Welcome!

タイあげ↑ニュース

昨日
main

タイ初の公共交通機関共通のICカードとしてバンコクでの導入開始が期待されている「Mangmoom(メンムム)カード(スパイダーカード)」。

「Mangmoom(メンムム)」とはタイ語で「蜘蛛(クモ)」を意味するタイ語で、香港の公共交通機関や買い物で使用できる、ICチップを搭載のプリペイドカード「オクトパスカード」的な存在にしようと、将来的にタイ政府が目指していることは明白です。

この度(たび)、メンムムカードについて最終的に、当初発表されていた導入予定から遅れること14か月後の2017年10月1日からサービス開始される事が正式に発表されています。しかし、サービス開始当初は、利用できるのは一部の乗り換え駅だけで、残りの大部分の駅では使えない!という、タイでよくあるソフトオープン。。。

メンムムカードは、日本の首都圏を中心に全国の鉄道・バスで利用可能なICカード「Suica(スイカ)」「PASMO(パスモ)」同様、バンコクのBTS、MRT(地下鉄)、エアポートリンク、都バスをメンムムカード1枚で利用できる、便利なICカードと発表されていました。

しかし、導入当初の初期段階ではBTS、MRT、エアポートリンクの乗り換え駅、一部の都バスの一部でしか利用できません。

バンコクの公共交通機関共通チケットシステム導入遅延と限定的な運用開始となった原因としては、電車は午前5時から深夜まで運行しており、真夜中から午前4時まで 1日あたり約3~4時間 しか作業ができないため、9月末までに全駅での共通チケットシステムを試験するのは困難とのこと。

まずは2017年10月1日から、メンムムカードは、BTSモチット駅とMRTチャトゥチャック駅の乗り換え、BTSアソーク駅とMRTスクンビット駅の乗り換え、BTSパヤタイ駅とエアポートリンク間の接続、地下鉄MRTブルーラインと高架鉄道MRTパープルラインを結ぶMRT「Tao Poon」駅で利用可能となります。

各駅では、1~2台のメンムムカード用カードリーダー(改札)が配置されます。また、メンムムカードの公共交通機関共通チケットシステムは、約800台の都バスに順次、導入予定です。

Photo: Thai Rail News/ Facebook

4日前
名称未設定 1

5月11日まで、バンコクの隣りのパトゥムタニ県にある大型展示会場、IMPACTアリーナ・ムアントンタニで開催されていたマネーエキスポ・バンコク2017。その展示会場で来場者から一番注目を集めていたのが、サイアムコマーシャル銀行(SCB)の子会社デジタル・ベンチャーズが開発を手掛けた、タイの硬貨の入金に特化したATMです。

NjpUs24nCQKx5e1Bavqdrayran38Z8zFuMKVL0hObwt

日本の都市銀行の支店にあるATMは、数十年前から硬貨の預金に対応していましたが、タイの大手銀行のATMは、これまで硬貨の入金には対応していなかったのですね。

今回、マネーエキスポでプロトタイプの実機が展示されたATMは、もちろん、硬貨の入金ができるだけのATMではありません。同銀行の口座への入金、プリペイド携帯電話やスマホへのトップアップ(チャージ)、慈善団体への寄付、e-wallet、Line Pay、 PayPalへのチャージなども可能という、優れモノなのです。

18491635_10155336269738545_6636296142065618019_o

サイアムコマーシャル銀行は近い将来、最終版を同銀行の支店に設置する計画です。

独立心旺盛なタイ人が多く、共働きが普通のタイでは、屋台や「フードトラック」と呼ばれる屋台車両、小規模店舗、ヤクルト販売のおばちゃんなど、硬貨を扱う小規模店舗や個人販売主が多いですし、タイの子供の貯金用としても需要がありそうです。

在タイ日本人の間でも、後ろポケットに入れていた財布がタイの硬貨で重くなった結果、ズボンがズリ下がって腰パン状態になっているオジサンを見かけますので、需要がありそうですね。バンコクにあるMRT(地下鉄)の券売機では、お釣りが硬貨しか出て来ないのが理由なのでしょうか?

このATM、航空機のトイレを彷彿させるデザインなので、銀行の支店外に設置すると、中国人観光客が子供のトイレ代わりに使用しないか、少し心配ですね。

5日前
名称未設定 1

タイのタクシーと言えば、乗車拒否やボッタクリ行為、女性客へのセクハラやレイプ!など、なにかと悪い評判が多いのですが、なかには誠実なタクシー運転手もいます。

奥さんのガン治療のため、ミャンマーからバンコクを訪れたミャンマー人家族。スワンナプーム空港のタクシー乗り場からタクシーに乗って、バムルンラード病院近くのスクンビット・ソイ1で降りました。

その後しばらくして、タクシー運転手のチャリンさんは、タクシー内に落ちていた2つの赤い財布を見つけます。2つの財布の中には2,500米ドル、100英ポンド、275,000ミャンマーチャット(合計:約10万バーツ=約32万円)近い現金が入っていました。

