Welcome!

タイあげ↑ニュース

78日前

タイのテレビ局・チャンネル3の朝のニュース番組「Morning News」(7月5日)の報道によると、ランシット大学2年生でICT(Information & Comunication Technology)を専攻しているマツダ・ユウスケさん(19歳)が、先月6月30日(金)から行方不明になっています。

タイ人のお母さんは、スマホアプリ「LINE」や電話で、息子のユウスケさんに連絡を入れても応答が無いそうです。大学の教授の話では、最近、ユウスケさんは欠席が多かったとのこと。ユウスケさんは先月6月30日(金)、ランシット大学の前にある寮の前で最後に目撃されたのを最後に行方不明になっています。

「Morning News」の取材映像で、ユウスケさんのタイ人の母親は息子の安否を非常に心配している様子でした。途中までタイ語で冷静に取材を受けていた母親は、最後は涙ながらに日本語で「ユウスケ、ママは待ってるよ。早く帰ってきて。胸が痛い。ユウスケ、聞いてる?」と、番組を通して見ているかもしれない息子のユウスケさんに向けて呼びかけていました。

ユウスケさんは身長175cm位。明るい性格で、お酒も飲まず、タバコも吸わないそうです。もし見かけた人がいましたら、電話(090-990-8643)で情報提供を募集中です。

79日前

パープルの‎紅いもを使用したスイーツとしては、沖縄土産(みやげ)として人気の「紅いもタルト」が有名ですが、韓国にも鮮やかなパープルの‎紅いもを使用したアイス、ピンス(かき氷)などが人気の「カフェ・ボラ」というスイーツ・カフェがあります。ちなみに「ボラ(bora)」とは、韓国語(ハングル)で「紫色」を意味するそうです。

このカフェ・ボラが先月6月24日、サイアム・パラゴン4階に、韓国の三清洞にある本店同様、こじんまりとした可愛いカフェをオープンしています。お店の看板メニューは、インスタグラムなどのSNS映えする、鮮やかなパープルの紅いもを使用したモノ。

紅いもを使用したメニューには、ミルクのかき氷の上にパープルの紅いもピューレが乗った「ピンス」&甘いクルミが乗った紅芋チップのセット(195バーツ)、滑らかな食感のアイスクリーム(119バーツ)、ティラミス(175バーツ)、美味しい紅いもラテ(119バーツ)など。

開店間もないこともあり、韓国人同様、撮影した写真をSNSにアップするのが大好きな、新しモノ好きのタイ人が行列を作っているそうです。バンコク店のみ、グリーンティ好きのタイ人向けに、緑茶を使用したスイーツも販売されています。

◆Cafe Bora(カフェ・ボラ)
・電話番号::061-546-4746
・住所:4/F, Siam Paragon, Rama 1 Rd., Bangkok, Thailand
・最寄駅:BTSサイアム駅
・フェイスブック:www.facebook.com/Cafe-Bora-Thailand-180092652513205/
・営業時間:毎日10am-10pm
80日前

スワナンプーム国際空港で、中国人二人組のスリに財布をすられた日本人男性が、盗まれたクレジットカードで80万3,000バーツ(約267万5,000円)買い物されるという事件が6月29日に発生しています。

6月29日、スワナンプーム国際空港の到着ホールで友人の到着を待っていたオカザワ・タカシ氏のスマホに、3回の買い物で合計80万3,000バーツ(約267万5,000円)が使用されたというテキストメッセージが届きました。その時初めて荷物から財布が無くなっていることに気付いた同氏は、午後8時頃、空港内の警察に盗難被害届を出しました。

空港の警備員が、日本人男性が報告した歩行ルートに沿って、すぐに監視カメラの映像を調べたところ、エアポートリンク(空港鉄道)から降りてエスカレーターを歩いている際、中国人らしき2人組が被害者に近づいていく様子が撮影された映像を発見。その後、その2人の男はターミナルビルから駆け出して、タクシーを呼び寄せていました。

ツーリストポリスの協力を得て、サムットプラカーン警察が、日本人男性のクレジットカードが使用された高級デパート「セントラル・エンバシー」の監視カメラの映像をチェックしたところ、盗まれたクレジットカードを使用していた二人の男は、空港の監視カメラに映っていた二人組の特徴と完全に一致。

