費用について
電気代は最低2000バーツくらいはかかるケースが多いので、できる限り冷房を使わず、扇風機で凌げればお金は節約できるだろう。
1ユニットあたり、4-8バーツくらいが相場である。新築に近づく物件程、電気代は高くなるケースが多い。

水道代、水道費用について
300-600バーツくらいである。水道代についてはあまり気にする事はないだろう。ただし、水道は日本と違って綺麗、衛生的ではないケースが多いので、注意が必要だ。
ただ実際に住んでいる、生活している人にとって、普通に口をゆすぐときとかは使っている。ただし、料理をする場合、市販のものが浄水器で綺麗にした水を使うべきである。

通信費用について
携帯の通信費についてはプリペイドタイプで月額200バーツ~400バーツ程で使えるが、速度はかなり遅い上、一定容量以上使うと速度制限がかかり、大半のページが開けなくなってしまう。
家に直接インターネット回線・Wifiをつなげる場合、月700バーツ~だろう・


日本のTVを見る為の費用
1か月2500バーツ程が目安

食費について
ローカル食・・・屋台40バーツから。屋内300バーツからである。
日本食・・・・600バーツから




交通費
電車は15バーツから。タクシーは35バーツから。モーターバイクは10バーツからである。
バイクを買う場合、新車5万バーツ~、中古の場合2万バーツから購入できる。
燃料費は、確実に電車やタクシーを使うより安くなるので、危険を顧みない方は購入したほうがいいだろう。
免許は400バーツ程で取得可能だ。ただし、3か月以上の契約書をもって、居住者証明を取得しなければならない。


風俗
外国人向けは2000バーツから。
ローカル人向けは最安値300バーツから。(おすすめはできない。)

夜遊び等
クラブやディスコは500バーツ程で、入場とドリンクがついている場所が多い

生活費
ローカルの屋台のご飯が食べられ、ローカルの不動産に住めるのであれば、15000バーツ程から生活はできる。
プールやジムフィットネスのついている比較的日本人エリアに住んで、日本食をたくさん食べるのであれば、4万バーツくらいは必要だろう・


3.タイ移住計画。ロングステイ(長期滞在)計画


私はまずは、タイに1か月程住んでみて、実際のでどのくらいの基準・生活レベルで住めるか試してみるのがいいと思います。
1か月程であれば、ノービサ入国でも問題ないため、気軽に来れるだろう。ただし帰りのチケットは用意しておかないと、時期によっては入国できない。
入国できなかった場合、あきまめてその場でEチケットをゲットしよう。
サービスアパートメントにおいては1か月程の短期滞在(Monthly,Weekly,Diary)に対応している場所も多い。
但し、1年契約よりは滞在費が割高になるケースが多いので、覚えておいたほうがいい。


タイ旅行が人気の理由(魅力)の1つして、タイ料理はちゃんと選べば、安くて美味しいものが多く、これがポイントで移住を決める人も多い。
日本では外食すると費用が高く(割高に)なるが、タイの場合は自炊するより安く済むケースが多く。料理をしたくない人にとっては住みやすいだろう。


4.タイ移住の為のビザ各種


①ノービザ(NO VISA)/ ビザなし入国(入国ビザ免除)
②トランジットビザ(TRANSIT VISA)
③ツーリストビザ(TOURIST VISA)
④ノンイミグラントビザ(NON-IMMIGRANT VISA)/ 短期
⑤ロングステイビザ(LONGSTAY VISA)=ノンイミグラントビザ O/ 長期
⑥永住ビザ(IMMIGRANT VISA)
ビザの詳細についてまだ別途

5.タイ移住のための条件とは


これに関してはタイの場合はほぼないと言えるだろう。
タイは現地の生活もできるし、日本人がたくさんいる為、日本語しか話せなくても生活できるくらい日本語が通じる場所が多い。ただ食事に関しては、辛いものが多い為、辛ものが食べられる気質のほうが住みやすい。しかし、辛くなくて美味しい料理も多い為、そこはあまり気にしなくていいだろう。

6.その他タイ移住情報、生活情報


タイでは月10万円以上の収入があれば、一般的(大多数)のタイ人から見れば、富裕層にあたる。
タイ人の場合、2万バーツもあれば生活できるが、3万バーツあれば、月に1万バーツの直近ができ、
郊外のスタジオタイプや1LDKの不動産が買えてしまう。
タイに長期滞在を決めた場合は、将来値上がりの可能性も考えて、不動産は買ってみたほうがいいだろう。
某データによると、ここ10年でタイの地価は5.6倍も上昇しているそうだ。
→相談はこちらまで fel07049@na-yoo.com

男性の移住者で彼女を作りたい場合は注意が必要である。
やはりタイ人は日本人とデートに行く場合、お金は当然払ってくれるものだと思っている上、
デート先でタイのローカル屋台という選択肢はなくなるだろう。
日本食レストランに行けば、一人1000バーツ。二人で2000バーツは軽く超えると思うので、
支出の管理はしっかり行ったほうがよい。


7.海外移住先としてのタイ


タイを東南アジアの国々と比較して移住先として見た場合、私が圧倒的に感じるのは、
街中にいる物乞いの少なさだ。フィリピンやベトナムにいる場合、道をあるくとかなりの高確率で物乞いにあうが、
タイの場合、バンコク、シラチャ、パタヤにおいても逆に物乞いに会う事はほとんどない。
生活レベルがほかの国とそれほど大差はないはずなので、恐らく文化的に少なくなるような気質なのかもしれない。


8.タイ移住日記


私の場合、在タイ歴がやっと一年になったくらいだが、最初の頃ほぼ5万バーツで生活していたのが、2か月毎に5000バーツ程減っていき、
今では20000バーツ程で生活している。

