Welcome!

クワムラック イサーンから愛をこめて

1年以上


ウドンタニ県はタイの東北部、バンコクから560Km、ラオス国境まで50Kmの場所に位置する。市内を一級国道である国道2号線が走り、空港は一応国際空港で(もっとも、国際線は飛んでいないが)バンコクやチェンマイとの定期航路が毎日数便就航している。また、バンコクからは特急列車(約10時間)や1日数十便の長距離バス(約9時間)も連絡している。

県都であるウドンタニ市はコラート、コンケンについでイサーン地方で3番目に大きな都市であり、商業施設、総合病院、市民公園など、都市に必要な機能は一通りそろっている。

また、ウドンタニ空港は軍用飛行場としての用途がメインであり、民間ターミナルは空港の片隅にちいさくまとまっている。どうも、軍用機の発進が優先されるようで、旅客機が滑走路のそばで待たされることも珍しくない。




ウドンタニ県の詳細についてはこちらを参照ください。


1級国道である国道2号線は当然だが、市内や周辺部を走る道路も広く、かなり整備されている。ベトナム戦争時代は米軍の一大基地群があり、北爆や救難活動の最前線基地として使用されたことから、米軍がかなりの資金を投下して整備したということだ。
また、その影響なのか市内には数多くの欧米人が暮らしており、また外国人に対する抵抗がほとんどないためか、タイ全県のなかで国際結婚率がトップという特徴を持つ。郊外には居住者の8割が国際結婚カップルというムーバーンもあるし、ちょっとしゃれた家を見かけると、娘が外国人と結婚しているという事も多い。

また、市内にはベトナム戦争時代のなごりを留める歓楽街やバービヤ群も残っており、昔、タイに駐留していたと思われる年寄りの欧米人で結構賑わっている。ただし、日系の企業とかはほとんどないので、街で観光客以外の日本人を見かけることはほとんどない。

市内の交通機関は決められた区間を走るソンテウが主力で、それにタクシーとして利用する動力サムローが加わる。昔ながらの人力サムローもときおり見かけるが、かなり数は減っているようだ。車夫も老人が多い。僕も一度人力サムローに乗った事があるが、やせた体で僕と嫁を乗せたサムローのペダルをこぐ姿に耐えられず、途中で降りてしまった記憶が残っている。後数年もすれば消えていく乗り物だと感じた。



市内には路線バスは走っていないが、市内と郊外は短距離の路線バスで結ばれている。
ウドンタニの路線バスは、1家族が1台のバスを所有し、全員が組合に所属して、決められた路線を走る。うちの家族もそのバスの営業をしている。路線はウドンタニ中心部から国道2号線をノンカイ方向に約30キロほどである。他の公共交通機関がまったくないので、郊外に住む住人にとっては貴重な足である。ノンエアコンだが、運賃はバンコクのそれよりも高めである。嫁の両親が健在なころは、父親が運転、長兄と母親が交代で車掌を務めていたが、両親、長兄が他界した今は、嫁の弟夫婦がそれを引き継いでいる。



バンコクに比べると、自家用車の普及はまだ遅れているが、なにをするにも徒歩では不便な土地なので、各家庭には大人ひとりに1台のバイクがあるのも珍しくない。うちにも僕用を含めて4台のバイクと自家用サムロー1台がある。バンコクと違い、運転免許などはほとんど無視である。中学生などは普通にバイクで通学している。



市街地は、国道2号線と垂直、東西方向に発展しているように見受けられるが、僕の家は国道2号線をノンカイ方向に20分ほど走った市外北方の郊外にある。国道2号線からちょっと脇道にそれると、昔のままの自然がのこっている。










1年以上
今日は花金。自営業の僕にはあまり関係ないといえばそうなんですが、たまにはいいよね。。。」と言うことで、飲み歩いていました。ナノで酔っ払いモード。文章を書くのはつらいものがありますので、今日はお休みです。ごめんなさい。代わりといっては何なんですが、皆様へのお礼の意味で。。。。

このBlogを立ち上げて17日が経過しました。最初の数日は訪問者もほとんどなく、くじけそうになりましたが、皆様の応援のおかげで、参加しているBlogランキングの上位に位置するようになりました。特に「バンコク生活情報」様の週間ランキングでは、3000近い登録数のなかで2位まで上がりました。また、1日の訪問者数も日々増加し、今日現在でのべ861名を数えております。場末の個人Blogとしては出来すぎの数字であり、こんな駄文を懲りもせず読んでくださっている皆様にはお礼の言葉もありません。これからも駄文しか書けないとは思いますが、よろしくお付き合いください。

願わくば、もう少し文才がほしいぞ.