その後、タイ警察は監視カメラの映像を追跡して、36歳と50歳の中国人スリ二人組が、チャイナタウンのホテルにいるところを窃盗罪で逮捕されています。被害者男性のクレジットカードで購入された高級ブランドのスニーカー、財布、バッグの一部はホテルの部屋で見つかったものの、その他の購入品はすでに中国に発送された後でした。

ソース:Thai PBS 2017-7-3

81日前

7月1日(土)16時〜19時にかけて、タイ東部のパタヤで、女性はビキニ、男性は水着でビーチの砂浜やビーチ沿いの公道を走る『パタヤ・ビキニ・ビーチレース2017』が開催されました。

9kmのカテゴリのほかに、3km強の、周囲のビキニ姿の女性ランナーを眺めながら楽しんで走る「ビキニ・ファン・ラン(bikini fun run)」という、ご機嫌なカテゴリも用意してあったことから、参加者は女性より男性ランナーのほうが多かった模様。

ショッピングモール「セントラルフェスティバル・パタヤビーチ」近くのスタート地点を出発してビーチ沿いの砂浜を走るのですが、3km強の「ビキニ・ファン・ラン」から、ガチなランナー向けの9kmのイベントまで、いくつかのカテゴリから選択可能。

パタヤ・ビキニ・ビーチレースは速さを競うよりも、ビーチ沿いの砂浜を水着で楽しんで走ることにウェイトが置かれているため、男女混合。そのため、特にマッチョな男性の中には、コスプレをして走るランナーもいました。

しかし、年齢層に応じて16〜40歳、40歳以上の2つのカテゴリに分かれていたため、若い女性の健康的なビキニ姿を眺めながら走ることを楽しみにしていた中年以上の男性の中には、少しガッカリした人もいたのではないでしょうか?

このイベントは、ビール会社の「シンハー」がメインスポンサーのため、シンハー社のプリティ(イベントコンパニオン)が給水スポットでシンハーブランドの飲料水をランナーに振る舞うなど、華を添えていました。

このイベントでは、上位入賞者だけでなく、男女共に水着が似合うランナーにも賞が授与されました。

86日前

Picture: Daily News

バンコクの隣りパトゥムタニ県にある巨大ショッピングモール「フューチャー・パーク・ランシット」で、現在、警備員として働いている女子大生アルバイトがフレッシュで可愛いと、タイの地元メディアで話題になっています。

フューチャー・パーク・ランシットに買い物に来た客が、スマホで撮影した彼女の写真をツイッターでアップしたところ、SNS上で拡散し、ネットニュースだけでなく、テレビのニュース番組でも紹介されるほど話題になっています。

現在、バンコク大学3回生のジューン(June)さん(21歳)は、家族を金銭的に助けるために、フューチャー・パーク・ランシット3階の連絡通路からの入り口付近で、主にドアウーマンの業務を任されています。BTSプロンポン駅のホームから連絡通路経由でエムポリアム2階に入る際に、敬礼しながらドアを開けてくれる、インド系の中年警備員の仕事と同じですね。

バンコク郊外での警備員のアルバイトなので、午前10時~夜10時まで、休憩を挟んで勤務して日給465バーツ(約1,530.円)と、金銭的にはあまり割の良い仕事ではありません。しかし、彼女は”警備員の仕事はどんなものか?”興味があったことから、社会勉強も兼ねて、大学の休暇中に実際にアルバイトとして働き始めたそうです。

タイで警備員の仕事は、女子大生がアルバイトとして働くケースは少なく、両親に打ち明けた際は驚かれたそうですが、現在は応援してくれています。

以前はピザ屋で働いていたジューンさんですが、若い女性ということで好奇の目で見られることも多い警備員の仕事も、新しい経験が好きなので恥ずかしくないのだそうです。

タイあげ↑ニュース

作者:thaiagenews

タイあげ↑ニュース

タイ・バンコクで生活する上でのタイのニュースを日本語に翻訳してご紹介しているサイトです。

7日 39 総合 113 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



thaiagenewsさん新着記事



過去記事

thaiagenewsさんへの新着コメント




バンコクブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)
2位 Weekender@Bangkok
3位 タイ語でお邪魔しタイランド
4位 タイランドビュー ~タイ、バンコク現地情報~
5位 タイ仕入れ 【SAKU TRADING】  バンコクチェンマイ仕入れ完全サポート
6位 《微笑みの国タイランド》【バンコク★SPA(スパ)の花道】
7位 Cotanのバンコクお弁当宅配日記 Fromバンコク日本語予約センター"Haruka"
8位 日本の家庭料理のお店「31」


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バンコクでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録