Welcome!

バンコクの日々

354日前
 日に日に気温が上がり、暑くなっているバンコク。ようやくソンクラーンを迎えるのに相応しい 気候になってきたなと感じる。

 今年は水不足のため、ソンクラーンの水かけを自粛するよう政府からお達しが出ているが、 さて本当に守られることやら。でも水不足にさらされ、困っている人達からみれば「何、水かけ しているんだ、勿体ない」となるだろう。

 まぁバンコクとチェンマイの水かけを自粛して、多少でも水不足が解消できるなら、それも良しだろう。

 例年、ソンクラーンの時期は、酒気帯び運転とスピードの出し過ぎによる交通事故が多発し、死傷者が増える。これに対しても、政府は厳罰で臨むようだが、これはしっかりと取り締まって 欲しい。

 有料道路を車で走っていて、路肩にバスがひっくり返っているのを見るのは、余り気持ちの 良いものではないですからね。 
 
 ソンクラーンはタイの人にとって、家族に会い新年を祝う大切な行事なので、静かに過ごせるのが一番良いと思う。

 読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。        
      ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1.  にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ



会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。    

弊社のフェイスブックです。会社の業務内容や情報を発信しています。
356日前
 私がバンコクに来て仕事を始めて18年になる。その間に私が学んだことの一つに「私を信用しなさい」と言う人程、信じてはいけないということである。

 そういう人は日本人にもいるし、タイ人にもいる。「私を信用しなさい」という人は、手続きのことや法律的なことをきちんと説明しないで「大丈夫、大丈夫。私を信用すれば、すべて上手く行くから」と話す。

 自分の仕事に誇りを持ち、お客様に迷惑を掛けないようにと仕事をしている人は、決して「私を信用しなさい」とは言わない。それはそう言わなくても、仕事の内容や手続きをきちんと説明することで、お客様が信用してくれるからである。

 これと同じようなことで、その道のプロが話しているのに、それを疑い他人や知り合いに聞いて、その言葉を信じてしまい、 問題が解決しない或いは大きくなるパターンがある。

 いくらその道のプロが話してくれたと言っても「本当だろうか?」と、話を疑うのはおかしいことではない。そして色々な人から意見を聞くのも、有意義なことである。しかし本当に疑問に思ったことは、その道のプロに直接聞けば良いである。

 もし そのプロが納得いく答えや説明をしてくれないのであれば、別の人に当たれば良いのである。ただその道のプロも人間である。

 要はそのプロが信用できるかどうかは、自分が相手と話した感触で判断するしかない。そのために自分でも、プロの説明を聞いて比較できる知識を勉強し準備していなければならない。

 いつも無責任だよな~と思うのは、中途半端な知識しかないくせに、さもそれが正しいことのように説明し、相談者を惑わせる人達である。

 私は仕事柄、お客様に色々な説明をする。だからお客様から質問を受けて、少しでも分からないことがあれば、まずは調べてから後日、改めてお話をさせて頂いている。

 それは自分の中途半端な情報を伝えて、お客様に迷惑を掛けたくないし間違った方向へ進んで欲しくないからである。

 人にアドバイスをしたり意見を言う時は、それが正しく相手のためになるのかどうか?それを考えて話すのが、大人の礼儀だろう。

読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。        
      ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1.  にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ



会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。    

弊社のフェイスブックです。会社の業務内容や情報を発信しています。
357日前
 数年前からバンコクのデパートやショッピングモールで、ジュースの自動販売機を見かけるようになったが、それからあまり普及している感じがしない。何でかな~と考えるが、どうでも良いので思いつかない。

 バンコクでは日本食文化がかなり浸透しているのだが、最近は日本のお菓子も、人気が出ている。その代表例が、グリコのアイスクリームだろう。

 販売すると同時に売り切れてしまい、長らく在庫切れを起こしていた。ようやくお店によっては入荷を再開した所もあるようだが、またすぐに売り切れてしまうのではないかと思う。

  そして今、セブンイレブンでチョコレート菓子の「ブラックサンダー」が販売されている。以前の会社の出張で、私が日本へ行く度に息子たちにこのお菓子を買って来ていたので、とても懐かしくなり買ってしまった。

 食べていると中々美味しい。その日からちょくちょくおやつとして買い、事務所で食べていたのだが、おととい衝撃な物を発見!