9.年金生活。老後の生活を意識したタイ移住


やはり生活費の大半を占める食費と住宅費を考えた場合、タイで老後を過ごすという事はまだまだ魅力的かもしれない。
バンコクは物価がどんどん挙がっているが、パタヤの場合、平屋の一軒家でさえ、月2万バーツ(購入だと200万バーツ程)で住めてしまう。


10、タイで生活する上でのトラブル事例


特に不動産関係のトラブルは多い、電気が止まった、TVが見れない、デポジットがかえってこない等だ。


11.タイでの生活ブログ、タイの生活ブログ一部抜粋

 

 居酒屋たまご草々
http://suk57tamago.blog54.fc2.com/

バンコク竹亭日記
http://plaza.rakuten.co.jp/taketei/

いまだ旅の途中
http://bangkokpattaya.blog25.fc2.com/

バンコクジジイのたわ言
http://ameblo.jp/bangkokoyaji/

 

1年以上

タイ入国手続きの際に気をつけなければならない事は沢山あります。出入国カードの書き方、入国審査、入国拒否、入国管理局員、パスポートの残存期間、入国書類など これを見れば一発解決。

タイで最も到着先として多いのはドンムアン空港かスワンナプーム空港だと思いますが、今回はスワンナプーム国際空港を例にして入国と出国について説明します。

オリジナル記事

タイ入国手続き~出入国カードの書き方、入国審査、入国拒否、入国書類、ビザ情報等na-yoo.com

入国の流れ・入国手続きについて

①到着(降機)
②ターミナル(連絡バスに取り換えてターミナルに移動する場合もある)
③案内の看板に従って入国審査場(Immigration)
④タイ人用(Thai Passport)と外国人用(Foreign Passport)があり、当然、外国人用へ
⑤カウンターの係官にパスポートと記入済みの出入国カードを提示。切り離された出国カードとパスポートを受け取り。
⑥ 荷物の受け取り。看板の「Baggage Claim」を目印に進み、該当ベストで流れてきた自分の荷物を受け取ります。
⑦ 税関。税関への申告がある方は赤ゲートへ、ない方は緑のゲートを通過します。
⑧ 出口。エアポートリムジンサービス、両替所、ツアー会社、携帯電話レンタル会社など、旅行者向けのサービスカウンターや、
インフォメーションカウンターもあるので、困った時はここで相談してみましょう。

 

飛行機到着から入国までをご案内

飛行機到着
スワンナプーム空港は、ターミナルは1つで国内線・国際線共用です。コンコースはA~Gの7つあり、国際線の場合はC~Gとなっております。
到着したら矢印が指し示すように、飛行機→コンコース→イミグレーションと移動しましょう。
途中必要あれば、イミグレーションまでに24時間営業の両替所もあります。(ただしレートがよくないので、ここでは最低限の両替をおすすめします。)

バンコク市内での好レート両替所は以下を参照してください。
http://jpy-thb.com/


出入国カードとは?


入国及び、出国の際に必要なカードです。基本的に、出入国の際に必要となるのはパスポートと出入国カードです。
日本国籍の方が観光目的で短期入国する場合の条件との事です。
タイ国籍になれば必要ないのかもしれません。ビザやパスポートなど入国情報は予告なく変更されることがある為、常に大使館、領事館または旅行会社で最新情報を確認すべきでしょう。

入国審査カウンターでは、出入国カードをパスポートに挟んで提出します。2枚はつながった状態で提出します。
記入は全て英語・ローマ字です。※書式は予告なく変更される場合があります。

 

入国審査時の注意点2つ


①入国審査終了後はパスポートと出国用のカードがちゃんとあるか確認しましょう。
切り離された出国カードは返却されなければなりません。恐らく、ホチキスでパスポートに付けてくれているはずです。
紛失した場合は帰国(出国)手続に時間がかかる場合があるので、注意しましょう。
②パスポートに入国のスタンプが押されますが、スタンプの日付など押されたものはしっかりと確認しておきましょう。
度々スタンプの押し忘れや、日付間違いがあると聞いています。私も出国のスタンプを押し忘れされた経験があり、入国時に大変苦労しました。
最悪の場合、不法入国とみなされ罰金が科されます。さらに状況によっては,当局に身柄を拘束される可能性もあります。


通常はタイ到着前に機内で(配布)渡されます。到着前、着陸体制前に必要事項を機内で記入しておく事をお勧めします。
入国カードの裏面に関しては書かなくても入国できます。(入国管理局員次第かもしれませんが、)
日本の旅行代理店より出入国カードをもらった場合も事前に書いておきましょう。

機内で配布されなかった場合、客室乗務員に尋ねてください。もしくは、イミグレーションの係員(職員)にその旨を話し、カードをもらいます。
記入に関しては、↓のほうに記載してあります。誤記した場合、書き直す必要もあるかと思うので、余分にもらっておきましょう(笑)。
なお、この用紙はコンピューターで読み込みますので、訂正はできません。

※2005年に新しい入出国カードに変更されたそうなので、長期間来泰されていない方は再度、記入方法を確認したほうがいいでしょう。

 

◆入国審査


入国審査をするイミグレーション(パスポートコントロール)は全部で3ヶ所あります。コンコース通路には、到着便の案内の電光掲示板があるのでまずは自分の乗ってきた飛行機をチェックしましょう。
ちなみにイミグレーション付近は撮影禁止です。
便名を見つけたらその横のベルト(BELT)という表示に注目し、自分の荷物が何番のベルトから出てくるのかを確認してください。
この案内に従って荷物が出てくる番号に一番近いイミグレーションのカウンターを利用すればいいのです。
ただし、3ヶ所あるイミグレーションの混み具合は状況により異なります。あまりに混雑していると感じたら残りの2ヶ所をチェックするのも賢い方法。


