Welcome!

タイあげ↑ニュース

131日前

8月6日(日)夜8時28分、プーケット島のパトン地区の山道で、中国人観光客25人を乗せた大型ツアーバスが、スピードの出し過ぎで、日本人旅行客3人が乗ったシーロー(小型トラックの荷台に座席をつけたタクシー)とミニバンに衝突後、ガードレールを突き破って大破する事故が発生しています。

バスはそのまま山道から滑り落ちそうにしそうになるも、途中で大きなヤシの木にぶつかったことで谷底に落ちなかったため、中国人乗客は軽傷で済んでいます。しかし、大きなヤシの木に正面から突っ込んだバスの運転手はかなりの重傷を負い、現在も病院に入院中です。

バスが谷底に落ちそうになる前、猛スピードで突っ込んで来たバスに衝突され弾かれたミニバンが近くにいたバイクをはねる玉突き衝突事故が発生しており、ミニバンとバンクの運転手も重症を負っています。

その一方で、同様に暴走バスに衝突されたシーローの荷台にある座席に乗っていた、東京から観光に来ていた3人の日本人観光客は全員軽傷で、その後そのまま帰っています。タイの地元ニュース「matichon tv」の映像にも、赤いシーローの近くに日本人観光客の男性らしき姿が確認できますね。

▲日本人旅行者3人が乗っていたシーロー

当初、バスのブレーキの故障と考えられていましたが、地元警察は運転手のスピードの出し過ぎとの結論を出しています。

タイでは自分に非が無くても、交通事故などに巻き込まれる可能性があり、外国人が行くような病院の医療費も高額なので、旅行の際は海外旅行保険付きのクレジットカードを持参されることをお勧めします。

Source:Khaosod

133日前

タイ地元新聞「タイ・ラット」が、タイでは、オンライン上で「Facebook ライブ(ライブ動画のストリーミングサービス)」を使って自分自身の裸を見せることで男性からお金を送金させる方法で、お金を稼ごうとする10代の女子学生が増加していると報じています。

最近では、女子高生が自身の胸をまさぐるライブ動画を見せることで、最高額で入札した男性から2万バーツを得ようとしたケースも発生しています。実際にそのようなライブ動画で収入を得ている女性にとっては「簡単な仕事で楽にお金を稼げる」という理由でやっているそうです。

ニティトーン弁護士は「そのような行為は売春に相当するため違法で、人身売買の対象になりかねない。十代の女性は罪悪感を持っていないかもしれないが、実際は重大な犯罪であり、悲惨な結果に繋がりかねない」と言及。

タイでは人身売買の刑罰が厳しい一方で、売春については場合によっては罰せられない場合もあります。

専門家は「Facebook ライブのようなツールは、現代の10代の女性が売春でお金を稼ぐための手段になっている。若い女性の売春行為は過去にも行われていたが、現代はインターネットを通じて行われるようになっている」とコメントを寄せています。

タイの10代の若い女性の間で増えている「割の良いアルバイト」は、彼女たちが犯罪に巻き込まれたり、自分自身が傷ついたりする結果に繋がると指摘されています。

Source: Thai Rath & ThaiVisa

135日前

タイ東部チャンタブリー県にあるスマホショップで、客がスマホを購入する際に使用した、精巧な偽1000バーツ紙幣が見つかっています。

使用された偽札は本物の1000バーツ札同様、紙幣上部にあるガルーダの半分が隠れるように反射するステッカーが貼られており、紙質もよく調べないと偽札と気付かないほど、精巧なものでした。

見つかった偽1000バーツ紙幣は「9F8604236」のシリアルナンバーで少し破れていたものの、これまで長年流通していたような1000バーツ札と見た目と手触りだったため、店員は違和感を覚えることなく受け取ってしまっていました。

被害に遭った店の経営者は「店が大きなショッピングモール内にあるため朝から午後まで非常に多忙で、店員も偽札を受け取った際に注意深く確認しなかったかもしれない」と付け加えています。