友達常時募集中。よかったらコメントくださ~い。


参考資料















1年以上
タイで多いコンピュータトラブルについて書いてみる。

1位、ハードディスクの故障

タイではハードディスクがすぐ壊れる。僕のところに持ち込まれるトラブルで一番多いのがこれ。壊れてしまったハードディスクは物理的に交換するしか手が無い。それは仕方がないのだが、問題はデータである。取りためた写真、メール、あるいは仕事上のデータなどが全部飛んでしまう。どうにかして回収出来ることも多いが、完全に壊れてしまうと手の施しようが無い。壊れるまえには必ずなんらかかの前触れがあるので、すぐに専門家に相談するか、データのバックアップをとっておくのが好ましい。

ハードディスクがすぐ壊れる原因はタイの電気事情による所が大きい。220VAという高圧なのと、電圧が不安定なのが重なって、停電や落雷によるサージ(過電流)の影響を受けやすい。壊れにくくするためには、サージ防止機能付のUPS(無停電電源装置)を使うのがもっとも効果的である。パソコン専門店やロータスなどで2000バーツ~3000バーツ位で手に入る。

2位、スパイウエア

ウイルスと同じようなものであるが、最近はウイルスによる被害よりスパイウエアの被害のほうが多く見られる。最近はタイのメールサーバでもメール上のウイルスをチェックしてくれるところが増えてきたようで、ウイルスメールが届く事は少なくなった。
ところがスパイウエアについては、Webを閲覧したり、発行元のはっきりしないソフトをインストールしたりといった行為でも感染するので、パソコン側で注意しておく必要がある。

スパイウエアに感染すると、コンピュータが急に重くなったり、変なホームページに飛ばされたり、ハードディスクのランプがつきっぱなしになったりという現象が見られる。
特にハードディスクのランプがつきっぱなしになる時は、パソコン内部のデータを盗まれている可能性があるので、ただちにインターネットの接続を切る必要がある。
そのうえで、スパイウエアの検査を行い、見つかったものはすべて除去する。

スパイウエアに感染しないようにするには
1、チェックソフトを常時動かしておく。
2、チェックソフトのアップデートを定期的に実行する。
3、HPを閲覧中に「続きを読むにはこのボタン」といわれる事がよくあるが、怪しいと思ったらキャンセルする事。

当たり前の事を書いたが、スパイウエアの除去はウイルスのそれより厄介なことも多く、ノートンなどといった市販ソフトでもすり抜けてしまうことがある。ちなみにある機関が行ったテストでは市販ソフトでさえ90%程度しか防御出来なかったということだ。

ころばぬ先の知恵。予防が一番。。。である。





1年以上
そのバーはソイカウボーイというゴーゴーバーなどが立ち並ぶ外国人向けの飲み屋街の一角にあった。左隣は日本人狙いのゴーゴー、両側をゴーゴーバーに挟まれた形の小さな店だった。入り口は小さく、おまけにスモークガラスなので外から店内の様子を伺うことは出来ない。店のなかも薄暗く、かなり怪しげな雰囲気をかもし出している。隣のゴーゴーや表通りは日本人の姿も見るが、このバーで日本人を見ることはまずなかった。たまに店内を覗く日本人もいるが、あまりの怪しさにしり込みするのか、覗いただけで帰ってしまう。

店は細長い造りで、一方に10メートル程のカウンター、もう一方の壁に沿ってソファーが並ぶ。カウンターの後ろには昔のなごりなのか、ゴーゴーバーのようなポールが立っていたが、いつのまにか無くなった。2階は店の女の子の寮になっていて、田舎から出てきた女たちが数人、共同で暮らしていた、

当時僕はスクムビットの10番台のソイに住んでいたが、この近くにあった飲み屋街が次々に閉鎖され、最後に残ったのはアソーク交差点近くに位置するソイカウボーイだけだった。