タイ入国カードは記載必須です。記載がないと、入国審査(イミグレーション)を通過できません。
入国カード未記入のままイミグレーションに行っても、記入後に記入後にまた来るように言われる為、せっかく長い列を待っていても、
再度一番後ろに並ばなくてはいけなくなってしまうので、注意しましょう。

入国審査でパスポートと出入国カード、帰りの航空券を提示し、入国スタンプを押してもらいます。
この際、帰りの航空券を持っていない場合、取得予定と伝えましょう。
ただし、時期によっては帰りのチケットを持っていない場合、入国できない事があるため、
チケット入手しておきましょう。実際に知人が入国拒否されたケースがあります。
ここで質問もされますが、基本的には難しい質問をされることはありません。

 

入国審査時のパスポート残存有効期限


国際規定により、入国時に有効期限が6カ月以上あるパスポート(残存期間が6ヵ月以上)でなければ、入国できない為、こちらも注意しましょう。入国拒否にあう可能性があります。
また最初にタイへ入国した月から6ヶ月以内の合計滞在期間は90日以内と定められています。
それ以上滞在する場合、ビジネスビザ・ノンイミグラントビザやOビザ等の取得が必要となり、90日レポートの提出も必須となります。


入国拒否にあるケースは以下のケースです。


入国審査におけるトラブル・審査官に対する暴言
出入国印の押印漏れ
不法入国による身柄拘束
損傷パスポートによる入国拒否
タバコ等の持ち込み・タバコ法違反など


ビザについて。ビザの発給(観光ビザ?ビジネスビザ?ノービザ?)


観光で31日以上滞在するには、観光ビザが必要です。事前に大使館または領事館に申請すれば、60日以内の滞在許可がとれますが、
ノービザ(ビザ無し入国)の場合でもタイ入国後30日間(29泊30日)以内であれば、滞在許可がでます。
基本的には、往復の航空券又は他国へ出国する航空券等を所持している事が条件です。
日本人の無査証で入国の場合は、空路が30日、陸路は1回15日間までの滞在が許可されます。
ただし、継続的な出入国の繰り返しを行っている長期滞在の外国人については、無査証での入国が認められない(入国拒否される)場合がありますのでご注意ください。

 

経過後、入国管理事務所に出向けば、さらに30日の滞在が可能。

30日以上の滞在を予定されている方や、観光目的以外で入国される方は事前にタイ王国大使館や領事館でビザを取得する事をお勧めします。

 


◆荷物受け取り
イミグレーションを抜けると、ベルト案内の電光掲示板があり、該当番号の預け荷物の受け取り場所に向かってください。
ベルトは1番から23番まであり、国内線が1から6番を使っているので、国際線は7番から23番までを使用します。タイで不吉な数字とされている13番のベルトは存在しません。

 

◆税関・出口
税関は国際線到着出口Bもしくは国際線出口Cに通じる税関があるので、待ち合わせしている場合は注意が必要です。
待ち合わせがない場合は荷物のベルトに近い方の税関をでるとよいでしょう。

税関に事前に申告する必要のある人は赤のブースへ行ってください。申告する必要がない人は緑のブースから出ますが、
稀にバッグ類の中身を検査される事もあります。
たばこ200本以内、葉巻・刻みたばこ 250g以下、アルコール類1リットル以下に関しては持ち込み税が免除されます。
タバコに関しては、タイでは特に厳しくチェックされる為、税関を抜けた後もチェックされる可能性があるので、注意が必要です。

◆市内へ
市内へは、エアポートバス・リムジン・タクシー・公共バスなどが利用可能です。急いでなければ、ぼったくられる心配もない、安くて確実なエアポートレイルリンクを使ってみるのもいいかもしれません。
http://na-yoo.com/jp/blog/38
http://na-yoo.com/jp/blog/87

 


出国の流れ・出国手続き


① 2時間前到着
②4階の航空会社のカウンターでチェックイン
③手荷物検査
⑤出国審査(イミグレーション)
⑤免税店や飲食店で出発時刻まで買い物等
⑥出発


チェックイン


フライトの2時間前には空港に到着するよう行動し、国際線と国内線出発ロビーのある4階へ行きましょう。
電光掲示板で利用する航空会社のカウンター(A~W)を確認した後、該当するチェックインカウンターで手続きをします。
到着後はすみやかにチェックインカウンターでのチェックインください。タイ航空の場合、ネットの事前チェックインが便利です。

運が悪ければ、ツアー団体と遭遇し、待ち時間がかかる事もあります。※空港バス停は4階ロビー

カウンターでパスポートと飛行機のチケットを渡して、搭乗券を受け取ってください。
搭乗場所と搭乗開始時間を教えてくれますが、ここはしっかりと確認して下さい(搭乗券にも記載済)。ここで、機内預け荷物も渡してください。


チェックイン後、出国手続き前に


空港内の3階のカフェやレストラン街に行ってみる事をオススメします。24時間営業している店もあるので、ここで時間をつぶしたり、マッサージ也を利用してみてはいかがでしょうか?
24時間営業のレストランやカフェが多く入っていますので、選択肢も豊富です。また、マッサージ屋も入っていますので1人の時はこちらを利用してもいいかもしれません。

 

 

手荷物検査・機内持ち込み制限、機内持ち込み手荷物について

チェックインが完了後は手荷物検査場へ進みます。混雑しやすく、時間がかかる場合もあるので、早めの行動が必要です。
携帯電話やPCなど精密機器類はバッグから出して、検査してください。
既定範囲外のペットボトル、化粧品などその他の液体物は持ち込み禁止もしくは、100ml以下の小さな容器に移し、まとめて透明な袋に入れてください。
テロ対策で規制が厳しくなっている為、事前に確認したほうがいいでしょう。
ペットボトル等は中に入ってから購入しましょう。中で買ったものは機内持ち込み可能です。