今回見つかった偽1000バーツ紙幣は、銀行のATMで入金時にはじかれた後、銀行員に確認してもらったところ偽札だと判明しています。チャンタブリー県は隣国カンボジアと接していますので、カンボジア経由でタイ国内に持ち込まれた可能性もありますね。

Source & Photo: INN News

136日前

サラブリ県のパブで働く3人のビアガールが、フェイスブック上に「夜9時までに来店すれば、ビールのBuy 1 Get 1 Free(1杯注文すれば1杯無料)プロモーションをやってま~す」などと宣伝している動画をアップしたところ、逮捕されています。

サラブリ警察は、彼女たちの行為が、タイで2008年に公布されたアルコール規制法の「アルコール飲料を飲むように人々を誘導すること」にあたり、法律違反だと通告した後、彼女たち3人を逮捕しています。

サラブリ警察は「彼女たち3人がサラブリのパブで、アルコール飲料を飲むように誘っていたから逮捕した」と語っていますが「(動画内のセクシーで刺激的な)服装も不適切だった」と不満を漏らしていたそうです。

今回のケースは、2008年に公布されたアルコール規制法第30条2項「販売促進のための割引」違反に加え、セクシーな販促行為が同5項「アルコール飲料を飲むように人々を誘導すること」にも相当するため、見せしめ的な意味合いもあるのはないでしょうか?

タイの芸能人やセレブなどは、最近、SNSなどでアルコール飲料と一緒に写った写真を公開しないよう警告されています。タイで飲食店などを経営している日本人も、アルコール関係の販促活動はやり過ぎないよう、注意したほうがいいかもしれませんね。

サラブリ県のパブがフェイスブック上にアップした動画は、以下のサイトで見ることができます。

https://www.khaosod.co.th/breaking-news/news_459291

ソース:Sanook

163日前

タイでは2017年6月末以降、猫の飼い主は、ペットとして飼っている猫に狂犬病ワクチンの注射を受けさせることが義務付けられています。

タイの農業・協同組合省は2017年6月23日(金)、ペットの猫が子猫を産んだ場合、飼い主は、生後4か月以内に狂犬病のワクチン注射を受けさせることを義務付ける、新しい規制を発表しています。

1992年から施行されている、タイの狂犬病法によると、ペットの犬が狂犬病を発症することを防ぐために予防接種をする必要があると定めされていますが、今回、ペットの猫も追加されたかたちとなります。

ペットの猫に狂犬病予防接種の注射を受けさせていない場合、最大200バーツまでの罰金と罰金額は少額ですが、猫に噛まれて狂犬病を発症するケースもあります。

また、自宅近くのソイ(路地)に住み着いている野良猫にキャットフードを与えるなど、世話をしているタイ人住民たちのなかには、今回、法律で義務付けられる前から、なついている野良猫に狂犬病ワクチン注射を受けさせるために動物病院に連れて行く人が結構いました。

ペット用の狂犬病予防ワクチン注射の料金は日本人にとっては高くありませんし、飼い主がペットの猫を連れて行けば、無料で予防接種を受けることができるイベントも定期的に開催されているそうです。

ソース『All kittens must receive rabies vaccine, new regulation requires』
By Coconuts Bangkok Jun. 30, 2017

タイあげ↑ニュース

作者:thaiagenews

タイあげ↑ニュース

タイ・バンコクで生活する上でのタイのニュースを日本語に翻訳してご紹介しているサイトです。

7日 22 総合 133 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



thaiagenewsさん新着記事



過去記事

thaiagenewsさんへの新着コメント




バンコクブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)
2位 ある日本人向け不動産屋のブログ タイ バンコクより
3位 Weekender@Bangkok
4位 タイランドからの便り
5位 ☆★☆ タイ・バンコク エアポート リムンジン ☆★☆ バンコクのリムジン送迎のことなら''HARUKA''のImakenにお任せください!!
6位 タイおおざっぱ情報
7位 サーヤのバンコクだらだら日記
8位 バンコクの日々


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バンコクでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録