チャリンさんは、空港からタクシーに乗った4人のミャンマー人家族のモノとだと思われる財布が車内に落ちていたと警察に連絡した後、そのミャンマー人家族を見つけるために、彼らを降ろした場所に戻りました。

チャリンさんが彼らを探していた際、空港のタクシー乗り場発行のチケットから、彼の情報を得たミャンマー人乗客から携帯電話に連絡があり、翌日、会うことに。

ミャンマー人家族のひとり・ワーレイ(Waw Lay)氏は、全額戻って来た現金の一部を、その正直なタクシー運転手に渡し、お礼を述べました。そのミャンマー人家族は、ステージ4のガンで苦しむワーレイ氏の奥さんを、バンコクの私立病院でガン治療を受けさせるために、手持ちの現金をかき集めて医療ツアーで来ていたのです。

S2 S1

スワンナプーム空港警察は、空港タクシーから降りた後も、タクシー乗り場で渡されるタクシーチケットの半券を捨てないように呼び掛けています。タイの空港も、空港で荷物や貴重品などを紛失した場合、24時間対応の電話番号(1722)を用意しています。

タクシー内で貴重品を置き忘れた日本人も、時々、正直なタクシー運転手が警察に届けて貴重品や財布が戻って来ています。最初からあきらめないで、まずは連絡してみましょう。

6日前
名称未設定 1

センセーブ運河の水上バス(運河船)上で、日本人と思われる、ガタイのいい男性が若いタイ人2人とトラブルになり、上半身裸になって暴れている動画が、タイ人の間で話題になっています。

事件が起こったのは、5月16日(火)夕方6時頃。ペッチャブリーにある運河ボートのアソーク船着場近くを進んでいる船上で、日本人(と言われている)男性が二人の若いタイ人男性と言い争いになった数分後、その一人の襟元をつかんで顔面を殴ろうとするトラブルに発展。彼らがトラブルになった原因は不明です。

周囲にいた乗客はビビッて、騒動に巻き込まれないように、彼らから距離を取って、次の船着場で降りる客も多かった模様。

問題の動画は以下のURLから視聴可能です。

https://www.facebook.com/Gunoojum/videos/1589494437759235/?hc_ref=PAGES_TIMELINE

http://news.sanook.com/2226494/

匿名で自身のフェイスブックページで、スマホで撮影した動画をアップしたタイ人女性は、若いタイ人男性二人とトラブルになり、興奮して上半身になって暴れていたのは日本人と記載しています。しかし、動画を見た印象では、中国人や韓国人の可能性もありそうです。

センセーブ運河は水が汚く、ボートから落ちて水を飲んだ場合、脳を食べる人食いバクテリアに感染して死亡するケースもあるので、周囲の乗客に迷惑をかけるような行為はやめて欲しいものです。

9日前
名称未設定 1

5月12日(金)、ラオスとの国境を有するタイ北部のピサヌローク県の市街地にあるお堀の側に、有酸素運動用のエアロバイクが10台設置されました。

市販のママチャリを改造したエアロバイクだけに、見た目はちょっとショボいものの、この自転車のペダルを漕ぐと酸素が発生し、その酸素がブイによって接続されたパイプを通って堀に流入することで、お堀のよどんだ水を浄化する効果があるのです。

ペダルを漕ぐことで酸素を生成する改造自転車は住民の健康を向上させる効果もあり、住民の協力を得て、お堀の水を浄化するために、自治体とナレスアン大学が始めた共同プロジェクトなのです。

タイの自治体は、コラート(ナコンラチャシマ県)の旧市街にあるお堀など、よどんだ水を浄化するために、お堀の数か所に小さな噴水を設置しているものの、それだけでは、お堀の水を綺麗な状態で維持するためには力不足なのだそうです。

バンコクなどの大都市と違って、娯楽の少ないピサヌローク市では、設置直後の5月14日の日曜日には物珍しさもあって、自宅からバイクで乗り付けて、エアロバイクで運動するために来ている住民もいました。

エアロバイクのペダルを漕いでいた地元のオバちゃんは「これは楽しいですし、私自身も、お堀の水の浄化に手助けできるし良いですね」と語っていました。

タイあげ↑ニュース

作者:thaiagenews

タイあげ↑ニュース

タイ・バンコクで生活する上でのタイのニュースを日本語に翻訳してご紹介しているサイトです。

7日 813 総合 72 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



thaiagenewsさん新着記事



過去記事

thaiagenewsさんへの新着コメント




バンコクブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 日本の家庭料理のお店「31」
2位 妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)
3位 【SAKU-Trading 】営業3課
4位 Cotanのバンコクお弁当宅配日記 Fromバンコク日本語予約センター"Haruka"
5位 タイ仕入れ 【SAKU TRADING】  バンコクチェンマイ仕入れ完全サポート
6位 タイ仕入 サポート バンコクより 最新市場情報をお届けします。
7位 タイ・チェンマイ仕入れサポート 【SAKU-TRADING Co.,Ltd.】
8位 バンコク送迎日本語予約センター”HARUKA”


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バンコクでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録