※2008年10月15日より国土交通省と定期航空協会により、保安検査場における機内持ち込み制限品の取扱いが変更になっているそうです。
該当する荷物・物品をお持ちの場合は、スーツケースに入れるか、廃棄しなければなりません。

 

出国手続き


イミグレーション前のゲートで、パスポートと搭乗券を提示し、中に入ってください。
※2007年からは、空港使用料が航空券に含まれるようになったので、ここで支払う必要はなくなっています。

 

 

 出国審査(イミグレーション)


出国審査外国人用出国審査カウンターで係官にパスポートと出国カード、搭乗券を提示してください。
その際、入国時にパスポートに付けてもらった出国カードが回収されます。
パスポートコントロールで出国のスタンプをパスポートに押印してもらった事は必ず確認してください。

その後、手荷物検査係官にパスポートと搭乗券を提示し、手荷物検査とボディチェックを受けます。身に付けている金属類は外してトレイに入れてください。


免税店・飲食店


出国審査エリアを抜けると、巨大なオブジェがあります。これはヒンドゥー教の天地創造神話「乳海かくはん」を描いたものらしく、幅が30m、高さが5メートル程ある模様。
4階のイミグレーションを抜けた先に、多くの免税店やお土産屋が並んでいます。滞在時にお土産やお買い物が出来なかった場合、ここで購入しましょう。
有名ブランド製品、タイシルク・タイ雑貨、レストランやカフェも数多くあり、お土産は豊富に揃っていますので、ご安心ください。
バンコク市内で買った免税品の受け取りもここでできる場所があるので、ご注意ください。


出国・飛行機搭乗


買い物後は、チケット記載の搭乗口に向かってください。
搭乗ゲートに到着後は搭乗案内アナウンスを待ってください。通常フライトの30分程前にアナウンスが流れますが、
聞き逃す事が多いので、早めに着いているようにしましょう。
案内後は、カウンターでチケットとパスポートを職員に提示し、機内に乗り込みます。

 

 

フライト時間について。日本からバンコクへの直行便

 

成田空港からバンコク間は、約6時間~8時間程の飛行時間です。東京の羽田や成田、関西、中部、福岡の各空港からは毎日直行便が運航しています。


直行便・経由便


そのほかに、上記の各空港からはプーケット、東京からはチェンマイとバンコク経由便が運航しています。

 


< 出入国カードの書き方>

 

タイ入国カード(ARRIVAL CARD)の書き方


1:    姓
2:    名、ミドルネーム
3:    国籍
4:    パスポート・ナンバー/旅券番号
5:    性別(男性:Male/女性:Female)
6:    生年月日(日・月・年/西暦)
7:    ビザ所有者はビザ番号
8:    タイ入国時の搭乗便名(JL717など)
9:    タイでの住所(ホテル名)
10:    旅券と同一の署名/サイン

※お客さまご自身でご記入ください


1:    搭乗便のタイプ(Charterチャーター便/Schedule定期便)
2:    タイへは初めてのご旅行ですか?
3:    団体旅行ですか?(はい/いいえ)
4:    タイ滞在時の宿泊施設【該当欄にチェック】(Accommodation)
(ホテル/友人宅/ユースホステル/アパート/ゲストハウス/その他)
5:    タイ渡航目的【該当欄にチェック】(Purpose of visit)
(休暇/会議/商用/招待旅行/教育/大会/雇用/展覧会/乗り継ぎ/その他)
6:    年収
(20,000USドル以下/20,000~40,000USドル/40,001~60,000USドル/60,001~80,000USドル/80,001USドル以上/収入なし)
7:    職業(英語で記入)
8:    居住している市/州、都道府県、現住所の都市と国(City/State : Tokyo, Country : Japan) 
9:    居住地(国)(From/Poet of embarkation) 
10:    入国時の搭乗地(タイに向けて出発した都市)
11:    タイ出国後の次の目的地(タイから出国して到着する都市)(Next city/Port of disembarkation) 

 

タイ入国カード(ARRIVAL CARD)の書き方はここまでです。
次は、出国カードの書き方になります。(DEPARTURE CARD)


タイ出国カード(DEPARTURE CARD)の書き方


1:    姓(Family name)
2:    名、ミドルネーム(Middle name)
3:    生年月日(日・月・年/西暦)
4:    性別(男性:Male/女性:Female)
5:    国籍(Nationality)
6:    パスポート・ナンバー/旅券番号
7:    タイ出国時の搭乗便名
8:    旅券/パスポートと同一の署名

タイ出国カード(DEPARTURE CARD)は裏面はありません。
※情報は予告なく変更される為、重要事項については事前に関係機関にお問い合わせしておいてください。


職業記入例(英語)


会社員:OFFICE CLERK、OFFICE WORKER、COMPANY EMPLOYEE
会社役員:EXECUTIVE OF BUSINESS FIRM
会社社長:PRESIDENT OF BUSINESS FIRM
個人経営者:PROPRIETOR
国家公務員:GOVERNMENT OFFICIAL
地方公務員:LOCAL GOVERNMENT OFFICIAL
団体役員 : EXECUTIVE OF ASSOCIATION
団体職員:STAFF MEMBER OF ASSOCIATION
農業従事者:FARMER
漁師従事者:FISHERMAN
医師:DOCTOR
看護師:NURSE
技師:ENGINEER
教師:TEACHER
学生:STUDENT
主婦:HOUSEWIFE
無職:NONE
弁護士 : LAWYER

 

