Welcome!

クワムラック イサーンから愛をこめて

1年以上
タイ人は小さい時から本当の名前とは別にニックネームを持っている。大抵はリン(サル)とかプー(カニ)とか、中にはオワン(でぶ)はてはベンツというのも珍しくないが、共通して言えるのは、勇壮な名前とか、美人の代名詞的なものはほとんど無いということである。

聞きかじりだが、悪霊(ピー)が子供をさらっていかないように、わざと矮小なニックネームをつけて、悪霊の目をそらすという風習のなごりだという。もちろん、役所に届け出た名前はちゃんと別にあるのだが、友達同士や家族内ではこのニックネーム(タイ語でチューレン、チューは名前、レンは遊びの意)で呼び合うのが普通である。中には10年以上の知り合いなのに、本名を知らず、知っているのチューレンだけというケースもある。

もちろん、僕もチューレンを持っているが、これは僕が便宜上勝手につけたものである。ただ長く使っているので、うちの家族(嫁も含めて)は皆、僕のことをそのチューレンで呼んでいる。

ところが、一部の間で最近別の名前で呼ばれていることがわかった。下記の名前である。



カタカナで書くと「チュアイ」。このタイ語で連想するのは「助ける」という意味が一般的だが、この場合スペルも意味もはそれとはちょっと異なる。
(タイ語はカタカナで書くぶんには同じ言葉でも声調によって意味がことなります)


のんびりした人、静かな人、動きがスローな人と言う意味らしい。
普段は、目上の人への敬称である「ピー」をつけて「ピーチュアイ」と呼ばれているらしいが、僕にそれを教えてくれた人物によれば、けして馬鹿にしているわけではなく、親しみをこめてそうよんでいるらしい。また、別のタイ人に言わせると「ドラえもんののび太」のイメージということだ。

タイ人同士だと年上に対する尊敬をこめて敬称である「ピー」を使うのはごく普通だが、外国人にたしいして使う事は少ない。普通は名前かニックネームだけだけで呼ばれる。そう考えると蔑称として用いられてないことは容易に想像できる。

ましてや、広まっているのは若い女性たち(嫁の仕事場のスタッフ)の間らしい。その娘たちは僕と面と向かったときは僕のことを「パパ」と呼ぶ。愛人としてのパパではなく、親子としてのそれである。まあ実際に親子ほどの歳の差があるし、皆田舎から出てきている娘たちなので、僕を本当の父親のように大事にしてくれる。

嫁は外向的な性格でネアカ、よくしゃべるしどちらかというと吉本系(笑)面倒見がいいのか、若い娘に慕われることが多い。それに比べて、僕は無口で静かなほうである。動作もスローモーなのだろう(実はただの無精者なのだが

よく、二人でボケ突っ込みの漫才が出来るとからかわれる。もちろん僕がボケ役(笑)
だからそういうニックネームがついたのかもしれない。

でも僕的にはこの名前も悪くない。名刺の裏にすりこむかな(笑)




タイでのコンピュータトラブル解決します。電話相談無料!
1年以上
僕は九州博多で育ちました。だからという訳ではありませんが、海が好きです。日本にいるときも、暇を見つけては海を見に行ってました。まあ、車で1時間も走れば自然のままの海岸や砂丘がいくらでもがあったからなんですけど。タイに来る前にはグアム、サイパン、ハワイ、沖縄の波照間、石垣、はては三宅島や八丈島まで、いろんな所をうろうろしていました。一応ダイビングのライセンスも取ったのですが、10年ほど前に若年性脳梗塞という病気にかかってからはドクターストップで、それは出来なくなってしまいました。

脳血管の一部に生まれつき細い部分があって、潜水中に血液中の気泡のせいで血管がつまる可能性があるとの事です。脳梗塞自体は2ヶ月ほどの入院治療で回復し、後遺症もそれほど残っていませんが、今でもアスピリンと動脈硬化予防のための薬は飲み続けています。毎月血液検査もしていますが、タイの社会保険制度のおかげで、治療費も薬代も無料。このへん、ある意味タイのほうが進んでいますね。

