Welcome!

バンコクの日々

341日前
 
 タイ国際結婚の現場から-10 を更新しました。お時間がある時にご覧ください。


 読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。             
      ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1. にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ



会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。    

弊社のフェイスブックです。会社の業務内容や情報を発信しています。
346日前
 私がバンコクに住みだしてから、日本って凄いなと思ったことの一つに「社会保険」がある。当時、私は海外旅行保険を延長しながら、タイでの病気に備えていた。  
 
 しかしその保険代も年々高くなってきたので、現地の保険会社の保険に入った。タイの保険の場合、生命保険と抱き合わせでないと医療保険に入ることができず、通院保障まで入れるとこれも保険代が高くなる。

 だから今の保険は、通院保障が入っていないものである。日本にいる時は、社会保険があって当たり前と思っていたが、海外に暮らす人なら改めて国民皆保険の制度が有難いと思う人も多いだろう。  

 先日、社員が父親の体の調子が悪いので、病院へ連れて行った。父親は国立病院へ行くのを嫌がるので、私立病院へ連れて行ったのだが、診療費が3,500バーツ掛かった。 

 そして診察した後、医者が「腫瘍があるかもしれないから、精密検査をした方が良い。お金はあるか」と聞いてきたので、彼女と父親が考えていると、別の国立病院を紹介された。  
 
 彼女は医師に「お金がないと決めつけて、他の病院を紹介するのはどういうことですか?」と言ったのだが、医師は別に気にも留めなかったそうである。  

 タイでは60歳になると30バーツで治療を受けられる社会保険に強制的に入らされるのだが、 彼女曰く「それを使うと病院で一日中待たされる。お金をたくさん払う人が、先に治療を受けるんですよ」と。  

 日本へ入国する前のタイ人奥様には、日本の社会保険や国民健康保険について話をする。すると、みんな「良い制度だ。日本はさすがに進んでいる」と言うが、日本人のご主人が払っている保険料の話をするとびっくりする。  

 社会保障を充実させるためには、その財源をどこから調達するかが問題になる訳で、本当に国民が利用できる社会保険がタイに浸透するのは、まだまだ先の話だろう。  
 
 読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。             
      ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1. にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ



会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。    

弊社のフェイスブックです。会社の業務内容や情報を発信しています。
347日前
 さぁいよいよ明後日からソンクラーンの休みに入ります。早い所では、先週の土曜日から休みに入っているので、バンコクの街も移動がし易く、まさしくサバーイサバーイである。

 しかし何とも暑いのである。今の時期、街歩きをしようものなら、日射病になり倒れると思う。ソンクラーンの時期に来る方は、帽子をかぶって外出をされたほうが良いです。目眩をおこして、倒れている人もいるぐらいですから。

 またこの時期のタイ人の正装は、アロハシャツだろう。赤、青、緑に花柄のアロハシャツを 着て、お店に立つ人も多い(銀行員もアロハシャツを着ていますからね)。

 このタイ人が着ているアロハシャツを見ると、ハワイのフラダンスや小錦を思い出す。だから アロハシャツを着ているタイ人に何か違和感を感じるのは私だけかな?

 弊社のソンクラーンの休みは、4月13~15日までとカレンダー通りです。皆さん、病気やケガをせず、水掛け祭りを楽しんでください(私は風邪を引きたくないので、家に籠っているでしょう、多分)。

   読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。             
      ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1. にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ



会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。    

弊社のフェイスブックです。会社の業務内容や情報を発信しています。
349日前
 先週の木曜日は、社員の父親の葬式のため、ナコーンラーチャシーマー県(通称コーラート)へ行って来た。片道4時間半ぐらいかかったのだが、久々に長距離を運転して疲れた。

 午後2時から火葬という話だったのだが、昼の12時頃に着いた時には、参列者とお坊さんが集まって来ていた。お坊さんの数が多いので、同行した社員に聞くと「亡くなった人の年齢だけお坊さんを集める」のだとか。

 社員の父親の年齢には及ばなかったが、30人くらいのお坊さん(子供のお坊さんも含めて)が、お経をあげてくれた。結婚式の時に聞くお坊さんの読経は良いが、お葬式の読経は聞いていて辛いものがある。

 今年は私の近しい人達の家族が亡くなったという報せを聞くことが多い。そういう巡り合わせの年なのだろうか。「年を取る程、人の死に目に会う」と誰かに言われたが、まさに実感する年である。

 この日も暑い日で、体感温度が40度を超えていた。赤土の大地に火葬炉が白く建っていたのだが、真っ青な空とのコントラストが、何とも物悲しい風情であった。

読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。             
      ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1. にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ



会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。    

弊社のフェイスブックです。会社の業務内容や情報を発信しています。
350日前
 大変ややこしい話で申し訳ございませんが、今後、タイ国際結婚や仕事については、下記のブログに書いていきます。

 お暇な時にご覧ください。

 タイ国際結婚総合情報センター 「タイ国際結婚の現場から-9」更新しました。


どうぞよろしくお願い致します。

大谷 読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。        
      ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1.  にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ



会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。    

弊社のフェイスブックです。会社の業務内容や情報を発信しています。

バンコクの日々

作者:PTS 大谷

タイの翻訳会社で、日本人とタイ人の国際結婚手続きを行っている日本人の日常生活をつづる。

7日 38 総合 621 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



PTS 大谷さん新着記事



過去記事

PTS 大谷さんへの新着コメント




バンコクブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 ちくりん夫婦の”タマダー生活”
2位 日本の家庭料理のお店「31」
3位 妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)
4位 タイ・バンコク★仕入れサポート【Saku Trading Co.,Ltd.】
5位 Cotanのバンコクお弁当宅配日記 Fromバンコク日本語予約センター"Haruka"
6位 ☆★☆ タイ・バンコク エアポート リムンジン ☆★☆ バンコクのリムジン送迎のことなら''HARUKA''のImakenにお任せください!!
7位 Weekender@Bangkok
8位 クワムラック イサーンから愛をこめて


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バンコクでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録