チェックイン・カウンター


※カッコ内はIATA(国際航空運輸協会)の航空会社コード 
A タイ航空(TG)国際線エコノミークラス A タイ航空(TG)国際線ファーストクラス 
B タイ航空(TG)国際線ロイヤルシルク会員 
C タイ航空(TG)国内線 
D PBエアー(9Q)/エアアジア(AK)/タイ・エアアジア(FD)
E タイ・エアアジア(FD)/エアアジア(AK) 
F バンコク・エアウェイズ(PG) 
G ガルーダ・インドネシア航空(GA)/スイス国際航空(LX)/オーストリア航空(OS)/ガルフ航空(GF)/ルフトハンザ航空(LH)
H タイ国際航空(TG)国際線エコノミークラス 
J タイ国際航空(TG)国際線エコノミークラス 
K シンガポール航空(SQ)/スカンジナビア航空(SK) 
L 全日空(NH)/ユナイテッド航空(UA)/アシアナ航空(OZ)/ジェットスター・アジア(3K)/ベトナム(VN)/LTUエアウェイズ(LT) 
M キャセイパシフィック航空(CX)/大韓航空(KE)/パキスタン航空(PK)/マレーシア航空(MH) 
N ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)/カンタス航空(QF)/ノースウエスト航空(NW)/ケニア航空(KQ)/マハン・エアー(W5)/トルクメニスタン航空 
P エアインディア(AI)/エールフランス(AF)/KLMオランダ航空(KL)/アエロフロート・ロシア航空(SU)
Q エジプト航空(MS)/エティハド航空(EY)/マダガスカル航空(MD)/カタールエアウェイズ(QR) /エチオピア航空(ET)
R 日本航空(JL)/エバー航空(BR)/ラオス航空(QV)/クウェート航空(KU) 
S フィンランド航空(AY)/チャイナエアライン(CI)/ロイヤル・ヨルダン航空(RJ)/エアーマカオ(NX) 
T ロイヤルブルネイ航空(BI)/エミレーツ航空(EK)/フィリピン航空(PR)/スリランカ航空(UL) 
U 中国南方航空(CZ)/エアーチャイナ(CA)/中国東方航空(MU)/トルコ航空(TK) 
W ビーマン・バングラデシュ航空(BG)/イスラエル航空(LY)/インディアン航空(IC)/ドゥルック・エアー(KB)/ロイヤルネパール航空(RA)/ウズベキスタン航空(HY)

 

税関申告書・税関審査について


2009年4月24日現在、タイ入国前の税関申告書は配布されておりません。
関税がかかる可能性があると思ったら、赤い看板側の「Goods to declare」の出口で直接現地の税関職員に確認ください。

 

スワンナプーム国際空港について


タイ、バンコクのスワンナプーム国際空港。意味は「黄金の土地」。
バンコク中心部より東へ約30kmに位置しており、、旅客ターミナルビルの総床面積訳56万㎡。ドンムアン空港の5倍、成田国際空港の約3倍もあり、世界トップクラスの広さを誇ります。

1年以上

タイ・パタヤの日系不動産仲介会社(不動産屋)公開!

現時点で把握できているのはたった5社!!

先日のバンコクの日系不動産仲介会社(不動産屋)57社とは違い、
まだまだ日系のマーケットは少ないものと思われます。

ご相談頂いた場合、あなたにぴったりの不動産会社を紹介します!
コンサル無料、お気軽にご連絡ください。na-yoo@na-yoo.com (095-093-8257)

タイ・パタヤの日系不動産仲介会社(不動産屋)公開! 現時点で把握できているのはたった5社!!na-yoo.com

 

【弊社提携掲載おすすめ不動産仲介会社(不動産屋)】
1.パタヤ不動産Pattaya Longstay Support Co.,Ltd.
392/68 Moo 9, Nongprue, Banglamung, Chonburi 20150
+66-(0)38-374-632
info@pattayalongstaysupport.com
パタヤ不動産
http://pattayafudousan.com/
パタヤロングステイの勧め
http://pattayalongstaysupport.com/
MRSタクシー
http://taxi.pattayalongstaysupport.com/

 

2.パタヤ・アン・リアルエステートサービスPattaya An Real Estate Service
+66-(0)96-280-2204 日本人直通
Auncy@yahoo.com


【不動産仲介会社リスト】
3.パタヤナビツアーPattaya Navi Tour(Technical Auto co.,ltd)
250/1 Moo9 Pattaya 3Road Nongprue Banglamung Chonburi 20150
038-413-923
http://www.pattayanavitour.net/

4.オールパタヤ不動産ALLPATTAYA CO.,LTD.
382/30 moo9 banglamung chonburi20150
038-429-610
http://all-pattaya.com/

5.しんちゃんツアーSHINCHAN TOUR CO.,LTD.
Perfect Mantion 171/14,Moo 6, Soi North pattaya 7,Banlamung, Chonburi 20150
038-421386
http://www.pattayacondo-shinchantour.com/
※オフィスの実在は確認済だが、日本人の方にはまだ会えていない。

 

 

タイ・パタヤの不動産は
バンコクと違い外資による影響が大きい。

現在パタヤを中心に急成長しているディベロッパーの中には、
スタッフの国籍のタイ人比率が20%程の会社も存在している。

もちろんロシア人、ドイツ人、イスラエル人、アメリカ人、イギリス人など、営業活動してみると、
本当に様々な国籍の方と話をする機会が非常に多く、刺激的な環境である。

先日の”なんと総数57社!!バンコクの日系不動産会社を全て公開”
http://na-yoo.com/en/blog/11

にて記載した高速鉄道の駅(高速道路の入り口?)がジョムティエンビーチJomtienBeachという場所にできるという噂も
あり、さらにコンドミニアムの建設ラッシュが続いている。

