Welcome!

サイアム系で行こう! タイの音楽・映画・夜遊び情報

118日前
arukuBKK2017

北海道のラジオ局・FMノースウェーブで毎週日曜日に放送中のタイ専門番組「Sabaai Sabaai! Thailand」内のトークコラム「ラジオ版サイアム系で行こう!」

6月11日は多忙により、18日は番組企画によりお休み。25日はその多忙の原因となったガイドブック『歩くバンコク』について話しました。

2000年から毎年1回発行しているこのガイドブック、僕が編集を担当するようになってたぶん14冊目となる『歩くバンコク2017-2018』が今年もそろそろ制作終了! ということで、この本の特長と今年の内容について紹介しました。

今年は掲載する駅を入れ替えてページ構成を変更したり、巻頭特集をかなりディープな内容のものにしたりと、例年より3割増しくらいの労力を注ぎ込んで作っていますので、ぜひ買ってください!

ちなみに今年は日本版とタイ版で巻頭特集の内容を変えるという試みもしています。

【日本版】巻頭特集:多彩でゆるいワンダーランドへ
ArukuBKK2017coverJPweb

【タイ版】巻頭特集:保存版 ロット・トゥー(乗り合いバン)路線(ほぼ)全案内

ArukuBKK2017coverBKweb

日本では907円+税、タイでは280Bにて、主要書店にて販売中です。

Amazonでも販売中。Kindle版もKindle Unlimited版もあります!



放送の中ではカットされてしまったのですが(長く喋りすぎ)、実は海外のガイドブックは、紙の冊子と電子書籍版の両方を活用するのがおすすめです。

というのは、海外の道端でガイドブックを開いたり、見えるように持ち歩いていたら、周りからは「ああ、この国に慣れていない日本人だな」というのが丸わかりになるため。

外国人旅行者を狙う悪い人からすればカモの目印となってしまいます。

しかも、本を開いて読んでいる最中は無防備になるのでスリにも狙われやすくなります。

その点、スマホの電子書籍アプリに入れておけば、外で情報を確認しても、それは「街なかでスマホを見ている人」。より目立たずに済むはずです。

ただし、電子書籍だとパラパラめくって行きたい場所を探す、なんてことは無理。たとえばホテルの部屋とかカフェの席などでこれからの旅のプランを練るには紙の冊子の方がおすすめです。

そう。ガイドブックは紙をパラパラめくってプランを練り、実際にそこへ行く際はスマホを使ってその店の地図や情報を確認しながら向かう、というのがおすすめなんです。

スマホならポケットからさっと取り出すだけなので、いちいちカバンを開けて冊子を取り出す必要もありませんしね。

この両方使い、初めて台湾に行った時に『歩く台北』でやってみたのですが、なかなかよかったです。



特に歩くバンコクについてはKindle Unlimitedに入っていれば電子書籍版は無料でDLできるので、試してみてはいかがでしょうか?

6月25日の放送内容はこちら!

紹介した曲はこちら!

■Cyndi Seui「BKK」
https://www.beatport.com/track/bkk-original-mix/9387658
※楽曲販売サイトなので、曲の一部のみ試聴できます。
119日前
HUA HIN

北海道のラジオ局・FMノースウェーブで毎週日曜日に放送中のタイ専門番組「Sabaai Sabaai! Thailand」内のトークコラム「ラジオ版サイアム系で行こう!」

今回はタイの音楽関係のニュースをいくつか紹介しました。

フアヒン・ジャズ・フェスティバルが3年ぶりに復活!


HUAHIN2

王室御用達の避暑地・フアヒン。近年はジャズを愛したプミポン前国王にちなんで「ジャズの街」として各種ジャズイベントが開催されてきましたが、その中でも最も代表的なイベントがフアヒン・ジャズ・フェスティバルです。が、ここ2年ほどはいろいろあって不開催。それが6月下旬に復活した、という話です。


新タイプのガールズ・グループ「MONO MUSES」誕生! SNSでいいね!を集めてデビュー曲を目指す!

MONOMUSES


5月にMONO MUSICというレコード会社から新しいタイプのガールズ・グループがデビューしました。MONO MUSESという女の子7人組のグループなのですが、この面白いところはInstagramやFacebookのようなSNSやYoutubeを徹底的に活用して、その結果によって活動内容が左右されるというところ。

※現在はメンバーが1人脱退して6人組になってしまったようです。デビュー曲が出る前にこんなんじゃ、先が思いやられますね……。


タイを代表する歌姫・Palmyが新曲を4年ぶりにリリース!