僕は酒飲みだが、ゴーゴーは苦手なほうである。音がうるさいし、ゴーゴーのダンサーたちは基本的にコーラ代ではなく、客とベッドをともにする事で得られる収入で生計をたてている。僕のような連れ出す気のない客は彼女たちにとってもあまりありがたくない客のはずである。それが解っているからゴーゴーで飲んでもどうしても乗れない。女の子をつけないで酒だけを飲むのも可能だが、それなら家で飲んでいたほうが安あがりだ。
そんな理由から、オープンバーやカウンターバーで飲むことが多い。そんな店でも女を売り物にしているのは同じなのだが、ゴーゴーバーほど露骨ではない。飲むだけの客でも普通に楽しませてくれる。

この店の客のほとんどが欧米人の年寄りであるが、それにはちゃんと理由がある。その店はベトナム戦争当時からその場所で営業している唯一のバーで、お客のかなりの部分は30年以上も常連なのだ。本国に帰還した兵士たちがタイに観光などで訪れる時、なつかしさも手伝って店に顔を出すらしい。

店のオーナーママは、もう60歳を超えていると思う。今では80キロを越す巨漢だが、若い時はかなりの美人で、兵士たちにかなり人気があったと常連客の老人に聞いたことがある。
女の子も常時10人位はいるが、あまり稼ぎにならないのだろう。幾人かを除いては入れ替わりが激しい。

僕は結局5年間その店に通った。アソークに事務所を置いている時は仕事が終わってからまずその店で2,3杯飲んでから街に繰り出すなり、家に帰るのが日課だった。嫁とその店で待ち合わせたことも何度かあったが、仕事場と住居を離れた場所に移してからは月の数度顔を出す程度になってしまっていた。

そのバーが閉店した。ママの息子がギャンブルで借金をし、その支払いのために店を手放さざるを得なくなったらしい。元々そう儲かっている風でもなかったから、店を売る以外に手立てはなかったようだ。閉店の前の日に店に行ったが、なんの変哲もなく、静かな幕切れだった。

今現在、その場所は隣のゴーゴーバーが買い取り、すでにその店の一部になっている。ママはどこか郊外でタイ人向けのカラオケ屋を始めたと聞いたが、元の従業員に聞いても誰もその場所をしらない。尋ねてみたい気はあるのだが、どうしようもない。



写真中央、風船の後ろ位にその店はあった。
(写真はBACARAの公式ページから借用しました)







1年以上
今日は少し時間が空いたので、Blogのお色直しに挑戦。
前からやりたかったのだけど、ここ忍者Blogにこれっ!ていうテンプレートが無かったんでどうするか悩んでいました。結局は自分でつくるはめに。といっても雛形はあるので、壁紙やらレイアウトやらをセットするだけ。1時間ほどで出来上がりです。
壁紙にはオリエント風のものを使い、画面トップにはタイの水上マーケットの写真を埋め込んでみました。少しはタイらしくなったでしょうか。



トップに張った写真のオリジナル(ダムナンサドアク)

話変わって、作業部屋のテレビが壊れてしまいました。写ることは写るんですがチャンネルの変更が出来ない。どこを押しても同じチャンネルしか写りません。5年前に買ったものなので、もう寿命なのかなあ。でも他はなんともなさそうなので、捨てるのはもったいない...というわけで修理に出すことにしました。普通なら店に持ち込みですが、運がいことに大家の友達が修理屋さん。朝の9時に電話、すぐ取りに来て3時間後には直して部屋まで届けてくれました。タイらしくない早業(笑)、結局チャンネルを制御するICが飛んでたみたいで、それを交換したとの事。修理代は言い値550バーツ。しっかり物の嫁が値切って520バーツまで下がりましたとさ(笑)



クワムラック イサーンから愛をこめて

作者:SAKUTAMAN

クワムラック イサーンから愛をこめて

イサーンのウドンタニとバンコクを往復しながら日夜頑張ってます。タイのパソコン,イサーンネタ、タイの全般情報など。

7日 35 総合 1975 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



SAKUTAMANさん新着記事

KICHEN31..
1年以上

リカバリー..
1年以上



過去記事

SAKUTAMANさんへの新着コメント




バンコクブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 Weekender@Bangkok
2位 妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)
3位 タイ語でお邪魔しタイランド
4位 タイランドからの便り
5位 バンコクで働く医療コーディネーターTAKEのブログ
6位 サイアム系で行こう! タイの音楽・映画・夜遊び情報
7位 《微笑みの国タイランド》【バンコク★SPA(スパ)の花道】
8位 【タイ・バンコク近郊 こだわり情報+α】


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バンコクでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録