1bed,20-40sqmの部屋が200万タイバーツ前後で買えるという低価格感、お手頃感は見ていてしびれるだろう。

物件によっては、敷地面積の半分以上を占めるようなプールに加え、
フィットレス、レストラン、クリーニング店、美容店など、生活に必要なすべての設備を1つのプロジェクト内に
納めている物件も
あり、今後のわくわく感はいなめない。

こちらに関しては住んで良し、貸して良しの物件だろう。
外国人投資家にとってはちょっとしたバカンス用の住居として、
利回りのよい投資物件(投資不動産)として物件を購入される方は多い。
バンコクと違って、今でも表面利回りが8-15%と非常に高い物件が多い事も魅力の1つだろう。

もちろん街中で多く見るコンドミニアムの情報はもちろんだが、
綺麗に区画整理された外国人向けのヴィレッジは居住用には最適だ。
外堀はしっかりと塀に囲まれており、入り口には24時間の警備員が付いている物件がほとんどである。
パタヤは当然、バンコクと違い、もっと最近になって開発されてきている為、
広大な土地があり、プール付、平屋、敷地面積が200sqm程あるような家も沢山存在する。

 
今後のパタヤの不動産産業もバンコクの不動産産業以上に注目度が高いかもしれない。

1年以上

タイ・バンコクの不動産仲介会社(不動産屋)一覧ついに公開!
なんと総数57社!!

タイでの慣れない生活をしっかりサポートしれくれる事間違いなし。

弊社で全ての会社様を調査済!1社1社回っておりそれぞれの会社様の得意のする分野を把握致しました!
(→こちらは今後、少しずつ詳細情報公開していきます。)

ご相談頂いた場合、あなたにぴったりの不動産会社を紹介します!

オリジナル記事

なんと総数57社!!バンコクの日系不動産会社を全て公開na-yoo.com


【弊社提携掲載、おすすめ不動産仲介会社(不動産屋)】
1.ラ・アトレアジア(タイ)L'attrait Asia(Thailand)Co.,Ltd.
2 Jasmine building, sukhumvit 23
02-612-7321
http://lattrait.asia/

 

2.タカラホームTAKARA REAL ESTATE Co.,Ltd.
111, 3rd Floor, Soi Thonglor 5, Sukhumvit 55, Klongton-Nua Wattana, Bangkok 10110
02-712-7676
http://takarabkk.com

 

3.あぱまん情報 T.W.Y Co.,Ltd.
10th Fl. Serm-mit Tower 159 Sukhumvit 21 Rd., North-Klongtoey, Wattana, Bangkok, 10110
0-2260-8668 japanese日本人直通081-171-3678
http://www.apamanbkk.com

 

4.NY不動産NY.Prospect Co.,Ltd.
466/31 G.P.House Sathorn Building, Room 3C, Soi Suanplu, Thungmahamek, Sathorn, Bangkok 10120
02-286-1258 japanese日本人直通098-331-9075
http://www.ny-prospect.com/

 

5.アーバンランド エージェントURBANLAND AGENT CO., LTD.
Level18, Suite No.1831W, Park Ventures Ecoplex, 57 Wireless Road, Lumpini,Bangkok
02-656-7797 japanese日本人直通085-228-3151
http://urbanland.co.th/

 

6.D4U不動産 Dee For You Co.,Ltd.(旧バンコク不動産)
Terminal building, sukhumvit 24
02-721-7425 japanese日本人直通081-104-1313
99/22 Soi On-Nut 74/3-1, On-Nut Road. Prawet, Prawet 10250
www.d4uproperty.com

 

7.アパマンショップApamanshop(thailand) Co.,Ltd.
Head Office:106 Soi Sukhumvit 49.,Sukhumvit Rd.,Klongton-Nua,Wattana,Bangkok 10110
0-2261-1600
Branch Asok:2 Jasmine Bldg, Sukhumvit23
02-612-7319
www.apamanshop-bangkok.com

 

8.バンコク賃貸ドットコムMelmo Group Co.,Ltd.
2/17-2/19 Terminal Building 5th Floor, Sukhumvit 24 Road, Klongton, Klongtoey, Bangkok 10110 Thailand
japanese日本人直通080-778-0050
http://bangkok-chintai.blog.jp/
http://bangkok-chintai.com/

 

9.バンコクライフサポートBangkok Life Support Co.,Ltd.
24,26,28,30 Surawong Rd., Bangrak , Bangkok 10500
02-637-0119
www.bkk-life.com

 

10.プロンポン不動産Phrom phong real estate
Ellsie Boutique Mall B15, 595/22 , Sukhumvit 33/1, Khlongtan-Nuea, Wattana, Bangkok 10110
02-259-3029  japanese日本人直通 080-049-6450
www.phromphong.com

 

11.AAP Capital Co.,Ltd.
1 Glas Haus Building, 12th Floor, Soi Sukhumvit 25, Sukhumvit Rd., Klongtoey-Nua, Wattana, Bangkok 10110, Thailand.
02-261-8182 japanese日本人直通086-358-7298
www.aapcap.com

 

12.心友不動産Asian Business Partners(Thailand) Co.,Ltd.
51/4 Sukhumvit Soi 39, Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok 10110
0-2001-3033 japanese日本人直通083-294-5942
http://www.shinyurealestate.com/
http://asian-bp.com/

 

13.アセアンランドバンキングSRCS International Company Limited
2080, 200 Moo 4, Jasmine International Tower 22 Fl., Chaeng Wattana Rd., Pakkred, Nonthaburi 11120, THAILAND
081-8242-117
http://aseanlandbanking.com/

 

14.峯岸コーポレーションMinegishi Corporation Co.,Ltd.
283/47 HOME PLACE OFFICE Bldg.10th Fl.,Soi Sukhumvit 55 Rd (Tonglor 13) Bangkok 10110
02-712-7880
www.minegishi.co.th

 

