Welcome!

タイあげ↑ニュース

119日前
名称未設定 1

BTSプロンポン駅近くのスクンビット・ソイ24にあるカフェ「ナー・チャロン(Na Chalong Eatery & Cafe)」では、現在、タイ産のオーガニック豆で挽かれた、すべてのホットコーヒーが飲み放題で一人100バーツ!という、ホットコーヒー・ビュッフェを行っています。

18527972_1844730809185167_4673316895997158206_n

100バーツ札1枚で飲み放題のオーガニック栽培されたコーヒー豆を使ったホットコーヒーには、カフェ・アメリカーノ(アメリカン)、エスプレッソのほか、カプチーノ、ラテアートが施されたカフェラテなど、バリスタが丁寧に作る、すべてのホットコーヒーのメニューが対象です! このプロモーションは現在、毎日行っており、終了時期は未定とのこと。

18489945_1843302039328044_6086822958201064851_o 18556707_1843302042661377_3099061064330600330_o 18491696_1843302085994706_3573543615423744579_o

さらに、すべてのアイスコーヒー・メニューで飲み放題(ビュッフェ)にしたい場合、20バーツ増しの一人120バーツで対応してもらえます。

どちらも2杯飲めば完全に元は取れますね。オーガニック栽培されたコーヒー豆を使った、ラテアートが施されたカフェラテなどを飲みながら、ゆったりくつろいだり、最近話題の「意見交換会」を開催したりするのに良いのでないでしょうか。

18518350_1843302032661378_8775037670092593833_o

場所は、スクンビット通りを背にしてスクンビット・ソイ24の左側(「らあめん一番」のある方)を直進した場合、アジアハーブを通り越したところにあるソイ(スクンビット・ソイ24内ソイ45)の入り口付近です。道路(スクンビットソイ24)を挟んで、カフェの目の前にはLe Raffineコンドミニアムがあり、お店の近くには「炭火七輪焼肉 蔵」があります。

スクンビット・ソイ24の入り口から歩いて行くには、ちょっと遠いので、バイクタクシーで行ったほうが良いかもしれません。地図は、お店のフェイスブックに掲載されています。

ณ ฉลอง - Na Chalong Eatery & Cafe - Sukhumvit 24
45 Sukhumvit Soi 24, Khwaeng Khlong Tan, Khet Khlong Toei, Bangkok 10110
・公式フェイスブック:https://www.facebook.com/nachalong24/
・電話:095-591-6414
・営業時間: 8:00〜0:00
120日前
名称未設定 1

浅草で人力俥夫として働いていた鈴木悠司さんが、2人の仲間・高橋圭輔さん(てんすけん)、平野謙さん(ケニー)と一緒に、人力車を引きながら世界一周にチャレンジする企画を行っています。

鈴木悠司さんのフェイスブックページに掲載されている情報によれば、日本⇒中国⇒台湾⇒香港⇒中国⇒ベトナム⇒カンボジア⇒タイと来ており、2017年5月19日(金)にカンボジアから陸路でタイに入国。

タイのカンボジアに近い国境付近から255km離れたパタヤに向かう途中、1時間40分くらいで約20km進んだところでヒッチハイクに成功。その結果、当日19時にパタヤ到着。その途中、平野謙さん(ケニー)は、お腹に菌が入り、バンコクの病院へ長距離バスで向かうことになったため一次離脱。

パタヤでの3日間滞在中は孤児院での人力車乗車会、パタヤ在住の日本人と交流などで観光や睡眠は無し。その後、タイのサクラダファミリア「サンクチュアリー・オブ・トゥルース」を観光して、5月24日(水)、バンコクへ向かう道中の休憩地点シラチャーに到着。シラチャで、パタヤに向かう途中で細菌感染のため一次離脱した平野謙さん(ケニー)と合流する予定だそうです。

筆者は偶然、5月23日(火)に放映されたタイのニュース番組の映像を見て知ったのですが、パタヤからシラチャに向かう途中、チョンマゲみたいな髪型でリキシャ(人力車)を引いて走っていた日本人に興味を持った、タイの地元テレビ局から突然声を掛けられ、アポ無し取材を受けた際の映像でした。

3人の旅の模様は、NHK総合のドキュメンタリー番組「旅旅しつれいします。」第1回目の放送(6月10日(土)23時25分〜23時55分)でも紹介される予定です。

■ホームページ『鈴木悠司 俥夫の世界一周案内の挑戦』
http://suzukiyuji.jp/

■鈴木悠司さんのフェイスブック
https://www.facebook.com/yousil007

■鈴木悠司@世界一周人力車の旅INタイ王国 (@omuomu01) | Twitter

Photo:Yuji Suzuki / facebook

121日前
main

2017年5月、TIME誌が公式Instagramアカウントに、プーケットの北にあるパンガー湾に浮かぶ、パニー島の浮遊式サッカーコートの写真を掲載したことから、世界でもっともユニークで最高の絶景スポットの一つとして欧米で話題になっています。

元々、パンガー湾は独特の奇岩とマングローブ林が独特の景観を見せるタイの国立公園で、パニー島は同様にパンガー湾内のジェームスボンド島と並び、ロジャー・ムーア主演の映画「007/黄金の銃を持つ男」の舞台になったほど、風光明媚な絶景スポットです。

パニー島には、地元漁師によって形成された小さな村(イスラムヴィレッジ)があり、水上に高床式の住居やイスラム寺院などが建てられています。

12888676_1100043603375040_7104017778404152318_o 12957681_1100043246708409_4931844606216444797_o

パンダー湾に浮かぶサッカーコートは、パニー島在住の、サッカーをするのが好きな地元漁師たちによって建設されました。パニー島内はサッカーができるような平らな土地が無かったことから、海上に浮かぶサッカーコートを作るしかなかったのでした。

