Welcome!

バンコクの日々

1年以上
 弊社の国際結婚紹介事業は、5つの柱で成り立っています。

 1つ目は、まず日本人男性会員様の希望条件に沿ったタイ人女性会員に、男性会員様のプロフィールを見せる。そして男性会員様のプロフィールを見てお見合いを希望するタイ人女性会員のみが、お見合いに出席する。だからタイ人女性会員のお見合い欠席率が低い(不測の事態によって欠席する場合はあります)。

 2つ目は、お見合い時に弊社のタイ人スタッフのソンと私大谷がお見合いに参加する。そして通訳と進行をするので、日本人男性会員様とタイ人女性会員の意思の疎通がスムーズに行われ、お互いの人となりを知れるお見合いをすることができる。

 例えば趣味、日本とタイにおけるお互いの生活状況、日本へ入国した後の生活プラン、タイ国への仕送り金額、子供を希望する場合、時期的にいつ頃、望むか。男性会員様の仕事の内容の説明など、詳細を聞き、お二人にお伝えする。

 またお見合いをしていく内にお二人が打ち解けてくれば、自由にお話頂くように心掛け、ソンと私が、その会話を拾い通訳をする(日本人男性会員様とタイ人女性会員には、私たちを通訳の機械と思って話してください。どんな言葉でも、私たちは拾い、正確に翻訳しますとお伝えしています)。

 3つ目は、日本人男性会員様のご両親、タイ人女性会員のご両親が、お二人の婚約時に スカイプを通し対面し、お互いに挨拶をかわします。それによって両家のご両親にも、婚姻両者の顔を見て頂き、人となりを知って頂くことができる。

 4つ目は、婚約後からタイ人奥様が日本へ入国するまで、お二人の意思の疎通が上手くいかず、中々思いが伝わらない時もあります。その時は、日本人ご主人は大谷に、タイ人奥様は、 担当タイ人スタッフにご連絡頂ければ、お二人の意思の疎通のお手伝いをします(現在、アジアンマリッジ企画との提携により、アジアンマリッジ企画の東京オフィスにもご連絡頂けます)。

 5つ目は、タイ人奥様が日本へ入国後、お二人が結婚生活に慣れるまでには、様々な障害や問題が発生します。その時にも私やタイ人スタッフが直接対応し、お二人の結婚生活がスムーズに行くようフォローを続けていきます(アジアンマリッジ企画の東京オフイスでも、対応致します)。

 つまりタイ人女性会員の管理、お見合い、結婚式、婚姻、査証関係の書類作成、ご夫妻の結婚生活フォローまで、一貫して弊社内で行うのがBRING LUCKの強みであり、特徴です。

 この5人でお客様ご夫妻のお世話を致します。
         ↓↓↓↓↓↓↓↓
S__4849694S__4849695S__4849698S__4866109S__4849696




読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。
       ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1.  にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ



会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。

タイ国際結婚に関しての相談、質問、情報交換の場を作りました。ご興味のある方は、参加申請をお願い致します。Face book「タイ国際結婚相談所BRING LUCK」
1年以上
 タイ国の個人所得税の支払期間は、毎年1~3月である。この時期、会社員や自営業者は、前年度の所得を計算して所得税を支払う。

 会社によっては、会計事務所に個人所得税の計算や申告を依頼する所もあるが、私の会社は、個人で申告をさせている。

 だから私も税務署のHPから申告書をダウンロードをして、電卓片手にせっせと計算しながら、申告用紙に記入する。

 税金が還付される年もあれば、追加で支払わなければいけない時もある。ニヤッと笑ったり、フーと深いため息をついたりの繰り返しである。

 私の父は自営業だったので毎年の確定申告の計算は、共産党系の税理士さんにお願いしていた。両親が左系と言う訳ではなく、安い料金で仕事を引き受けてくれたので、私が住んでいた町では、その人を重宝していた。

 タイに住まわせてもらっているので、税金を支払うのは義務だし当たり前である。大変セコイ話で申し訳ないのだが、タイの観光地へ行き、外国人料金を支払ってと言われると「えっ、タイの国に税金納めているんですけど」と思ってしまう私。

 さて今年も税金を支払いに行きますか。

 読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。
       ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1.  にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ



会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。

タイ国際結婚に関しての相談、質問、情報交換の場を作りました。ご興味のある方は、参加申請をお願い致します。Face book「タイ国際結婚相談所BRING LUCK」
 
1年以上
 昨日、乗ったタクシーの運転手(男性)は、軍人さんで仕事が終ってから、タクシーに乗ってお金を稼いでいると話してくれた。

 その理由は、2人の子供の教育費にお金がかかるからだという。でもそれは親の責任だから、今が苦しくても頑張ってお金を稼がなくてはと言っていた。

 彼の色々な話を聞いていて、地に足が着いた人だなと思った。私はタイ人と一緒に仕事をしていて、タイ人男性には余り良いイメージがない。浮ついておかしなことを平気で言う人が多いからである。

 この運転手さんの話し方は気負わず自慢話をせずで、聞いていても面白かった。世の中には色々な人がいるとは分かっていても、ついつい周りにいる人達を見て判断しがちである。

 だからこういうタイ人の男を見ると、タイ人の男もまだまだ捨てたもんじゃないなと思った。家族や子供のために男がお金を稼ぎ、苦労するのは当たり前である。

 彼は子供たちの手が離れたら、奥さんと2人で旅行をしたいと言っていた。近い将来、きっとその夢が叶うんじゃないだろうか。

 さて表題の件ですが、その運転手さんからの話であった。彼はイサーン県の出身なのだが「昔のイサーン人は、鼻がペチャンコで、器量が良くない男と女ばかりだった。しかし今は・・・」と、タイのスター達の名前を挙げて、イサーンの**出身だと教えてくれたのである。