15.石川商事Ishikawa Shoji Co.,Ltd.
7th Floor, 704-705, Yada Building, 56 Silom Road, Suriyawong, Bangrak, Bangkok 10500
02-235-2206
www.ishikawashoji.com

 

16.シグネットホームCygnet Real Estate Co.,Ltd.
209 Soi Sukhumvit 31, Sukhumvit Road, Klongton-Nua, Wattana, Bangkok 10110 Thailand
02-662-3683
www.cygnethome.com

 

17.パーフェクトランドPerfect Land Property Agent Co.,Ltd.
No. 1414/229 Sukhumvit Rd, Prakanong Klongtoey Bangkok 10110, Thailand
Horizon Mall(Ekamai), sukhumvit 63
02-714-0240 japanese日本人直通085-554-9462
www.perfectlandth.com

 

18.マイホームインフォメーションセンターMY HOME information Center(Thailand) Co.,Ltd.
90 Fifty Fifth Plaza, 4th Fl., Soi SUkhumvit 55 Sukhumvit Rd. KLong-nua, Wattana, Bangkok 10110
02-714-9547  japanese日本人直通089-927-6869
www.myhome.co.th


【不動産仲介会社(不動産屋)リスト】
19.にこにこ河邉Niko Niko Kawabe Co.,Ltd.
Room No110, Promsak Mansion, 5 Soi Promsak, Soi 39 Sukhumvit Rd., Klongton-Nua, 
02-259-0925
info@nikonikokawabe.com
http://www.nikonikokawabe.com/

 

20.紅樹Kau-ju co.,ltd.(ハスコHasuco)
10/6 Sukhumvit 39, Sukhumvit Rd. Klonton Nua, Wattana, Bangkok 10110
02-262-0305(japanese)
www.kauju.co.th

 

21.スックリビングSUK Living
891 Sukhumvit Soi 39, Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok 10110
082-222-7270
www.sukliving.com

 

22.サイアムコトブキSiam Kotobuki Co.,Ltd.
sukhumvit39
02-204-2200 japanese日本人直通0878-222-575
www.siamkotobuki.com

 

23.西村不動産Domus Real Estate Development Co.,Ltd.
10/172(2103A) Floor 21 The Trendy Building Soi Sukhumvit 13, Klongtoey-Nua, Wattanna Bangkok 10110, Thailand
02-168-7479
http://nishimurafudousan.com/

 

24.たくみホームTAKUmi Home Co.,Ltd.
118/51 Young Place #218, Soi Sukhumvit 23, Sukhumvit Rd., Klongtoey-nua, Wattana,, Bangkok 10110.
02-662-3760
info@takumihome.biz
http://www.takumihome.biz/

 

25.アイジス不動産(タイ大家Thai Ohya)Aigis International Co.,Ltd.
Interchange 21 Tower, Unit 2507 399 Sukhumvit Road, Klongtoey-Nua, Wattana, Bangkok, 10110,  Thailand
02-258-6007
info@thaiohya.com
http://thaiohya.com/about-us/

 

26.吉田不動産yoshida co.,ltd.(小林不動産)
Glas Haus Building , Room 1503 Floor 15,1 Soi Sukhumvit 25, Sukhumvit Road, Klongton-nua,Wattana, Bangkok 10110, Thailand
02-661-7711(japanese)
www.yoshida.co.th

 

27.東海林不動産MIJINOGU Co.,Ltd.
5 Promsak Mansion, Room No107, Soi Promsak, Soi 39 Sukhumvit Rd., Klongton-Nua, Wattana, Bangkok 10110.
02-662-6096
http://www.tohkairin.com/

 

28.中村不動産Nakamura International Co.,Ltd.(中村不動産勝美旅行社)
Fuji-Supermarket 3F 79 Room 302/1, Sukhumvit Soi 39, Sukhumvit Road, Klongton-Nua, Wattana,, Bangkok 10110
Thailand
02-662-2940
info@n-inter.co.th
www.n-inter.co.th

 

29.レオパレス21Leopalace21(Thailand) Co.,Ltd.
63 Athenee Tower 16th Fl.,Unit1605, Wireless Rd., Lumpini, Pathumwan, Bangkok 10330
+66-(0)2-168-8511
info@leopalace21-th.com
http://leopalace21-th.com/

 

30.ディアライフDear Life Corporation
29F, Exchange Tower, 388 Sukhumvit Rd., Klongtoey, Bangkok 10110 THAILAND
02-392-3212
info@dlife.co.jp
http://dlife.co.jp/

 

31.すずき不動産Suzuki/ Real Estate(Thailand) Co.,Ltd.
593/29-41 Soi Sukhumvit 33/1, Sukhumvit Rd.,Khlong Tan Nua,Watthana,Bangkok10110
02-259-0611
info@bangkok-suzuki.jp
http://www.bangkok-suzuki.jp/home.php

 

32.スターツインターナショナル(タイランド)STARTS International(Thailand) Co.,Ltd.
29th F1. United Center Bldg. 323 Silom Road, Silom Bangrak,Bangkok 10500 Thailand
02-630-4848
ueki@starts.co.th
http://www.starts.co.jp/thailand/

 

33.バンコク賃貸情報センターBANCHIN(THAILAND)Co.,Ltd.
2/55 Soi Sukhumvit 41 Klongton-Nua Wattana Bangkok
02-262-0889
http://banchin3.com/


34.KKSハウジングKKS.PREMIUM (THAILAND) CO., LTD.
13 Room206, Soi Naphsap2, Sukhumvit36, Klongton, Bangkok 10110
02-661-4869
http://www.kks-housing.com/

 

35.エステートバンコク
http://www.estate-bangkok.com/

 

36.ルームルームTV
http://roomroom.tv/

 

37.日本ウェルスマネジメント・タイランド
http://www.nihonwealth.com/

 