PalmyMassage


5月24日、タイを代表する歌姫、Palmyが4年ぶりとなる新曲をリリースしました。待ちに待った! という感じです。

新曲のタイトルは「ヌアット(マッサージ)」という変わったタイトル。これを話している段階ではまだ予告映像しかリリースされていないのですが、歌詞の内容は恋愛をマッサージにたとえた感じ?になっているようです。

6月4日の放送内容はこちら!

当日の番組ブログはこちら!

紹介した曲はこちら!

■Palmy「ヌアット」(マッサージ)
120日前
BadGeniusposter

北海道のラジオ局・FMノースウェーブで毎週日曜日に放送中のタイ専門番組「Sabaai Sabaai! Thailand」内のトークコラム「ラジオ版サイアム系で行こう!」

5月28日の放送では、5月3日に公開されて大ヒット中のタイ映画『チャラート・ゲーム・ゴーン』(英題:Bad Genius)について紹介しました。

中流家庭に生まれたものの、その頭脳明晰さから上流家庭向けの私立高校に進学した天才少女・リンが学費を稼ぐため、周囲のボンボンたちを相手にカンニング・ビジネスを開始。

頭脳を活かして思いもかけぬ手段でカンニングの手法を思いつく少女。そのビジネスはエスカレートしていき、ついに国境をまたにかけた一世一代のカンニングに挑む。果たして彼女とその仲間たちはあらゆる監視の目をくぐり抜けてカンニングを成功させ、大金を手にすることができるのか? といった内容。

スリリングなサスペンス要素が受けて、大ヒット。興行成績1億Bを超え、東南アジア各国や台湾などでも次々と公開されました。

opgmpap1aF0oH8TyKhD-o

5月28日の放送内容はこちら!

当日の番組ブログはこちら!

紹介した曲はこちら!

■イメージ・スティター「モーン・チャン・ティー(私を見て)」


ちなみに、これはカバー・バージョン。オリジナルはこんな感じの曲になります。

■Fwends「Why Can't You See」
120日前
ファイル 2017-08-13 11 51 34

北海道のラジオ局・FMノースウェーブで毎週日曜日に放送中のタイ専門番組「Sabaai Sabaai! Thailand」内のトークコラム「ラジオ版サイアム系で行こう!」

5月21日の放送では、5月3日に公開されて大ヒット中のタイ映画『チャラート・ゲーム・ゴーン』(英題:Bad Genius)について紹介……しようと思ったのですが、その前に軽く話そうと思った「最近の屋台事情」が意外と長くなってしまい、屋台事情のみになってしまいました。

5月21日の放送内容はこちら!

当日の番組ブログはこちら!
120日前
TCDC

北海道のラジオ局・FMノースウェーブで毎週日曜日に放送中のタイ専門番組「Sabaai Sabaai! Thailand」内のトークコラム「ラジオ版サイアム系で行こう!」

5月14日の放送では、5月上旬に移転リニューアルオープンしたTCDC(タイランド・クリエイティブ&デザイン・センター)について紹介しました。

TCDCはタイ国内のクリエーター育成のため2003年に高級デパート・エンポリアム内にオープン。当時まさに流行の最先端を行っていた場所で始まったこの施設ですが、今回は、まさに正反対。旧市街を代表するジャルンクルン通りにある中央郵便局内に場所を移しました。

最先端から近代都市バンコク最古ともいえる地区へ。この移転が意味するものについて紹介しました。



5月14日の放送内容はこちら!

当日の番組ブログはこちら!

紹介した曲はこちら!

■サーイ・ジャルンプラ「サーイ・ロム・ティー・ワン・ディー」(願いの風)

サイアム系で行こう! タイの音楽・映画・夜遊び情報

作者:fuku

サイアム系で行こう! タイの音楽・映画・夜遊び情報

極私的バンコク・レビュー。大好きなタイ音楽やタイ映画、最新のクラブ情報などを気ままに紹介していきます。

7日 22 総合 9919 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



fukuさん新着記事



過去記事

fukuさんへの新着コメント




バンコクブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)
2位 ある日本人向け不動産屋のブログ タイ バンコクより
3位 Weekender@Bangkok
4位 タイおおざっぱ情報
5位 バンコクの日々
6位 タイランドからの便り
7位 タイ・バンコク★仕入れサポート【Saku Trading Co.,Ltd.】
8位 バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バンコクでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録