419575_534643266581746_419181466_n

パンガー湾上に浮かぶサッカーコートの完成後は、パニー島内の学校に通う子供たちが放課後、サッカーをするために集まるようになり、今や立派なサッカーコートに改修され、パニーFCユースチームのホームグランドとなっています。

189445_180029218709821_4341874_n 12888787_1100043333375067_4648952228589764884_o

このパンガー湾上に浮かぶサッカーコートは、以前にも、英国メディア「メトロ」で、世界で最も風光明媚なサッカーコートとして紹介されています。

■パニーFC公式フェイスブック(英語):https://www.facebook.com/Panyee-fc-180028772043199/

122日前
main

タイ初の公共交通機関共通のICカードとしてバンコクでの導入開始が期待されている「Mangmoom(メンムム)カード(スパイダーカード)」。

「Mangmoom(メンムム)」とはタイ語で「蜘蛛(クモ)」を意味するタイ語で、香港の公共交通機関や買い物で使用できる、ICチップを搭載のプリペイドカード「オクトパスカード」的な存在にしようと、将来的にタイ政府が目指していることは明白です。

この度(たび)、メンムムカードについて最終的に、当初発表されていた導入予定から遅れること14か月後の2017年10月1日からサービス開始される事が正式に発表されています。しかし、サービス開始当初は、利用できるのは一部の乗り換え駅だけで、残りの大部分の駅では使えない!という、タイでよくあるソフトオープン。。。

メンムムカードは、日本の首都圏を中心に全国の鉄道・バスで利用可能なICカード「Suica(スイカ)」「PASMO(パスモ)」同様、バンコクのBTS、MRT(地下鉄)、エアポートリンク、都バスをメンムムカード1枚で利用できる、便利なICカードと発表されていました。

しかし、導入当初の初期段階ではBTS、MRT、エアポートリンクの乗り換え駅、一部の都バスの一部でしか利用できません。

バンコクの公共交通機関共通チケットシステム導入遅延と限定的な運用開始となった原因としては、電車は午前5時から深夜まで運行しており、真夜中から午前4時まで 1日あたり約3~4時間 しか作業ができないため、9月末までに全駅での共通チケットシステムを試験するのは困難とのこと。

まずは2017年10月1日から、メンムムカードは、BTSモチット駅とMRTチャトゥチャック駅の乗り換え、BTSアソーク駅とMRTスクンビット駅の乗り換え、BTSパヤタイ駅とエアポートリンク間の接続、地下鉄MRTブルーラインと高架鉄道MRTパープルラインを結ぶMRT「Tao Poon」駅で利用可能となります。

各駅では、1~2台のメンムムカード用カードリーダー(改札)が配置されます。また、メンムムカードの公共交通機関共通チケットシステムは、約800台の都バスに順次、導入予定です。

Photo: Thai Rail News/ Facebook

125日前
名称未設定 1

5月11日まで、バンコクの隣りのパトゥムタニ県にある大型展示会場、IMPACTアリーナ・ムアントンタニで開催されていたマネーエキスポ・バンコク2017。その展示会場で来場者から一番注目を集めていたのが、サイアムコマーシャル銀行(SCB)の子会社デジタル・ベンチャーズが開発を手掛けた、タイの硬貨の入金に特化したATMです。

NjpUs24nCQKx5e1Bavqdrayran38Z8zFuMKVL0hObwt

日本の都市銀行の支店にあるATMは、数十年前から硬貨の預金に対応していましたが、タイの大手銀行のATMは、これまで硬貨の入金には対応していなかったのですね。

今回、マネーエキスポでプロトタイプの実機が展示されたATMは、もちろん、硬貨の入金ができるだけのATMではありません。同銀行の口座への入金、プリペイド携帯電話やスマホへのトップアップ(チャージ)、慈善団体への寄付、e-wallet、Line Pay、 PayPalへのチャージなども可能という、優れモノなのです。

18491635_10155336269738545_6636296142065618019_o

サイアムコマーシャル銀行は近い将来、最終版を同銀行の支店に設置する計画です。

独立心旺盛なタイ人が多く、共働きが普通のタイでは、屋台や「フードトラック」と呼ばれる屋台車両、小規模店舗、ヤクルト販売のおばちゃんなど、硬貨を扱う小規模店舗や個人販売主が多いですし、タイの子供の貯金用としても需要がありそうです。

在タイ日本人の間でも、後ろポケットに入れていた財布がタイの硬貨で重くなった結果、ズボンがズリ下がって腰パン状態になっているオジサンを見かけますので、需要がありそうですね。バンコクにあるMRT(地下鉄)の券売機では、お釣りが硬貨しか出て来ないのが理由なのでしょうか?

このATM、航空機のトイレを彷彿させるデザインなので、銀行の支店外に設置すると、中国人観光客が子供のトイレ代わりに使用しないか、少し心配ですね。

タイあげ↑ニュース

作者:thaiagenews

タイあげ↑ニュース

タイ・バンコクで生活する上でのタイのニュースを日本語に翻訳してご紹介しているサイトです。

7日 39 総合 113 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



thaiagenewsさん新着記事



過去記事

thaiagenewsさんへの新着コメント




バンコクブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)
2位 Weekender@Bangkok
3位 タイ語でお邪魔しタイランド
4位 タイランドビュー ~タイ、バンコク現地情報~
5位 タイ仕入れ 【SAKU TRADING】  バンコクチェンマイ仕入れ完全サポート
6位 《微笑みの国タイランド》【バンコク★SPA(スパ)の花道】
7位 Cotanのバンコクお弁当宅配日記 Fromバンコク日本語予約センター"Haruka"
8位 日本の家庭料理のお店「31」


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バンコクでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録