38.あいホーム
http://esjapan-th.com/


39.住みタイ アジア
http://sumithai.asia/

 

【タイ、外国系会社で日本人がいる不動産仲介会社(不動産屋)】
40.コンドバンコクレント
http://www.condobangkokrent.com/
Plus Property Co., Ltd. (プラス プロパティー株式会社)

 

41.Sense Property Group Co.,Ltd.
http://senseproperty.com/
日本人担当者あり

 

42.バンコクファインダー(BangkokFinder)Thaidox Co.,Ltd.
www.thaicondo.jp
www.bangkokfinder.com
日本人担当者あり

 

43.Z Estate Ltd.
02-643-8720
http://www.ze.co.th/ja
日本人担当者あり

 

44.NOK Inter Plus Co.,Ltd.
43/23 Sukhumvit 31 (Sawasdee) Klongtoey-Nua, Wattana, Bangkok Thailand 10110
http://www.nokinterplus.com/ja/
日本人担当者あり

 

45.Century21 Capital Livingキャピタルリビング
27 sachayan court, Soi20 Sukhumvit Rd., Klongtoey, Bangkok 10110
日本人担当者あり

 

46.住宅サービス・住宅レジデンシャルコンサルタンツ
Jutaku Estate Consultants Co.,Ltd

※例外・・・日本語の堪能なタイ人スタッフ在籍

 

47.CBRE Thailand

 

48.ジョーンズラングラサール

 

【担当者に会えていない不動産仲介会社(不動産屋)】
49.ミュージックアパートメントMabataki Co.,Ltd.
388 Exchange Tower, 29 Floor Sukhumvit Road, Klongtoey, Klongtoey, BKK, 10110.
02-104-9281
http://musicapartment.com/

 

50.TKMハウジング
6F, PetchburiBuilding, 2371 NewPetchburiRd, Bangkapi, Hauykwang, Bangkok 
http://www.tkmhousing.com/

 

51.Asia Asset Consulting Co., Ltd.
http://www.aacth.com/profile.html

 

52.バンコク賃貸センターBANGKOK CHINTAI
http://www.bangkokchintai.com/

 

53.住まいるバンコク(不動産)
https://www.facebook.com/SmilefudousanBkk

 

【工場・オフィスが強い不動産】
54.Tokyo development consultants(thailand)co.,ltd.
Floor 12A Richmond Office, 75/35 Soi Sukhumvit 26, Sukhumvit Rd., Klongton, Klongtoey, Bangkok 10110
http://www.tdc-thai.com/

 

55.プレミアムサービスタイランドPremium Service(Thailand) Co.,Ltd.
5th Floor 1108/42 Sukhumvit Rd.,Phrakhanong,Klongtoey,Bangkok 10110
http://www.pst-cl.com/

 

56.GDM (Thailand) Co.,Ltd.
57, Park Ventures Ecoplex, 12th Fl. Unit 1211,Wireless Road, Lumpini, Patumwan, Bangkok 10330
http://www.gdm-asia.com/

 

【オフィス・店舗専門】
57.CSA不動産CSA Fudosan(Thailand) Co.,Ltd.
http://global.csa-re.co.jp/

 


【不動産部があった】
桃太郎インターナショナル(桃太郎ハウス)
Momotaro International Co.,Ltd.
http://thaimomotaro.com/

 

【廃業?!】
2万バーツドットコム
http://www.20000b.com/answers/

 

ばんこく住宅情報(B.J.J.Co.,Ltd.)


プラチナハウジング(プラチナ・サービス)


楽賃株式会社

 

これだけバンコクに不動産屋があれば、どこの不動産屋が良いかは非常に悩みどころだが、

間違いなく全ての不動産をしっかりサポートしてくれるだろう。

各不動産仲介会社によって

・高価格帯住居賃貸が得意な不動産会社

・低価格帯住居賃貸が得意な不動産会社

・売買・投資に特化した不動産会社

・オフィス・店舗仲介に特化した不動産会社

 

など各会社に特徴があるのが、面白い。

タイの不動産は

コンドミニアム、アパートメント、サービスアパート、タウンハウス、一戸建住宅、オフィス、店舗、寮(ゲストハウス)、ホテル、土地、工場用地と様々な不動産種別があり、非常に面白い。

 

高速鉄道(新幹線)や高速道路、ラオスへの線路の複線化や、東西経済回廊と南北経済回廊、ASEAN10か国でアセアン経済共同体(AEC)を発足される事を考えると、タイだけでなく、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム、シンガポール、インド、フィリピン、インドネシアなど周辺国を次々と巻き込み、タイプラスワンの地位を築いていく可能性は高い。

これらの要素を踏まえ、タイには急スピートで不動産市場に外貨(投資)が入ってきている

幸いにも、タイではコンドミニアムが外国人の個人名義では購入が可能であり(外国籍法人では購入不可※BOI取得企業は例外)

投資へのハードルはかなり低いほうだ。

 

今度のタイの不動産市場は非常に注目度が高いと言えるだろう。

タイの不動産、観光、起業、生活情報ブログ

作者:TYproperty

タイの不動産、観光、起業、生活情報ブログ

タイで起業していくにあたり、お金もコネも人脈も語学力もない私が奮闘している中で得た情報を共有していきたいと思います。

7日 22 総合 419 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



TYpropertyさん新着記事

Nayooとは..
1年以上



過去記事

TYpropertyさんへの新着コメント




バンコクブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)
2位 ある日本人向け不動産屋のブログ タイ バンコクより
3位 Weekender@Bangkok
4位 タイおおざっぱ情報
5位 バンコクの日々
6位 タイランドからの便り
7位 タイ・バンコク★仕入れサポート【Saku Trading Co.,Ltd.】
8位 バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バンコクでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録