 そのスターの名前を聞いて「うーん、確かに美男美女だな。きっと色々なことが洗練され、鼻も高くなったのかな」と。時代はドンドン変わりますから、人の顔かたちも変わっていくのだろう。

 読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。
       ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1.  にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ



会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。

タイ国際結婚に関しての相談、質問、情報交換の場を作りました。ご興味のある方は、参加申請をお願い致します。Face book「タイ国際結婚相談所BRING LUCK」
 
1年以上
 今、タイの学校は夏休みに入り、いつものように渋滞が緩和され、ちょっとは通勤も楽になったのだが、暑いです。ムシムシと暑く、頭が痛くなる。

 これから4月に向けて、ドンドン暑くなる時期だから仕方がないのだが、メーサイの気候が懐かしい。

 今日、電話料金の支払に行くためトコトコ歩いていると、日陰にゴザを引いて子供たちが寝ていた。その近くでは、親らしき人が道路工事をしていた。

 きっと学校が休みになり、両親の仕事について来たのだろう。でもお父さん、お母さんは仕事をしているので、何もやる事がなくて寝ていたのかもしれない。それとも昼ご飯を食べて、お腹が膨れたので寝ていたのだろうか。

 そこには小学生の頃の私の姿があった。私の父も、私たち兄弟が夏休みになると、父の現場へ連れて行き、一日そこで遊ばせていた。

 父は毎日「仕事へ行くぞ」と私たちを誘っていた。たまに行くのが嫌になり「今日は行かない」と言うと、今日のお昼は、**のトンカツを食べようとか、**のラーメンを食べに連れて行ってやると言っては、私たちを連れだしていた。

 今、タイの会社の殆どの事務所では、学校が休みの子供たちが、ウロウロしているのではないか。人によっては「公私混同するな、仕事場に子供を連れてくるなんて、もっての外」と言うだろう。

 でもね私は「会社に子供がいるぐらいで、そんな目くじらを立てなくても」と思ってしまう。

 タイのこういう緩さは、私の好きなところである。

 読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。
       ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1.  にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ



会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。

タイ国際結婚に関しての相談、質問、情報交換の場を作りました。ご興味のある方は、参加申請をお願い致します。Face book「タイ国際結婚相談所BRING LUCK」
 
1年以上
 私が翻訳会社に勤めていた1999~2004年頃まで、日本から退去強制を受けタイへ帰国したタイ人女性と日本人男性の結婚届出用書類や在留資格認定証明書交付申請用書類の作成を行うことが多かった。

 その当時、タイ人女性から「タイ人ブローカーに騙されて、日本へ行った」とか、「工場で働けると聞いていたのに、実際は水商売をさせられた」という話を聞いた。

 最初はそういう話を聞いて、タイ人女性は騙されてかわいそうと思っていたが、100人以上のタイ人女性からそういう話を聞いて、???が出てくるようなった。本当にそうなの?と

 先日、日本のとあるタイのお寺に数人のタイ人が、置き去りにされたという話を聞いた。その人達はタイで「日本で良い働き口があるから、働かない?」と言われ、それを信じた。そして口利きの人に10万バーツ以上を支払い、日本へ来たのだが寺に置き去りにされたらしい。

 どうしてだろう?日本は単純労働者を建前上は、受け入れていないのに(技能の在留資格を取得すれば別です)。「日本で仕事をしない?良い働き口があるよ」という甘言を信用してしまうのだろう。

 タイ人から「日本で仕事をしたい。どうすれば良いか?」と相談を受けることもある。私は「簡単には働けませんよ。**という手続きを踏まなければ駄目ですよ」と説明する。

 すると「日本にいる友達が働けると言っている。だから大丈夫だ」と言われ、何も知らないんだなという顔をされることが多い。

 きちんと調べた正確なデーターより、家族、友人、知人の話や甘い希望に満ちた言葉を信じるタイの人達。今、SNSが発達しているが、基本は上記の思考があるので、間違った情報が拡散されていく。

 歯がゆく思うが、少なくとも私や弊社に連絡を頂いたお客様に、コツコツと事実と正確な情報を伝えて行くしかないのかなと思う今日この頃です。

 読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。
       ↓↓↓↓↓↓↓↓

  1.  にほんブログ村
  2. 人気ブログランキングへ



会社のロゴ
弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。

タイ国際結婚に関しての相談、質問、情報交換の場を作りました。ご興味のある方は、 参加申請をお願い致します。Face book「タイ
 
Prev7891011121314151617181920 Next

バンコクの日々

作者:PTS 大谷

タイの翻訳会社で、日本人とタイ人の国際結婚手続きを行っている日本人の日常生活をつづる。

7日 28 総合 631 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



PTS 大谷さん新着記事



過去記事

PTS 大谷さんへの新着コメント




バンコクブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 ちくりん夫婦の”タマダー生活”
2位 Weekender@Bangkok
3位 【SAKU-Trading 】営業3課
4位 妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)
5位 日本の家庭料理のお店「31」
6位 Cotanのバンコクお弁当宅配日記 Fromバンコク日本語予約センター"Haruka"
7位 クワムラック イサーンから愛をこめて
8位 タイあげ↑ニュース


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バンコクでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録