でも、海好きなのはタイに来ても変わっていません。暇を見つけては気軽に行ける近場の海でのんびりするのが楽しみのひとつになっています。

ということで、今日はサメット島のご紹介。



サメット島はバンコクから車で3時間位、パタヤの先、ラヨーンの沖合いに浮かぶ島です。

ラヨーンからは船で30分、海岸以外はほとんど山ばかりで、平地はほとんどありませんが、きれいな砂浜がいくつもあり、島全体がビーチリゾートになっています。
島は国立公園に指定されているため、島に入るときに入島料を取られます。面白くないのはその料金がタイ人と外国人で異なること。見た目タイ人の僕ですが、きっちり外国人料金をとられてしまいました。プロの目は節穴ではない(笑)





島にはいくつものビーチがありますが、僕が行くのは島の一番端のほう。桟橋がにないのでハシケに乗り換えて上陸する海岸です。そのぶん、予約なしでいっても大抵は泊まれるのがみそ、それに比較的静かで、物売りもうるさくありません。

海岸にはあまりたいした設備はありませんが、リゾートホテルが数件あり、事実上そのホテルのプライベートビーチとなっています。
宿泊料金は少し高め。僕ら(嫁や友人夫婦と行くことが多い)がいつも利用する「マリブリゾート}いうコテージ形式のホテルは、1泊2800Bです。
だだ海岸のすぐそばに建っているので、海との往復は楽なんですけど。





海岸は結構大きく、もちろん白砂の海岸です。シャム湾なので沖縄やプーケットほどきれいな海ではありませんが、パタヤよりはかなりましです(笑)
また、バナナボートやパラグライダーなどがいないため、騒音もなくまったりできます。







僕は一日読書とビール、嫁はこんなおしゃれ(?)で楽しんでいました...1000バーツ..高いのか安いのか。

レストランなどは、ホテル付属の小さなものしかなく、軽食程度しか食べられませんが、夜になると海岸全体が一大シーフードレストランに変身します。また、タイのお約束、カラオケステージも出現します(笑)


夫婦で記念写真


日本では食べられない珍味:カブト蟹

-------------------------------

パタヤと違って、男性向けの遊び場とかはありませんが、夫婦やカップルで週末をまったり過ごすのはうってつけの場所だと思います。
バスだと、エカマイからバンペー行きが出ています。



タイでのコンピュータトラブル解決します。電話相談無料!
1年以上
僕は昔写真マニアだった。いや、今振り返るとカメラマニアだったのかも知れない。絵心があり、県展などに何度も上位入賞を果たす姉と違い、絵心のかけらもない僕にとって、写真というものは、唯一姉に対抗できる「表現ツール」だったといえる。親戚にもらったミノルタの一眼レフを手始めに、一時は数台のカメラを所有していた。写真の技術を習得するために2年間写真専門学校にも通った。卒業後、少しの間広告写真の世界に身をおいたが、自分の才能のなさと旧態依然とした徒弟制度に嫌気がさし、1年ほどでやめてしまった。もう30年も前の話である。今では腕もすっかり錆付いてしまい、素人写真しかとれない有様だ。

それでも、デジカメが普及する前は一眼レフを中心とする数台のカメラを所持しており、今ももっているが、それを使うことはまずなくなっている。タイのような暑い国で、一眼レフのフルセットをかかえて歩き回る気にならないのと、特別な場合を除いて、撮影するのはスナップ程度のものであり、高スペックのカメラを使う必要がなくなったからだ。

デジタルカメラも、CASIOが子供だましの玩具を出したときから買い込み、メーカーは異なるが何機種かを買い換えた。そして今から5年程前、あるカメラと出会った。

CASIOのEXILIM S-1である。当時、デジタルカメラの画素数は300万画素が標準となりつつある中で、そのカメラは100画素という一時代前の画素数しかなかった。しかし、僕にとってはそれを補って余りある魅力があった。

