Welcome!

タイあげ↑ニュース

42日前
main

日本人男性にも人気のゴーゴーバーがあることで知られるナナプラザで、4月13~15日のソンクラン(タイ正月)期間、水鉄砲を持ち、花柄のTシャツを着た、多くのゴーゴーガールたちと水鉄砲で水を掛け合う、ナイスなイベントが開催されます。

参加するのは、エンジェル・ウィッチ(Angelwitch)、サッカーズ(Suckers)、バンコク・バニーズ(Bangkok Bunnies)の3店舗のゴーゴーガールたち。バンコク・バニーズ(Bangkok Bunnies)のゴーゴーガールは木曜と金曜の2日間のみの参加なので、このイベントに行くなら、4月13日(木)、14日(金)に行ったほうが、女の子の数が多いでしょうね。

開催時間は午後1時~夕方5時までで、その時間帯にはナナプラザ内に屋外ビールバーで、お手軽価格のアルコール飲料と食べ物が提供されます。

Celebrate-Songkran-At-Nana-Plaza-2

ソンクラン期間中に日本から観光で来られている方だけでなく、タイ在住でソンクラン休暇に海外に行こうと考えたものの、結構タイで過ごすことになったという方も、濡れT(シャツ)イベントに参加されてみてはいかがでしょうか。

イベント当日は大型の水鉄砲(←変な意味でなく)を持った、ノリの良い欧米人男性の参加者が多いと思いますので、アゲアゲというか、ちょっとクレイジーなノリになることが予想されます。このイベントに限らず、クンクラン期間中の水掛け祭りに参加する際は、水鉄砲とスマホなどの防水対策を忘れずに!

43日前
main

タイ陸運局は、毎年、多くの交通事故が発生し、交通事故の死亡者も多い、4月13日(水)から始めるタイ正月(ソンクラン)前日4月12日(火)から、バンの座席数を最大13席までとする、新しいルールを発表しています。

この新ルールは、タイ語で「ロットゥー」と呼ばれる乗り合いバンを中心とした、大人数が乗れるバンの交通事故で近年多発し、乗客が死亡する事故も多いため、新しい交通安全キャンペーンの一環として発表されたものです。

現在、ほとんどのバンの座席数は15席で、一部のバンは18人まで乗れる仕様になっています。そのため、タイ陸運局は、タイ正月(ソンクラン)前日4月12日(火)までに、バンの座席数を13席に減らすことで、新しい交通ルールを守るよう求めています。

この新ルールを守らなかった乗り合いバン(ロットゥー)の事業者は、乗り合いバン(ロットゥー)の運行免許の停止と5,000バーツ罰金の両方が課されます。

タイの日系企業の工場で働く日本人も通勤やゴルフの際に利用する機会が多い、タイのトヨタ製のバン「コミューター」や「タイエース」とも呼ばれるタイ製「ハイエース」も、警察官の取り締まりで座席数が13席より多いことが判明した場合、1回につき500バーツの罰金が課せられる模様。

さらに、通勤やゴルフなどの際に使用する「ハイエース」などのバンやタイ人ワーカーの通勤用バスなども、運転席と助手席だけでなく、後部座席も含む、乗員全員がシートベルトをしていないと、交通警察官に見つかった場合、罰金刑となる新ルールが2017年4月5日から施行されています。

47日前
main

近年、バンコク観光でBTS(バンコク高架鉄道)だけでなく、MRT(地下鉄)も使用する日本人観光客の姿も多く見かけるようになりました。

しかし、中華正月や中国の国慶節、タイ正月のソンクラーン、日本のゴールデンウィーク、日本の連休などの観光シーズンは、バンコクのMRT(地下鉄)の券売機前には長い行列が!

そのうえ、バンコクのMRT(地下鉄)の券売機は、コインを入れても認識されず落ちて来て何回も入れ直したり、券売機の購入方法やタイ語から英語表記の切り替えでまごつく外国人観光客がいたり、お釣りが出てくるのに結構時間がかかったりと、行列以外にも時間がかかります。

そんななか、観光客があまり知らないのが、地下鉄の駅の反対側にある、利用客が少ない出口側まで、地下鉄駅内の端にある通路を歩いて行って購入する方法です。

MRT(地下鉄)スクンビット駅、ラマ9駅などは、駅の反対側を結ぶ通路が結構目立つので、バンコク在住者で、上記方法を利用している方も結構いると思います。

盲点なのが、ドゥシタニホテル近くの出口からエスカレーターやエレベーターを使って降りて来るケースが多い、MRT(地下鉄)シーロム駅です。

券売機の近くに警備員が立っているセキュリティゲートがあるので、筆者も最近まで券売機前に並んで切符代わりのトークンを購入してからセキュリティゲートに入っていました。

しかし、券売機で切符代わりのトークンを購入しなくてもセキュリティゲート内には入れることに最近気づき、観光シーズンや帰宅ラッシュ時に券売機ができている際は、上記方法で駅の反対側にある、利用客の少ない券売機を利用するようになりました。

