Welcome!

バンコクの日々

4日前
 今日の「タイ国際結婚の現場から」のお題は「国際結婚漂流」です。 

 タイ人女性のお見合いと結婚の詳細については、下記の弊社のウェブサイトをご覧下さい。 
 会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。 

  日本人とタイ人の結婚手続きの詳細は、こちらからご覧ください。
 
読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。                  
      ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1. にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ





弊社のフェイスブックです。会社の業務内容や情報を発信しています。
BRING LUCKCo.,Ltd






6日前
 某結婚相談所のバンコク支店長をしていた時、日本語ができるタイ人を社員として 募集していたのだが、中々集まらず苦労した覚えがある。

 もう5年前の話だが、仕事ができるできないは関係なく、日本語検定の資格を所持しているタイ人が、高い給料を提示して採用されていた。

 その時感じたのは「日本人でタイ語が話せて、読み書きもできるというだけで、高い給料がもらえる時代は終わったな。タイの人で日本語を話せ、読み書きができる人が 増えたからな~」だった。

 しかし今、日本語ができるタイ人も、日本語検定の資格を持っているから、高給取りになれるという時代は、終わりに近づいているような気がする。

 常々思うことだが、仕事をする上での語学は、あくまでも手段であって、それが全てではない。仕事をする上に必要なのは、協調性、交渉能力、想像力、探求心など総合力だと思う。

 タイの会社で働き、会社から高い給料をもらっている人は、実務能力が高く会社にも利益をもたらしているのだろう。

 なぜならタイは、年功序列で給料や地位が上がらないからである。

 試用期間が終わり正社員として採用すると会社より言われたのだが「給料は下がるよ」と言われた人がいると。その話を聞いて、ふとそんなことを考えたのでした。 

タイ人女性との結婚や手続きについては、下記の弊社のウェブサイトをご覧下さい。 
 会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。 

読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。                  
      ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1. にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ





弊社のフェイスブックです。会社の業務内容や情報を発信しています。
BRING LUCKCo.,Ltd


9日前
 日本人とタイ人の結婚手続きをしている中で、日本人男性から良く相談を受けるのは「結婚した後タイに住み、お店を開きたいけれど、どうしたら良いですか?」である。

 日本人がタイで商売をする時、タイ人配偶者が一緒に仕事をしてくれるのは、心強い面もあれば、気をつけなければいけない面もある。

 それは「マイペンライ」という言葉を信用してしまうことである。例えタイで小さなカフェショップやマッサージ店を開くとしても、投資する金額は安いものではない。

 だからお店の立地場所や人の流れ、毎月の固定費や賃貸料がいくらか、日本人の労働許可書、Bビザの取得費用など、色々な経費を考えた上で商売を始めなければ、うまくいかない。

 しかしタイの人に多いタイプは、きちんとした計画もなく「マイペンライ、マイペンライ」と言い、とにかくお店を開くことに走ってしまう人である。

 日本人も「外国であるタイで商売をするのだし、タイ人配偶者が「マイペンライ」と言うので、大丈夫だろうと思い、お店を始めてしまう人が多い。

 商売を始めた当初は良いのだが、タイ人配偶者に頼りっぱなしで無計画に近い状態で商売を始めるので、利益も上がらず、先細りして商売をやめることになる。

 だから私は上記の相談を受けたときは「慌てず、じっくりと調べてから、商売をしてください。焦る必要はありませんよ」とお答えしている。

 するとたまにタイ人配偶者から「大谷はいらん事を言って、私たちの商売を邪魔する」と言われることもある。

 でもお金に余裕のある方なら良いが、折角、日本で苦労して汗水垂らして貯めたお金である。大切に使って欲しいので、いらないお節介だと思いながら、そう答えることにしている。 

タイ人女性との結婚や手続きについては、下記の弊社のウェブサイトをご覧下さい。 
 会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。 

読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。                  
      ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1. にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ





弊社のフェイスブックです。会社の業務内容や情報を発信しています。
BRING LUCKCo.,Ltd


11日前
 先週より朝と夜に雨が降るようになったバンコク。もう雨季になったと思うが、  この時期はトゥリアンが市場に出回る。

 タイの人はこのトゥリアンを好きな人が多く、会社の近くの市場でも昼休みには、 トゥリアンを売る屋台の前に行列ができている。

 昨年、ガーンヤオという種類のトゥリアンに出会い、その余りの美味しさに衝撃を 受けたのだが、今はまだ市場に出回っていないようである。

 今市場で良く見るのは、モントーン(1キロ20~130バーツ)とチャニー(1キロ60 バーツ)という種類のトゥリアンである。

 トゥリアンを買うときは、まず秤で重さをはかり、トゲトゲの皮を剥いて実を出す。その実を取り出す様子を見ているお客さんの目は真剣で、その顔は美味しい物を食べる期待感に満ちたものである。

 人種や国が違っても、美味しいと期待する食べ物を前にしたら、みんな同じ顔をするのだろうな~と、トゥリアン屋台の前に並びながら思いました。

タイ人女性との結婚や手続きについては、下記の弊社のウェブサイトをご覧下さい。 
 会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。 

読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。                  
      ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1. にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ





弊社のフェイスブックです。会社の業務内容や情報を発信しています。
BRING LUCKCo.,Ltd


13日前
 私はバンコクで暮らしてから、ずっと賃貸アパートや家に住んでいる。タイの人から良く「家賃はいくら?」と聞かれ答えると、「それだけ支払っているなら、買った方が良いよ。どうして買わないの?」と言われる。

 私は引っ越し魔ではないのだが、一つの場所にじっとしていられない。それと一番 大きな理由は、何十年もローンを背負いたくないからである。

 それを励みとして、仕事を頑張るんだという人もいるが、私はそういうタイプでは ないようだ。

 先日、お客様からBTS沿線でコンドーミニアムを購入したいので、価格を調べて欲しいと依頼を受けた。そして調べてみた結果、そんなにべらぼうに高いわけではないなと思った。

 確かに日本円で億を越える物件もあるが、夫婦二人で住むぐらいの大きさの部屋ならば、お手頃価格の物件があった。

 そして別のお客様からは、タイで販売している自動車の価格を調べて欲しいと言われたので、車の販売店からパンフレットを取り寄せる。

 自動車の価格は、どうしても日本と比較してしまい、割高に感じる。割高に感じられないほどの経済状況になれば良いだけの話なのだろうが、さてさていつになることやらです。
 
 タイ人女性との結婚や手続きについては、下記の弊社のウェブサイトをご覧下さい。 
 会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。 

読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。                  
      ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1. にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ





弊社のフェイスブックです。会社の業務内容や情報を発信しています。
BRING LUCKCo.,Ltd


バンコクの日々

作者:PTS 大谷

タイの翻訳会社で、日本人とタイ人の国際結婚手続きを行っている日本人の日常生活をつづる。

7日 38 総合 639 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



PTS 大谷さん新着記事



過去記事

PTS 大谷さんへの新着コメント




バンコクブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 日本の家庭料理のお店「31」
2位 妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)
3位 【SAKU-Trading 】営業3課
4位 バンコク送迎日本語予約センター”HARUKA”
5位 Cotanのバンコクお弁当宅配日記 Fromバンコク日本語予約センター"Haruka"
6位 タイ・チェンマイ仕入れサポート 【SAKU-TRADING Co.,Ltd.】
7位 タイ・バンコク★仕入れサポート【Saku Trading Co.,Ltd.】
8位 クワムラック イサーンから愛をこめて


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バンコクでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録