Welcome!

Let's cook Thailand Blog

1年以上
バンコク市内を走っている高架鉄道BTS。 (Bangkok (Mass) Transit System の略)

DSCF8578.jpg

昨年より、今までの「ドイツ・シーメンス社」製の車両とは別に「中国・長春軌道客車」製の車両が走っています。(主にドイツ製はスクムビット線、中国製はシーロム線を現在は走行中。)

このBTSの車体。

製作は上記の通りですが、デザインはここ!
↓↓↓
DSCF8577.jpg

車両の先頭に表示がありました。

PORSCHE(ポルシェ)・DESIGN 

BTS って、Porscheでした、ポルシェ。
1年以上
DSCF8793.jpg


この8月27日、28日とサイアムパラゴン内にて「Visit Japan FIT Travel Fair」が開催中。

日本への観光誘客のイベントで、旅行会社のブースから、「長崎県」の観光案内、「ドンキホーテ」の案内所まで色いろなブースや、イベントが開催されていました。
DSCF8796.jpg



↓こちらは“お寺”ブースではおみくじ(?)体験
DSCF8797.jpg


ちょうど私が見に行ったとき、ステージでは、アキバのトップメイド(らしい)、hitomiさんなる人が登壇中。

DSCF8814.jpg


「萌え~」文化について語った後、ミニコンサートが始まりました。

すると突然、観客席の一部から男声のうめき声が!

何かと思って振り向くと・・・

DSCF8808.jpg


『親衛隊』でした。。。

ここまで来るとは。さすがです。

観客もステージのコンサートと共に、この“親衛隊”も観覧中。

DSCF8805.jpg


まさか、パラゴンの中で本物の親衛隊を目にするとは。

でもこれって、日本への観光促進になっているのですかねぇ・・・
1年以上
DSCF8782.jpg


DSCF8783.jpg


在タイの日本人の間で、なーぜか有名な餃子専門店。『遼寧餃子館(ギィアオ・リャン・ニン)』

場所は…、Silom Rd.とNaradhiwas Rd.の交差点の横にある「Café de India」の横にある細ーい路地(Soi)を入って行ったところ。。。(とにかく、分かりづらい…)
最初は誰かに連れて行ってもらわないと店を探すのにもちょっと苦労するような場所にあるのが、この餃子有名店。

味もさることながら、コストパフォーマンスも素晴らしく、↑上、写真の蒸し餃子が10個で60バーツ(≒150円!)

今日の晩餐は、豚肉とねぎの炒め物180バーツ(≒470円)に、ご飯と飲み物で、〆て290バーツ(≒750円)

飲食店で大切な四つの要素。

「料理」「価格」「サービス」「雰囲気(清潔感)」の“料理”と“価格”は「◎」

営業時間が午前11:00~翌朝5:00 までと、いつ店を閉めているんだか分からない様な営業時間で毎日営業中。

DSCF8779.jpg

夜23:00頃には、店内で従業員が店のテレビを見ながら賄い中。
横でお客(私)が食事しているんですけれどね。

まぁ、ここら辺はご愛敬。




1年以上
DSCF8754.jpg


私の自宅があるアパートから僅か100m程の所に3日前、新しいスーパーマーケットがオープンしました。

AEON のタイ法人が造った「Maxvalu Tanjai」。
「Tanajai(ทันใจ)」とは「即効、即座、心か欲する早さに間に合うさま」という意味のタイ語です。

今まであったMaxValue(イオンタイランド)小型スーパーとして、今年の2月にトンロー地区で1号店をオープンして以来、半年でここの店舗が11店舗目。

タイの法律では大型幹線道路に面していない場所でのスーパー出店には店舗面積に制限があるそう(300㎡以下?)で、決して広いとは言えない店舗ではあるものの、その割には「おにぎり」や「弁当」、「日本の各種調味料」から「カット野菜類」まで品物は充実していて、さすがイオン! といった感じのスーパーマーケット。

バンコクでも生活も年々ドンドン便利になっています。

あとは、小売店でのビール・アルコール類の販売が深夜0:00以降に禁止となる法律さえなければ、バッチリなんですけれどねぇ…


下記、AEONの公式リリースページより転載

2011年2月24日 イオン株式会社
AEON (THAILAND) CO.,LTD

<マックスバリュ タンジャイについて>

・イオンは、新たな成長戦略として、今後の急成長が見込まれる「アジアマーケット」「大都市マーケット」「シニアマーケット」において、新しい成長機会を獲得できるよう、様々な取り組み を実施しております。タイにおいても、バンコク都をはじめ大都市圏の広域化が近年顕著に なっており、今後、都市部人口急増地域での新規出店をさらに進めてまいります。

・イオンタイランドは、「マックスバリュ」と「マックスバリュ タンジャイ」の2つのスーパーマーケット業態で、それぞれのエリアでお客さまのニーズにお応えできる店舗を出店してまいります。

・「マックスバリュ タンジャイ」は、これまでのスーパーマーケット「マックスバリュ」(約1,000~2,000 ㎡)より、お客さまの生活シーンに欠かせない品々に絞り込み、売り場面積を半分以下(300 ㎡前後)にコンパクトにすることにより、ショートタイムでお買物ができる利便性を高めた都市型小型スーパーです。

・「タンジャイ」は、タイ語で「思い通りに、すばやく」という意味があります。お客さまの毎日のお買物が、より便利に、より快適にできる店舗を実現いたします。
1年以上
logo_tokyo.gif

「半額東京」というサイトをご存じですか?
一言でいえば、「みんなで共同購入して安いチケット(クーポン)を手にすることができる」システムを提供しているサイトなのですが、これの「バンコク版」が今年の初頭から稼働しています。

半額バンコク・サイトへ

logo_tokyo.jpg

日本国内でもまだ「北海道」「群馬」「東京」「長野」「沖縄」の5箇所だけなのに、なぜか海外でしかも“バンコク”でのみ、この半額クーポン制度が存在しています。

今日、私の職場に半額バンコクのタイ人営業担当から「半額バンコクに商品を提供しませんか?」と電話が入ってきました。(仕事としては即で断らせてもらいましたが、個人的利用には大いに興味あり!)

調べてみると、親会社の「半額東京株式会社」、
主要株主名にはあの『堀江貴文』氏や飲食業界の風雲児『エムグラントフードサービス(代表・井戸実 氏)』が名を連ねています。

バンコクは、その株主の一つ『エーステクノロジー社』が運営しているようですが、これからタイでもこのクーポン制度は定着していくのでしょうか?

このサイトが面白く化けていくと、“「割引き・値下げ」大~好き”のタイ人には受けそうなシステムではあると、確かに思うのですが、、、

Let's cook Thailand Blog

作者:Let's cook Thailand ~泰国的生活~

Let's cook Thailand Blog

はとにかく、とことん、タイ料理・タイの一般日常食を数多く紹介しているサイトのブログ。

7日 36 総合 1848 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Let's cook Thailand ~泰国的生活~さん新着記事

Smith..
1年以上

ガイ・サテ..
1年以上



過去記事

Let's cook Thailand ~泰国的生活~さんへの新着コメント




バンコクブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 ある日本人向け不動産屋のブログ タイ バンコクより
2位 妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)
3位 Weekender@Bangkok
4位 TLOのブログ
5位 タイ語でお邪魔しタイランド
6位 タイランドからの便り
7位 浪速のジャズシンガー
8位 リーアン パーサー タイ!! blog 


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バンコクでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録