P_20170331_220214 P_20170331_220246 P_20170331_220320 P_20170331_220325 P_20170331_220327 P_20170331_220329 P_20170331_220331▲迷わず行けよ 行けばわかるさ

あと、MRT(地下鉄)の券売機と改札脇にある駅員がいる窓口両方とも行列ができていて、どちらで購入するか?迷った場合は、窓口で駅員さんから購入したほうが早い場合が多いですよ。

47日前
main

近年、タイのセブンイレブンも日本のセブンイレブン同様、コンビニデザートやスイーツに力を入れているようです。ただ、タイのスイーツは、日本のモノと比べると、いかにも合成着色料をたくさん使ってそうな鮮やかな色をしていたり、甘さ控えめどころか、かなり甘かったりすることが多いんですね。

そんななか、今年2017年3月にタイのセブンイレブンで発売開始され、甘さ控えめでユニークなのが『エッグプリンwithミルクティ(プリンのタイミルクティがけ)』です。価格は20バーツ(税込み)なので、60円くらいですね。

名称未設定 2

P_20170401_135750 P_20170401_135939

このプリン、最初はタイミルクティ味のシロップが付いているのか?と思いきや、プリンのシロップにしては量が多く、サラサラしています。なんと、シロップではなく、タイ語で「チャー・イェン」と呼ばれる、少し苦みのある、濃いめのアイスミルクティをプリンにかけて食べるんですね。

P_20170401_163606 名称未設定 1
プリンの上になみなみとミルクティをぶっかけて食べます。しかし多少濃いめとはいえ、カラメルのようにプリンに絡まない、アイスミルクティですから、プリンを食べた後、ソコソコの量のアイスミルクティがカップに残ってしまいます。

P_20170401_163840 P_20170401_163913

で、甘さ控えめなので、カップに残っているアイスミルクティで、タイの気(け)だるい昼下がりに、優雅な?アフタヌーンティを楽しむというのが、正しい楽しみ方なのでしょうか? 

北海道の『やきそば弁当』、東洋水産が地域限定で販売しているカップ焼きそば『マルちゃん・焼きそばBAGOOOON(バゴォーン)』で、湯きりのお湯を別の器に注ぎ粉末スープを溶かせばスープを作って食べられるような、一粒で2度おいしい?ユニークな製品ですね。

47日前
main

マルチ商法で、多くの日本人から7億円以上(約2億1,800万バーツ以上)を詐取していた山辺節子容疑者(62歳)が、4月5日(水)朝、タイ東部ウボンラチャタニー県で、タイ入国管理警察に逮捕されています。

山辺容疑者は、今年2017年1月20日に観光ビザでタイに入国し、その後、イミグレーション(タイ警察入国管理局)でビザを30日間延長手続きしており、滞在期限の4月19日頃までタイに滞在予定だった模様。

タイ警察は彼女の身元情報を照合した結果、山辺容疑者は日本国内で元本保証で高金利をうたったマルチ商法を行い、多くの日本人に被害を与えた罪で、日本の警察からタイ警察に捜査協力依頼が届いていました。山辺容疑者には、共犯者がいたようです。

山辺容疑者はタイ国内で交際していたタイ人男性のために、日本国内で詐取したお金を使って、土地付きの新築の家を購入していた模様。凄腕の女詐欺師の山辺容疑者自身、お金目当てのタイ人男性のロマンス詐欺の被害者だったとは。。。恐るべし、タイ人男性ですね。

昨年2016年7月末に、株価操作で逮捕状が出ていた元弁護士の日本人男性が8年間潜伏していたタイで逮捕されたのも、イミグレーションの窓口にビザの延長に訪れた際、パスポートの写真と本人が違って見えたことから担当係官が身元を照会した結果、日本で逮捕状が出ていたことが発覚したためです。

犯罪者の潜伏先は、東南アジアのタイ、フィリピン、カンボジアが多かったようなイメージがありました。しかし、タイは近年、イミグレーションの身元確認が厳しくなっているため、名前や顔が同じだと、イミグレーションで身元を照会された結果、逮捕されるケースが今後も出てくるのではないでしょうか?

タイ英字紙ネーション紙などが伝えた。

タイあげ↑ニュース

作者:thaiagenews

タイあげ↑ニュース

タイ・バンコクで生活する上でのタイのニュースを日本語に翻訳してご紹介しているサイトです。

7日 813 総合 72 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



thaiagenewsさん新着記事



過去記事

thaiagenewsさんへの新着コメント




バンコクブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 日本の家庭料理のお店「31」
2位 妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)
3位 Cotanのバンコクお弁当宅配日記 Fromバンコク日本語予約センター"Haruka"
4位 【SAKU-Trading 】営業3課
5位 タイ仕入れ 【SAKU TRADING】  バンコクチェンマイ仕入れ完全サポート
6位 タイ仕入 サポート バンコクより 最新市場情報をお届けします。
7位 タイ・チェンマイ仕入れサポート 【SAKU-TRADING Co.,Ltd.】
8位 バンコク送迎日本語予約センター”HARUKA”


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バンコクでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録