Welcome!

サイアム系で行こう! タイの音楽・映画・夜遊び情報

263日前
BKKSR

北海道のラジオ局・FMノースウェーブで毎週日曜日に放送中のタイ専門番組「Sabaai Sabaai! Thailand」内のトークコラム「ラジオ版サイアム系で行こう!」

3月26日の放送では、昨年半ばにオープンしたばかりの新たなタイプのミニシアター「Bangkok Screening Room」について紹介しました。

映画をこよなく愛する3人が共同出資して立ち上げたこのシアター、通常のシネコンではなかなか上映されないインディーズ映画や古典映画、カルト映画などを中心に上映しています。

BKKSRbar

上映室のほかにカフェバーも併設。映画鑑賞の前後に飲食したり、ここで買ったクラフトビールやカクテルを上映室に持ち込んで飲みながら観ることもできます。

上映スケジュールの確認やチケットの予約・購入は公式サイトで可能です。

公式サイト

公式FBページ

また、タイの映画人育成のため、だれでも作品を上映できる枠「オープン・フィルム・プログラム」を用意していたり、上映会などのイベントにも貸し出しています。

これでまたひとつ、タイの映画館で観られる作品の幅が広がりましたね。

3月26日の放送内容を聴くにはこちら!

当日の番組ブログはこちら!

紹介した曲はこちら!

■Moderndog「スカラ」(スカラ映画館)


「映画館に関する曲」ということで真っ先に思いついた曲がこちら。好きな子を延々と映画館に誘い続けるという歌詞になっています。日本語バージョンもあり。

266日前
Supannahong26

北海道のラジオ局・FMノースウェーブで毎週日曜日に放送中のタイ専門番組「Sabaai Sabaai! Thailand」内のトークコラム「ラジオ版サイアム系で行こう!」

3月19日の放送では、3月5日に発表された映画賞「スパンナホン賞」の受賞作品について紹介しました。

スパンナホン賞は「タイ版アカデミー賞」とも呼ばれるほど権威のある映画賞で、今年で26回目を迎えます。

今回、最優秀作品賞に輝いたのは『ダーオカノン』(英題:By the Time It Gets Dark、邦題:暗くなるまでには)という作品。

DaoKanon

ダーオカノンというのはチャオプラヤー川西岸にあるバンコク内の地名なのですが、バンコクで高速道路に乗っているとよく行き先表示の看板で見かけるものの、実際に足を運ぶことはなかなか少ない場所。

■予告編


公式FBページ

芸術性が高いため、どういう作品なのか説明するのがなかなか難しい、特に音声のみのラジオではかなり説明が大変な作品です。

3月19日の放送内容はこちら!

当日の番組ブログはこちら!
その1
その2

紹介した曲はこちら!

■ペー・アーラック「Lie」



個人的にはこの『パン・ナムマン』という作品が受賞作の中では気に入ってます。
267日前
Siam theme poster


北海道のラジオ局・FMノースウェーブで毎週日曜日に放送中のタイ専門番組「Sabaai Sabaai! Thailand」内のトークコラム「ラジオ版サイアム系で行こう!」

3月5日の放送では、3月30日に公開予定の『サイアムスクエア』というタイトルのタイ映画について紹介しました。このブログをやっていたら避けて通ってはいけない作品ですよね。

SiamSquare3328_resize

とはいえ、収録の時点では予告編も公開されておらず、作品内容に関する事前情報もまだ十分には出ていなかったため、少ない情報の中で喋るのがちょっと難しかったです。

SiamSquare8030_resize
_DSC4206_resize

映画のキャッチコピーは「サイアムスクエアがオープンして52年、あなたのまだ見たことがないサイアムスクエアの姿がここにある」

この映画の内容はというと、文字通りサイアムスクエアを舞台に展開される物語なのですが、16~24歳の新人俳優・新人女優10人が高校生役で出演して、サイアムスクエアでそれぞれの青春群像が繰り広げられるけれど、だんだんとホラーな内容に変わっていき……、といった感じらしいです。

SiamSquare3277
SiamSquare3048_resize

■予告編


前情報があまりなかったので、サイアムスクエアそのものの歴史についてもちらっと触れました。

3月5日の放送内容はこちら!

当日の番組ブログはこちら!

紹介した曲はこちら!

■Flure「カン・レ・カン」(~しあう)


この時点では『サイアムスクエア』の主題歌はリリースされていなかったので、同じサイアムスクエア関係の作品ということで、2007年公開のタイ映画『ラック・ヘーン・サヤーム』(邦題:サイアムクエア)の主題歌を紹介しました。
267日前
MrHurt

北海道のラジオ局・FMノースウェーブで毎週日曜日に放送中のタイ専門番組「Sabaai Sabaai! Thailand」内のトークコラム「ラジオ版サイアム系で行こう!」

2月19日の放送では、最近のタイ映画事情あれこれと題してタイ映画に関するちょっとした話題をいくつかまとめて紹介しました。

今回話した話題はというと、

・3月3~12日開催の第12回大阪アジアン映画祭でタイ映画5作品が上映。

・「タイ版アカデミー賞」ことスパンナホン賞のノミネート作品が発表。賞争いの中心となったのは『暗くなるまでには』(ダーオカノン)と『一日だけの恋人』(フェーンデイ)。タイとミャンマーの合作映画『From Bangkok to Mandalay』も善戦。

・2月2日に公開されたタイ映画『Mr.Hurt』が大ヒット中。(興行成績は最終的に7100万B以上行ったようです)



あまり大ネタがなかったので、小ネタを束ねてようやく1本にしたような回でした。

2月19日の放送内容はこちら!

当日の番組ブログはこちら!


紹介した曲はこちら!

■Instinct「ルム・ラック」(恋の穴)
269日前
Neppu20107-03

わが地元紙・北海道新聞に月1回ペースで連載されているアジア・エンタメコラム「熱風アジア」

3月のタイ回では、3月9日の、北海道は東川町を舞台に撮影されたタイ映画『PRESENT PERFECT – ケー・ニー・ゴ・ディー・レーオ』を紹介しました。

PPPoster03

ラジオと話したネタとも被っちゃっているのですが、地元・北海道とも関わりが深いことだし、内容も半分くらい変えています。



これ、観に行きたかったのですが、タイ国内では非常に限られた公開館数で上映回数も少なかったため予定が合わず。結局見逃してしまいました。DVD出たら買いたいけど、たぶんDVD化も難しいだろうな……。

ちなみに4月21日から台湾で公開されています。台湾はLGBTへの関心度が高いので、もしかしたらタイ国内よりもヒットしたりするかも!?

次の出番は6月になります。

サイアム系で行こう! タイの音楽・映画・夜遊び情報

作者:fuku

サイアム系で行こう! タイの音楽・映画・夜遊び情報

極私的バンコク・レビュー。大好きなタイ音楽やタイ映画、最新のクラブ情報などを気ままに紹介していきます。

7日 25 総合 9925 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



fukuさん新着記事



過去記事

fukuさんへの新着コメント




バンコクブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 ある日本人向け不動産屋のブログ タイ バンコクより
2位 妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)
3位 Weekender@Bangkok
4位 TLOのブログ
5位 タイ語でお邪魔しタイランド
6位 タイランドからの便り
7位 浪速のジャズシンガー
8位 リーアン パーサー タイ!! blog 


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バンコクでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録