IMG_20160331_134254 (1)





 この自販機は会社の近くのセブンイレブンの前に設置されていた。店内ではキャンペーンガールが、「ブラックサンダー」の試食をさせていたが、私はこの自販機が気になって、しばらく見てしまった。
 
 こんな自販機がバンコクに増えてくると、街歩きも楽しくなる。あ、まだこの自販機で「ブラックサンダー」を買っていないので、また買ったら報告します。

読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。        
      ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1.  にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ



会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。    

弊社のフェイスブックです。会社の業務内容や情報を発信しています。
358日前
 数日前のニュースで、スワンナプーム空港からホテルへ向かったタクシーの運転手に外国人旅行者が、6,000バーツ支払ったというのがあった。

 被害者がホテルの従業員にこの話をすると「そんな不届き者は誰だ?タイの恥だ!」となり、捕り物が始まりその運転手が捕まった。

 タイの良くあるニュースと言えばそうだが、私も最近は1人で帰って来た時は、できるだけ空港のタクシーを使わないようにしている。 それは気分が悪くなることが多いからである。 空港管理のタクシーも似たり寄ったりである。

 お客様を迎えるため満足のいくサービスをするには、タクシー運転手を教育する機関が必要だろう。それを何処がやるかが問題である。今、そのサービスを改善し、運転手を教育しているのが「ALL  THAI TAXI」かなと思っている。

 全て個人の問題に置き換えているから、いつまで経っても悪質ドライバーは、いなくならない。大多数のタクシー運転手が良い人であっても、一部の人のおかげで全体が悪く思われるのは、何処の世界でも同じである。

 当分、悪質ドライバーと善良ドライバー(車内に残されたカバンを正直に届ける、或いはお金を盗まない)を比較して、ニュースにしながら段々と改善されていくのかな?でもまだまだ時間がかかりそうです。

読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。        
      ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1.  にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ



会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。    

弊社のフェイスブックです。会社の業務内容や情報を発信しています。
359日前
 タイへ旅行に来てこの国が気に入ると、日本へ帰っても自宅でタイ料理の味を再現したい!と思う方も多いだろう。

 私もバンコクへ旅行で来ていた頃は、タイの調味料やインスタントラーメンを買い、日本へ持ち帰り、自宅で食べ、タイへの思いを馳せていた。

 そんな私も含めて、タイ人の皆が知っている調味料のメーカーが「น้ำพริกเผาแม่ประนอม
ナムプリックパオメープラノム)」である。

 タイ料理店や屋台で食事をしても、この調味料は必ず常備されている。だからきっとタイの
人達にとっては、ソウルフードであり、お袋の味なのだろう。

 ところが最近、タイ人に愛されているこの会社の創業者一族にお家騒動が持ち上がり、
話題になっている。なんでもプラノムさん一家の長女夫婦が、書類を偽造し一家の土地を
不正に取得したとして、プラノムさんが長女夫妻を訴えたのである。

 そこでフェイスブックの中で、お母さん(プラノム)を助けろとばかりに「この会社の調味料を
買うのを止めよう」というページがたった。

 日本でも家具屋さんで親子の争いがあったが、お客さん(ファン)にとってこういう争いは、
見たくないし悲しくてやり切れないものだと思う。

 身内だからこそ、色々な思いが駆け巡るのだろうが、素の親と子に戻って話ができれば、
解決の糸口が見いだせるような気もするのだが・・・。これはちょっと甘いかな。

読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。        
      ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1.  にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ



会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。    

弊社のフェイスブックです。会社の業務内容や情報を発信しています。

バンコクの日々

作者:PTS 大谷

タイの翻訳会社で、日本人とタイ人の国際結婚手続きを行っている日本人の日常生活をつづる。

7日 39 総合 622 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



PTS 大谷さん新着記事



過去記事

PTS 大谷さんへの新着コメント




バンコクブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 ちくりん夫婦の”タマダー生活”
2位 日本の家庭料理のお店「31」
3位 妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)
4位 タイ・バンコク★仕入れサポート【Saku Trading Co.,Ltd.】
5位 Cotanのバンコクお弁当宅配日記 Fromバンコク日本語予約センター"Haruka"
6位 ☆★☆ タイ・バンコク エアポート リムンジン ☆★☆ バンコクのリムジン送迎のことなら''HARUKA''のImakenにお任せください!!
7位 Weekender@Bangkok
8位 クワムラック イサーンから愛をこめて


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バンコクでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録