ひとつはシャツの胸ポケットにいれてもじゃまにならないほどの薄型で大きさもカードサイズしかない事。もうひつ、僕にとって非常に魅力的だったのは、固定焦点カメラで、ズーム機能もピントの調整もない事だ。普通、デジカメにはた自動でピントを合わせる機能がついているが、これがためにシャッター半押しなどのテクを使わない限り、狙ったシャッターチャンスと実際に写るものにずれが生じる。ところが固定焦点カメラにはそのずれがない。狙った瞬間にシャッターが切れるのである。また、EXILIMの場合、画素数が少ないため、デジカメ特有の撮影後のメモリ転送の時間が短く、モータードライブのような連続撮影も可能である。

僕の持論だが、スナップの場合、撮りたいものがあったらまずシャッターを切る。それから構図や光の加減などをゆっくり考えてもう一度撮影するのがいいと考えている。ひとつの被写体に関して出来るだけ多くのカットを確保し、後でその中から一番いいものを選ぶというのも僕のやり方である。銀塩カメラの時代は仕事ならともかく、個人的スナップ程度でそんな贅沢はなかなか許されなかった。しかしデジカメだと、要らないものは消せばいいし、何カットとろうがフイルム現像代などのコストはかからない。
また、EXILIMは画素数が少ない分1枚あたりの消費メモリも少なく、256Mのメモリで
も1024×768のサイズなら1000枚は撮影出来る。数日の旅行程度であれば充分な量である。

EXILIMは、S-2,S-3と改良され、画素数も増え、ズーム機能もついた。だが、その分カメラの厚みも増し、反応速度も遅くなっている。これでは普通のデジカメであり、魅力を感じない。最近、仕事用に1000万画素のデジカメを買ったが、旅行のお供は相変わらずEXLIMである。一度壊れたが、修理して使っている。

写真はカタログより抜粋





タイでのコンピュータトラブル解決します。電話相談無料!

1年以上
僕がバンコクにいる時はBTSオンヌット駅近くのソイにある安アパートに住んでいます。そこの1階と4階に部屋を借り、1階を作業場として使っています。家賃的にはコンドミニアムを借りてもあまり変わらないのですが、BTSまで徒歩圏内、ロータスや市場も近くて買い物にも便利、それに安アパートなので逆に自前の電話も引かせてくれます。FAXやADSLがないと仕事にならないのでこの点も非常に助かっています。

このアパートのもうひとつの面白さは、住人の怪しさかげん。全部で60世帯ほどのアパートですが、日本人は僕しか住んでません。後はタイ人、ミャンマー人の学生が数名、そしてなぜかカナダ人やイギリス、アイルランド、アメリカなどの欧米人が10人ほど住んでいます。その欧米人たちですが、毎夕アパートの前のテーブルに集まって酒盛りが始まります。僕や大家のご亭主と女学生の娘さん、それに勤め帰りのタイ人男女も加わって毎日がパーティー状態。ちょうど「マカロニほうれん草」(ふるい!)という漫画に出てくるアパート住人の乗りです。

パーティーといってもビールや酒はアパートのミニマートなどで買えますので、ほとんど金がかかりません。ビールは基本的に自前ですが、それと別にウイスキーの2本もあれば足りますからね。飲む銘柄は決まっていて「クラウン」というタイ産のもの。750MLで200Bのしろものです。たまに誰かがもっといい酒を持ち込むこともあります。ウイスキーを誰が買うかは決まっていなくて、最初に気がついた人間がいつの間にか買ってきています。僕もたまには買ってますよ(笑)

パーティーは大抵夜11時頃までですが、今日みたいな週末は朝2時ごろまで続くこともあります。今夜もそう。

とにかく、大家と住人、また住人同士の仲がいいし、生活するにも便利だし、居心地良すぎて中々引っ越せそうもありません。




BTSオンヌット駅からロータスを望む。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へあなたのひと押しでやる気がUP、ポチっと押してね(^^)/


タイでのコンピュータトラブル解決します。電話相談無料!

1年以上
このblogを立ち上げたころから、FC2など一部のblogに接続できなくなっていました。まあ、タイの通信環境はあまりよくないし、ちょうど台湾沖地震の影響でインターネットのつながりが悪くなっていた時期なんでそのうち回復するだろとのんびり構えてたんですけどね。

ところが数日前、友人のところに行ったら、すいすい見れるんですよ。面白くねーぞ....というわけで、早速原因調査にとりかかりました。

まず、見れないサーバにPINGという信号を送ってみます。それに応答があったら通信回路はつながっているわけです。

で....応答ありました。

特定のサーバだけが繋がらない訳だし、PINGにも応答している訳ですからファイアウォールやルーター設定が原因でない事は推測できます。次に、ブラウザを色々取り替えてみました。インターネットエクスプローラ、オペラ、ファイアーフォックスなどなど。結果はどれも駄目、繋がらない。ブラウザの問題でもなさそうね。

そうなるとあとはプロバイダです。

僕はTrueという、民間のプロバイダを使っています。一般電話、携帯、ケーブルTVもやっている大手です。友人のほうはTOTという、国営の電話会社です。TOTはお役所なのでなにかとサービスが悪く、Trueよりも評判が落ちるのですが、今回に限ってはTOTが勝ってます。

念のため、Trueの技術セクションに電話してみましたが、予想通り「うちでは何も問題ありません」とのお答え。毎度のことなんで別に驚きもしませんけど。
客先のADSLがおかしくなった時にも電話しますが、一度で解決するのはまれです。こちらが専門知識のある技術者である事を説明し、マネージャクラスに代わってもらってはじめて事が解決します。

今回の現象ですが、True側で通信データを分析してもらった結果、どうも米国内にある特定のBlogサーバに限って接続出来ていないことがわかりました。タイのインターネット信号は検閲されているために、いくつかのチェックポイントを通ります。タイ政府が有害とみなすサイトへの接続はそこで遮断されてしまいます。Youtubeという動画配信サイトがタイ王室に関する不適切な画像を配信したとして、タイ国内で閲覧できなくなったというのがそれですね。ただ今回のケースではTOT経由では見れていますし、True内部でもかなり局所的にしか起きていない現象のようで、原因をつきとめるまで時間がかかりそうな雰囲気です。

しかし、そうと解れば解決方法はあります。プロキシサーバという特殊なサーバを経由することによって、通常のルートを迂回する方法です。世界中に誰でも使えるプロキシサーバ(公開サーバ)がありますので、それを順に試してみました。まず一つ目、日本のサーバ....駄目。2つ目....アメリカ国内のサーバ.....すんなりつながりました。やった!。さらに実験したところ、日本、中国、ヨーロッパなどのプロキシサーバ経由でも繋がるところがあることがわかりました。

この方法の難点は、1..迂回路として余分なサーバを経由するため、通信速度が落ちる。2..正体不明のサーバを経由するため、セキュリティーに不安がある。ということでしょうか。パソコンの不正侵入などの監視体制をしっかりしておかないと、思わぬトラブルに巻き込まれかねません。

まあ、最終的にはプロバイダが解決してくれるでしょう。それまでの非常手段です。



タイでのコンピュータトラブル解決します。電話相談無料!

クワムラック イサーンから愛をこめて

作者:SAKUTAMAN

クワムラック イサーンから愛をこめて

イサーンのウドンタニとバンコクを往復しながら日夜頑張ってます。タイのパソコン,イサーンネタ、タイの全般情報など。

7日 23 総合 1985 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



SAKUTAMANさん新着記事

KICHEN31..
1年以上

リカバリー..
1年以上



過去記事

SAKUTAMANさんへの新着コメント




バンコクブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 妻を追ってタイへ(タイ田舎暮らしの日々)
2位 ある日本人向け不動産屋のブログ タイ バンコクより
3位 Weekender@Bangkok
4位 タイランドからの便り
5位 ☆★☆ タイ・バンコク エアポート リムンジン ☆★☆ バンコクのリムジン送迎のことなら''HARUKA''のImakenにお任せください!!
6位 サーヤのバンコクだらだら日記
7位 バンコクの日々
8位 タニヤ夜の女の子バンコク中継&タラちゃんアムステルダムお遊びオランダ情報


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?バンコクでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録